※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/08/20(木) 20:19:48.57 ID:TSKjWeRV0
キャラプロフィール
1やせすぎた男
外見:何かとてつもなくやせた男
彼は今回の紬の様な写真を普段から好んで集めている
時には盗撮、隠し撮りの犯罪行為も手を染めることもある
しかし今回物語で彼は、反撃しない上に下半身を晒す
ムギ相手に異常な興奮を覚え先走り、仲間
達から鉄拳制裁を受けての退場となった。
たぶんもう話に出る事はないんだろう。
また彼は特殊な眉フェチで、太眉好きだ。
特にムギの様に一切添ったり手入れ?の
ない自然体眉毛を良く好む傾向にある


560 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/08/21(金) 22:53:48.16 ID:KwTBsSxy0
キャラ紹介NO.2
長身男
スレチだがイメージとしては、
狼と~のロレンス、
最終~アライブの名前忘れたけど
たぶん森山さんとかいう
風使いの片目さん、
ちなみにCV:福山潤に
脳内変換するとルルーシュ
に聞こえる不思議
あとついでに
NO、3
少年っぽい男
一言で表すと
犯罪者で悪い柴田竹虎君


522 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 11:23:04.00 ID:Kam6HVU70
紬の周りを、十人ほどの男達が囲んでいる。

~学校からの帰路、紬はこの男達にさらわれ、今は使われていない倉庫に連れて

こられ、椅子の上に縛られ、男達に取り囲まれていた。~

紬「あなた達は一体……」

?「我々はご覧の通りならず者さ」

紬「……私をさらって、身代金を要求する…つもり?」

524 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 11:45:07.67 ID:Kam6HVU70
沈黙が続く。

一番年をとった男「そんなものは要らない」

痩身の男「我々はお譲ちゃんの大切なものを壊し、屈辱を、

絶望を味あわせて琴吹紬を再起不能に追い込んでやる、なあ」

男達が、低く湿った声で身勝手な理屈を並べる。

紬「そんなの…………いや……やめて!!」

紬は怒り、叫んだ。
525 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 11:50:33.72 ID:Kam6HVU70
体格の良い男「悪いねお嬢ちゃん、しかし我々は

君とやらなければ気がすまないんだよ」

紬「そんなの……いや!!」

537 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 12:51:16.12 ID:Kam6HVU70
紬「いや!何するの!」

最年長の男「黙れ」

紬のスカートと下着が下ろされる。

男二人「いい姿になったじゃないか」

そして、紬の姿を写真に収める。

紬「やめてよ……いやだ…」


538 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 13:25:38.77 ID:Kam6HVU70
じわじわいくよ♪

紬は恐怖を口から漏らした。

紬の顔を、涙がつたう。

そんな中、なにかが振り下ろされる。

性器を拡張する器具のようだ。

そして、紬の性器にその拡張具が嵌め込まれた。

606 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/19(水) 18:44:10.26 ID:Kam6HVU70
小柄で禿げた男が何か持ってきた。

それは見たことのない機械だった。

その機械?のような棒は、拳の中で

振動をおこし震えていた。

男がそれを持ち私のところへやってきた

拡張具を嵌め込まれたことで拡張した私の性器、

さらに小刻みに振動するあやしい棒状の機械?

一体……これから何をするつもりなんだろう?」

私はわからなかった

742 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/20(木) 01:35:03.71 ID:TSKjWeRV0
琴吹紬は琴吹会社の大切なお嬢様だ。

そのため、恐怖はあったが、

我が身に起こる悪行が

何なのか、よくわからなかった。

780 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/20(木) 03:46:45.95 ID:TSKjWeRV0
と、ここでいきなりやせすぎた男が

今の紬の姿を連写しだした

やせすぎた男「へへへ、こりゃあいい…

この嬢ちゃんよく見りゃあなかなかきれいな穴いろ

してやがる…体つきも見たとこなかなか…上の中

といったところか……」

794 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/20(木) 04:20:26.32 ID:TSKjWeRV0
やせすぎた男は紬の体を、なめまわすように見入ってる。

紬はやせすぎた男に我が体を

こんなにもまじまじと見つめられ、

この上なくはずかしくかんじた。すぐにでもここから帰りたかった。

しかし、今彼女は椅子の上に縛られ、身動き一つとれないのだ。

やせすぎた男「…くくく……ますますいい女だ……こりゃあすぐにでも……」

804 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/20(木) 04:49:13.77 ID:TSKjWeRV0
男はそう、ささやいた。

紬「?何ですか?」

しかし紬の耳には入らなかった。

すると、やせすぎた男は紬の拡張した性器を「すっ」

とさわってきたのだ。

紬「ひゃっ……!!」

このとっさのことに紬は

なさけない声を上げてしまった。

914 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/20(木) 13:55:04.26 ID:TSKjWeRV0
私はやせすぎた男にいきなり私の拡張させ

られた性器をつつかれ、びっくりして目が見開いた

やせすぎた男「ひひひひひ…いい声だな」

紬「……………」

918 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/20(木) 14:07:41.49 ID:TSKjWeRV0
最年長の男がやせすぎた男に声をかけた。

最年長の男「何をしてる…?」

やせすぎた男「あ……いや…」

体格の良い男「…ちっ」

932 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/20(木) 14:33:29.41 ID:TSKjWeRV0
男達はやせすぎた男を睨み、

最年長の男「一人じめを、許すわけにはいかない」

の一声で、男達は殴りかかった。

936 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/20(木) 15:03:29.80 ID:TSKjWeRV0
男の拳がやせすぎた男の顔面に直撃する。

やせすぎあた男「ぐえっ……」

そのまま、男達は、やせすぎた男に殴る蹴るの暴行を加えた。

すぐに、暴力の嵐が治まった。

やせすぎた男の顔は血を出し腫れ上がり、

白目を剥いて体中痣だらけになっていた。

948 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/20(木) 15:32:12.22 ID:TSKjWeRV0
最年長の男「このミミズのようなやろーが」

そういい最年長男はびくびくと拳を震わせる

もろはげたおっさん「まったくだ…本番のまえに嬢ちゃん恐がら

せるようなまねしやがって…やれやれだ」


190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/08/20(木) 22:35:09.93 ID:TSKjWeRV0
男の腹に、拳が振り下ろされる。

男の血が、紬の顔面に直撃する

彼女の透明な目に、恐怖のいろ

が写った


211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/08/20(木) 23:50:37.68 ID:TSKjWeRV0
男達の1人、小人がこちらへやってくる。

紬「ひっ……」

小人「待て…、君血がついてる」

紬「へ……?」

小人は、紬の顔の血を、そっと吹く。

長身男「…………」


267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/08/21(金) 03:33:43.86 ID:KwTBsSxy0
それでは寝る前のぼちぼち再開

勝気な男「ちっ、もう震えてんじゃん、

まだ一人も何もしてねえってのに、さあ」

そう言い勝気な男は、やせすぎた男の

わき腹を蹴りあげる


269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/08/21(金) 03:45:28.14 ID:KwTBsSxy0
長身男「ああ、そうだな。

でも私としては、恐怖におびえる

相手をさらに震え上がらせるのも、

いやじゃないけどね…!!」


277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/08/21(金) 04:05:55.19 ID:KwTBsSxy0
左腕だけ折れてる男「ってもよお~、一人じめは

だめだろ~」

勝気な男「だよな~」

そういい、彼らは二人がかりで男を暴行する。

やせすぎた男「ぐがっ…」

紬は彼を、まともに見れなかった。


283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/08/21(金) 04:20:47.04 ID:KwTBsSxy0
さらに男達は暴殴し続けた。

やせすぎた男はびくびくし、

口から血を吐き出した。

紬は長き沈黙から口を開き、叫んだ

紬「まってえ!!!」


284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/08/21(金) 04:33:49.50 ID:KwTBsSxy0
男達「!!!!???」

彼らは紬がいきなり叫んだ

ことに、おどろいた。」

内気そうな男「な…何だ……?」

紬「だめ…もうやめてあげて……

見てられないの…彼はもう

動けないでしょう…!?」


287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/08/21(金) 04:52:12.65 ID:KwTBsSxy0
暴殴の嵐がとまった。

まる禿げの男「はは…何だいお譲ちゃん。

我々は今はみだしもののおしおき中だ。

わかったらおとなしく……」

紬「あなた達のねらいは!私のはずでしょ!」


288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/08/21(金) 05:12:27.91 ID:KwTBsSxy0
紬は怒り、続けて叫んだ。

紬「私にようがあったからあなたたちは!

私をさらって、こんな人気の無い倉庫まで

わざわざ運んで!!縛って身動きまでうばったんでしょ!!」

何!?ここまでしておいて今さら

つかまるのが恐くなったとでもいうの!?」

勝気な男「な、何だと!?そ、そんなことあるわけ

ねえだろ!!」

紬「そう、なら私をあいてになさい!」


404 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/08/21(金) 18:15:29.80 ID:KwTBsSxy0
最年長の男がくっくっとわらう。

最年長の男「そうだな、彼女の言う通りだ

我々の目あては、君だ。ではそろそろ……」

長身男「でも本番まえに、すこし君とたわむれたいな」


415 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/08/21(金) 18:49:32.68 ID:KwTBsSxy0
紬「本番…?」

紬は倉庫に連れてこられたときのこと

をおもいかえしていた。

痩身の男「君を再起不能に追い込んでやる」

そうだ、彼らは私をむきずで帰す気などないのだ。

やはり私も、あのやせすぎの彼の様に

暴力を振るわれて、ぐちゃぐちゃに痛めつけ

られてしまうのだろうか

しかし、しょうがなかった。でも…

紬は、しょうじきなところとても恐かった。

少女は震えをおさえることでいっぱいいっぱいだった。


466 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/08/21(金) 20:37:29.85 ID:KwTBsSxy0
少し少年っぽい男「あはは、長身男は

あいかわらずあそびずきだよね」

長身男「ああ、まえおきってのも大切だ」

長身男はやってくる。

長身男「女、あなたは今から私と口つけしてもらおう」

紬「!!!?」


596 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/08/21(金) 23:46:52.08 ID:KwTBsSxy0
紬「な…何をいって…!?」

そういうやいなや、

男はすばやく紬のところへ動き、

しゃべる紬の開く口に、おのれ

の口で蓋をする。

紬「~~~~!!!!」


642 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/08/22(土) 01:10:55.14 ID:Y7HeWPnZ0
紬は長身男のいきなりの行動に

追いつくことができず、しばらく動けず

にいた。

紬「……はっ!!」

紬はやっと我にかえる。


645 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/08/22(土) 01:40:48.99 ID:Y7HeWPnZ0
紬「何……するんですか!!」

紬は縛られた身体のまま、

椅子ごと体あたりし男を突きとばした。

長身男「」



646 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/08/22(土) 01:49:57.39 ID:Y7HeWPnZ0
吹っとんだ長身男

彼は鼻から、血を出す。

長身男「ははっ…おどろいたね。」


655 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/08/22(土) 02:37:23.93 ID:Y7HeWPnZ0
長身男は身を起こし、たち上がる。

と、顔にきずがある男がわりいる。

顔にきずがある男「今の…さてはお譲ちゃん、君ひょっとして

こういったことは、はじめてかな?」

顔にきずがある男は、私にとう。


657 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/08/22(土) 03:05:23.26 ID:Y7HeWPnZ0
紬「あたりまえじゃない、…私、

始めてよ!それなのにこんな…」

男達「ははっそうか、初めてかそれはおもしろい、

我々はますます君を気に入ったよ!」


658 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/08/22(土) 03:23:38.74 ID:Y7HeWPnZ0
さらに、一人の男がまえにでる

はちまきの男「そんじゃ~、次は

わいのばんや」

彼は紬にちかより、紬の上体を

みつめる。


659 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/08/22(土) 03:38:18.29 ID:Y7HeWPnZ0
また、見てくるの…

紬は少しあきれた

と、ここで

はちまきの男「ん~、なあ、譲ちゃん!」

紬「何です?」

紬はききかえす。

はちまきの男「せや、わいといっしょに、

ちちくりあおうや」

紬「はあ……へっ?」


660 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/08/22(土) 03:46:59.70 ID:Y7HeWPnZ0
琴吹紬は我が耳をうたがった。

この男、あまつさえ私とちち

くりたいといったの…?

うそでしょ……??


773 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/08/22(土) 12:12:42.45 ID:Y7HeWPnZ0
はちまきの男「ほんまか!?ええ子やな~そんじゃま、

おおきに!!」

紬「なっ!まっ・・・!」

はちまきの男「いくで~!!」

男はさっそく紬のむねに突ついてきた

紬「きゃっ!へんたい!」


838 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/08/22(土) 14:48:39.59 ID:Y7HeWPnZ0
紬はばんだなの男をののしった。

ばんだな男はぴくっと動きをとめる。

そして、彼は叫ぶ。

ばんだなの男「いいぞ、もっとわいをののしってくれ」

紬「!?何で!?」


842 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/08/22(土) 15:00:54.47 ID:Y7HeWPnZ0
ばんだなの男「ああ、ええわ、お譲ちゃんのことば、

わいの耳からはなれていかへん。さあ、もっともっと、

わいをののしってやああああああ!!」

紬「いやああああああ!!」


851 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/08/22(土) 15:19:09.14 ID:Y7HeWPnZ0
もろはげたおっさん「おいばんだな、おあそびはそのへんにしておくんだな」

ばんだなの男「ええ~、これからなのに…まあでも

だんながいうならしゃ~ないか。

お譲ちゃん、後でわいと本番たのしもうや」

さる顔の男「そうだ、おれたちはまだ

まだこれからたっぷりあそぶんだ。」

もろはげたおっさん「あと、どうしてもののしられてえ

なら、ちがう学校にでもいきな」



780 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/08/22(土) 12:23:13.47 ID:R7xqawCaO
ワキをくすぐるだけ
軽くデコピン
ほっぺたうにゅー




これくらいしか思いつかない

864 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/08/22(土) 15:47:27.97 ID:Y7HeWPnZ0
目が棒の男「よ~し、ほんじゃおれも…

ん~でも何するか…そうだ、>>780なんか

おもしろそうだ!」


895 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/08/22(土) 16:42:49.40 ID:Y7HeWPnZ0
大柄な男「ほう…>>780だと?」

勝気な男「>>780?何だそりゃ?」

小人「>>780?何するんだ」

少年っぽい男「>>780か…いいものみれるね」

目が棒の男「何いってんの、>>780だよ、>>780

といえばあれだよ、あれ!」

下腹の出た男「あれっておいしい?」


939 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/08/22(土) 17:30:50.85 ID:Y7HeWPnZ0
目が棒の男「>>780ならやはりあれ!

わきをくすぐる!女子高生のみょうに

いいぐあいのあせで湿ったあのわきをくすぐる!

う~、たまらん!」


964 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/08/22(土) 18:03:31.92 ID:Y7HeWPnZ0
棒男は紬のわきの下にてを突っ込む

目が棒の男「それじゃあ、いくよ!」

私のわきを力いっぱいくすぐりはじめる。

紬「やめ…ひひっ…あひゃひゃひゃひゃひゃひゃ……!!」


983 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/08/22(土) 18:37:55.17 ID:Y7HeWPnZ0
男はひたすら紬のわきをくすぐった。

紬「~~~~~~~~!!!!」

紬はわらいをこらえるのもげんかいだった。

紬「あっはははははははははは!!」

彼女はせきをきったかのように、わらいだした。

紬「くひひひひひ…へへへ……おかしい……

ああ、わらいしんじゃうよ~」
69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/22(土) 20:13:03.63 ID:Y7HeWPnZ0
そのあともしばらく棒男はくすぐり続けた。

目が棒の男「おりゃおりゃおりゃおりゃ~、これはどうだ~!」

紬「わははははは、きゃひひひひひひひひい」

やがて男は体力を使い果たし、ばったり倒れる。

目が棒の男「はあ…はあ…たくさんくすぐってやったぞ…

どうだ…このおれのくすぐりは……?」

紬はいきをとおTのえながら、こたえる。

紬「はあ……はあ…なかなかの……すご腕

ですね…こんなにわらったのも…ひさしぶり

な気がするわ」

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/22(土) 20:31:17.09 ID:Y7HeWPnZ0
目が棒の男「そうか…何気に女人をくすぐる

のは始めてだったが…どうやら…よろこんで

もらえたようだな………」

棒目男はそれからしゃべらなかった。

棒目男はつかれて気をうしなったようだ。

ねえ、聞こえる、記憶を、さまよってる~

226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/22(土) 22:37:57.52 ID:uGkt0tGi0
少年っぽい男「あらら」

一見やさしそうな男「一人行動不能におちいったね」

もろはげたおっさん「やれやれだ…」

長身男「さきがおもいやられる…」

体格の良い男「つぎの彼女のおあいてだれがする?」

234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/22(土) 22:46:28.69 ID:uGkt0tGi0
腹の出た男「おれにやらせてくれ」

体格の良い男「む…おまえか…いいだろう」

腹の出た男「やった!じゃまってて」

253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/22(土) 22:54:35.39 ID:uGkt0tGi0
腹の出た男は倉庫の入り口にむかう。

めがねの男「!?」

腹の出た男は大きな袋を持ってやってくる。

勝気な男「おまっ…何だそりゃ?」

腹の出た男「ああ、これ?」

364 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 00:50:24.47 ID:OaW8l+vn0
その大きな袋の中で「何か」蠢いている

最年長の男「中身は何だ!?何が入ってる?」

腹の出た男「でろ!我が血をわけたぶん身!」

袋から何かをだす。とびでる「何か」

紬と二十人ぐらいの男達が袋から出た「それ」を見る。

でかい、大きな「豚」だ。

ばんだなの男「何やて!?」
365 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 01:06:17.70 ID:OaW8l+vn0
腹の出た男「ようし、おい「男豚」!

今からあの女の子といっしょにあそんで

もらえるぞ!よかったな!」

男豚「ひひ~~ん!」

紬「!?」

男達「!?」

404 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 04:11:59.03 ID:lH1MP75N0
はちまきの男「な、何やそいつ!豚ちゃうんか!?」

大柄な男「ていうかおまえそれどうした!?」

腹の出た男「いや、まちがいなくこいつは豚だ

だが、なぜかこの「男豚」は違ういきものの

なきまねをする。「男豚」、ねこだ。」

男豚「にゃあ」