※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

446 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/25(火) 21:53:10.81 ID:1SJxJ4HD0
【あいすあいすあいす】

「ただいま~」
「あっ、お姉ちゃんだ」

私は玄関までちょっと小走りで向かった。
あれ?玄関の向こう側には人影が2人。

ガチャ

「うい~帰ってきたよぉ」
「おかえり!おねえちゃん」

お姉ちゃんと一緒にいたのは梓ちゃんだったみたい。

「憂、ちょっとお邪魔するね」
「あ、梓ちゃん、いらっしゃい!」

私はいつものようにスリッパを並べる。

「あ、いいよ憂。そんなに気を遣わなくて」
「いつもやってることだからっ」

私は2人と一緒に居間に向かった。


450 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/25(火) 21:57:00.20 ID:1SJxJ4HD0
「はふぅ~今日も疲れたじぇ~」

お姉ちゃんは鞄をドサッと床に置いてごろごろし始めた。
いつ見ても可愛い♪

「唯先輩っ、練習しますよ」
「梓ちゃん、練習ってギターの?」
「うん、今日は部活無いから2人で練習しようと思って」

そう言いながら梓ちゃんはケースからギターを出し始めた。

「唯先輩、やりますよっ」
「ちょっと休んでから~あずにゃ~ん」

梓ちゃんはちょっと困った顔をする。やっぱり梓ちゃんも可愛いやっ♪

「ねぇ憂。なんとかならないかなぁ」
「まかせてっ」

ごろごろするお姉ちゃんを見れないのは残念だけど、今は練習が大事だもんね。
とりあえずいつもの手を使ってみよう。冷蔵庫に確かアイスがあったはず…

「あったっ!」

冷蔵庫の奥の方にあったスーパーカップを持って、私は居間に戻った。



451 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/25(火) 22:00:26.87 ID:1SJxJ4HD0
「おねぇちゃん、アイスあるよっ!」
「おおっ!あいすぅ!」

さっきとは打って変わってお姉ちゃんがシャキッとする。
もう、なんて可愛いんだろう…目がすっごいキラキラしてる…

「練習が終わったら、食べようね!」
「あずにゃん!練習開始だぁっ!」
「は、はい…」

ふふ、梓ちゃん唖然としてる。いつもこうなんだから、お姉ちゃんは。
それにしてもお預けってホントに気持ちいいなぁ。お姉ちゃん、私今日はもうお腹いっぱいだよ。

私はしばらく2人の練習風景を見ることにした。


463 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/25(火) 22:23:20.64 ID:1SJxJ4HD0
「あっ、唯先輩、そこはこう押さえるんですぅ」
「はわわっ、また間違えちゃった」

やっぱり2人とも可愛い…お姉ちゃんに梓ちゃん。今日の私はとても恵まれてるっ!
ちょっと2人の中に入ってみようかな。

「梓ちゃん、何か手伝えることとかある?」
「あ、憂。できたら唯先輩の体押さえててくれる?」
「えっ、こう?」

私はお姉ちゃんの体を後ろから軽く抑えた。
お姉ちゃんの体、やわらかいよぉ。

「唯先輩はちょっと体に無駄な力が入ってるかもしれないんです」
「そうかなぁ?」
「だから、力を抜きましょう!」

突然、あずさちゃんがお姉ちゃんをくすぐり始めた。


467 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/25(火) 22:27:12.38 ID:1SJxJ4HD0
「ひゃふっ、ははは、くすぐったいよぉ、あずにゃん」
「どうですか?力抜けましたか?」
「うんっ、もうやめて、くすぐっひゃい…」

お姉ちゃん…くすぐりに弱かったんだね。今度試してみようっ。
私が押さえているのに、お姉ちゃんは激しく動く。
だから私は、もっともっとぎゅっとしたくなっちゃった。

「憂…くるしぃ…」
「あっ!ごめんねお姉ちゃんっ!」

やりすぎちゃった♪


468 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/25(火) 22:30:06.46 ID:1SJxJ4HD0

「じゃぁ、もう一回弾いてみてください」
「こ、こうかな?」

ジャン♪

「出来てます!すごいです唯先輩!」
「えへへ、なんか照れる…」
「私もびっくりしちゃった。すごいねお姉ちゃん!」

あれ、お姉ちゃんが私のこと見つめてくる…

「う~い~」
「どうしたのお姉ちゃん?」
「ごほうびのあ~い~す~」

私は満面の笑みで答えた。

「おあずけっ♪」

Fin