※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

144 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/08/22(土) 21:29:22.53 ID:R7xqawCaO
ムギちゃんの、マドレーヌ





唯「あむ、んん~…おいしい!ムギちゃんが持ってくるマドレーヌはおいしいなぁ!」

紬「そう言ってもらえると嬉しいわぁ♪実はこれ、私の手作りなの」

律「手作り!?」

紬「はい」

澪「へぇ…そうだったのか、よくできてるなぁこれ…将来はケーキ屋とか?」

紬「ううん、趣味で作ってるのよ。作り方もお母さん直伝なの」

律「ムギのおばさんも作ってるのか!?」

紬「昔は、ね…今は寝たきりよ」

151 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/08/22(土) 21:36:59.70 ID:R7xqawCaO
唯「そうなんだ…」

紬「お母さんは、私が小さい頃、ことあるごとにいつも作ってくれたの。最初に食べたのは、いつだったかな…」ポワワン

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
つむぎ「うぇーん!えーん!」

ムギママ「あら、どうしたの?紬…」

つむぎ「また、ようちえんでおとこのこたちにいじめられたの…」

つむぎ「ねぇママ、なんでわたしだけみんなとちがってまゆげがふといの?ねぇなんで?」

ムギママ「それは…私たちの子供だからよ」

つむぎ「…じゃあ、わたしこのいえのこどもやめる!」ダッ!

ムギママ「あっ、紬!待ちなさいっ!」

153 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/22(土) 21:38:46.63 ID:II/RIJOO0
【懐かしの公園】

「なぁ、澪」

律と澪はいつもの帰り道を歩いていた。

「なんだ、律」
「あれ、見てみてなよ」

律の目線を追うと、そこには公園があった。

「懐かしいなぁ。小さい頃、2人でよく遊んだ公園じゃないか」

澪は公園を見渡した。その目には、幼い時の光景が蘇っていた。

「そうなんだけどさ、これ見てみてみなよ」

律は澪にも分かるように、公園の入り口近くに貼ってあった紙を指差した。
そこには、この公園がマンションになるということが書いてあった。

160 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/08/22(土) 21:46:31.33 ID:R7xqawCaO
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
律「………へぇ、ムギも家出することがあるんだな…」

紬「うん!それで、公園の中に隠れようとしたんだけど…」ポワワン

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
つむぎ「はぁ、はぁ…いえでしちゃった、どうしよう」

男の子A「あー、つむぎだー!みんな、まゆげおばけがいるぞー!」

男の子B「なにしにきたんだよまゆげー!ここはおれたちのとちだぞ、でてけー!」

つむぎ「あ…あ…」

つむぎ「ち、ちがうもん!まゆげおばけなんかじゃないもん!…う、ひっく…」

男の子C「やーいなきむしつむぎー!まっゆーげ!まっゆーげ!」パーン!パーン!

つむぎ「………あーん!うわーん!」






ムギママ「…この泣き声…紬!?」タタッ

182 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/08/22(土) 21:59:03.94 ID:R7xqawCaO
ムギママ「ちょっとあんたたち、何やってんの!?」

男の子A「うわーまゆげおばけのカーチャンだ!にげr」ガシッ

ムギママ「逃がすと思う?さぁ…謝って貰うわよ…うちの大事な娘を傷つけたこと!」ギロッ

男の子B「ひぃ!…ご、ごめんなさいごめんなさい!!」

ムギママ「そんな謝り方で許すと思ったら大間違いよ!どれだけうちの娘が傷ついたと思ってるの!」

男の子C「ひっく、ぐす…ムギちゃん、いつもごめんね…ほんとのこというと、ぼくムギちゃんをいじめたくなかったんだ」

男の子C「Aくんがね、Aくんがね…ムギちゃんをいじめないとひどいめにするぞ、って…うっ…ふぇぇ…」

ムギママ「…だってさ、紬…どうする?C君のこと…」

つむぎ「………もう、こんなことしない?」

男の子C「うん!これからなかよくしようね!」

ムギママ「C君、脅しには絶対に負けちゃ駄目よ…自分を強く持ちなさい、これからなかよくしてね?」

男の子C「うん!ごめんなさいムギちゃんのおばさん!」

187 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/08/22(土) 22:08:16.96 ID:R7xqawCaO
ムギママ「さてと…A君にB君、君たちはどうする?」

男の子A「お、おれはぜったいあやまらないぞ!おれのとうちゃんしゃちょうなんだぞ!」

男の子B「おれだってあやまらない!」

ムギママ「ふーん…じゃあ紬、帰りましょうか?」

つむぎ「…え、どうして?」

ムギママ「…いいから♪さっ、行くわよ。C君、うちに遊びに来る?今ならいいわよ」

男の子C「あ、うん!いいよね、ムギちゃん?」

つむぎ「うん、いいよっ!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
澪「あれ…A君とB君が何かいやな予感…」

紬「澪ちゃんはさすが勘が鋭いわね♪」

律(…今度からムギは怒らせないようにしよう…)

紬「あ、続きね。でね、そのあとC君と遊んで、帰った後に…」ポワワン

199 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/08/22(土) 22:19:31.55 ID:R7xqawCaO
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ムギママ「……さて、紬…マドレーヌ、食べる?」

つむぎ「うん…ママ、もうおこってない?」

ムギママ「怒ってないわ、むしろ今回のことで友達が増えたんだしいいじゃない」

つむぎ「よかったぁ…」

ムギママ「…でもね、これからは約束して…もう家出なんてしないって。あなたはこの家の、大事な一人娘よ。だから、どこにも行って欲しくないの。約束できる?」

つむぎ「…うん!もうわたし、いえでなんてしないよ!」

ムギママ「じゃあゆーびきーりげーんまん、うそつーいたらはりせんぼんのーます…ゆびきった!さぁマドレーヌ食べよう、特別に作ったからおいしいよ」

つむぎ「わーい!(ぱくっ)…わぁ、ママのあじ!」

ムギママ「愛情を込めて作ればおいしくなるものよ。いつかわかるわ」

つむぎ「へぇ~…ねぇママ、ムギもつくってみたい!つくりかたおしえて!」ピョンピョン

ムギママ「あらあら…いいわよ、いつか食べさせてね?」

214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/22(土) 22:31:43.69 ID:R7xqawCaO
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
紬「…これで話はおしまい。あのときのマドレーヌは本当においしかったわ…だから、私はお母さんに食べさせてみたいの」

律「これにそんなお話が…もう食べさせた?」

紬「ううん、まだ。…でも、みんなのおかげで食べさせてもいい気になったわ。今日、食べさせてみる」

唯「そっかぁ…ムギちゃんがんばれっ」

紬「ええ、もちろん♪」

 ・
 ・
 ・
 ・

紬「……お母さん、マドレーヌ作ったの…食べてみてくれる?」

ムギママ「うん…」パクッ…モキュモキュ

紬(食べた…なんて言ってくれるかな…ドキドキするわね…)

そうして、私の胸は期待で高まっていった。
さぁ、なんて言われるだろう。おいしいって、言われたらいいな。