※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

737 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/08/23(日) 23:42:37.69 ID:oWXH+Jki0
長いトンネルを抜けるとそこは雪国、なんてことはなく、
トンネルに突入する前と比べても何の変わり映えのしない
田舎臭い風景が車窓の向こうに広がっている。
もう小1時間は同じ体勢で俺は頬杖をつきながら電車に揺られていることになる。
俺と長門を除いたSOS団メンバーは、無防備な寝顔を俺達に見せ付けるが如く爆睡中。
いい加減顎が痛くなってきやがった。

「長門、俺達はいつ目的の駅に着くんだ?」
「2つ先の駅」
「ってことは、あと15分程度ってところか」
「そう……海」
「お、ようやくのお出ましか」

とは言っても俺達の乗ったこの電車が海に近づいたのであって、
決して海の方が自分から俺達に近づいてきたわけじゃない。
よって俺の言葉に語弊が生じてたということはこの際横に置いておこう。
何はともあれSOS団の最終目的地がようやく姿を現した。


740 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/08/23(日) 23:53:17.25 ID:oWXH+Jki0
「おい、古泉起きろ、俺の左肩はお前専用の安眠枕じゃないぞー」
「……おっと、これは失礼しました」

これで涎でも垂らしていたとしたら、俺はお前を絶対に許さない。絶対にだ。

「海が見えますね~。あとどのくらいで着くか分かりますか?」
「長門曰くあと二駅だそうだ」
「そうですか。それより、前のお二方を起こさなくてよろしいんですか?」
「着く手前で俺が起こす。お前は降りる準備でもしていろ」

ハルヒは起こすと車内が煩くなる。朝比奈さんの寝顔は純粋に見ていたい!

「りっちゃん!見て見て~。海だよ~」
「うおー!海だーーー!!」
「お前ら少し静かにしていろ」

何やら騒がしいな。夏休みを利用して高校生が海に遊びに来ているのだろう。
俺達も同じ状況下のはずなんだが、どこか違う気がするのは気のせいか?
そしてどのグループにもツッコミ担当は必要なんだな、
なんて考えながらカバンにしまっていた切符を――

「な、無い!!」
「どうかしましたか」
「何故か俺の切符が無い」
「んっふ、困ったものです」


                                   終わり
78 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/08/26(水) 22:20:00.87 ID:T404zgx20
暑い。とにかく暑いの一言に尽きる。
今年は冷夏だと専らの噂だったので高を括っていたが、予想に反して頗る暑い。
俺の脳天を執拗に照らす太陽の位置は凡そ南中。
こりゃ道理で暑いわけだ。
現在SOS団一行は隣県のとあるビーチに足を伸ばしているのだが……


82 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/08/26(水) 22:29:43.63 ID:T404zgx20
「アンタはここで荷物を見張ってなさい!」というハルヒの一言で、
俺は荷物番をする羽目になった次第である。
水着姿で海水浴を楽しむハルヒと朝比奈さん、そして古泉。
古泉の野郎、こっちに向かって手を振りやがって。気持ち悪い。無視だ。無視。
長門はというと、パラソルの下で如何にも持ち運び易そうな本を読んでいる。
読書兼荷物番で何か問題があるのかと、ハルヒに問い詰めたいところではある。


83 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/08/26(水) 22:39:24.41 ID:T404zgx20
「なぁ長門、俺が荷物見とくからお前もあいつらの所に行っていいんだぞ」
「いい」

こちらをチラリと見た後、長門はそう言って次のページを開いた。
長門よ、俺の存在意義を奪っている件について!

「私がここにいる。あなたは行っても構わない」
「いいよ。俺も今更ノコノコ海に入る気分でもないしな」
「そう」

こうして長門と二人でゆったりとした時間を過ごすのも悪くない。
まあ、長門もそう思ってるかどうかは別としてだが。


85 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/08/26(水) 22:49:48.91 ID:T404zgx20
海水浴客も多く、海の家も大いに繁盛しているようだ。
向こうでは迷子らしき子どもが両親との感動の再会を果している。
非常に涙ぐましい光景だ。

「見つかって良かったね……りっちゃん、うわ~ん」
「うんうん。探した甲斐があったなー」

本当に泣いている人間を約一名発見。
俺の目に狂いはなかったということか。
よくよく見ると、行きの電車内で見かけた女子高生達ではないか。


90 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/08/26(水) 22:59:00.10 ID:T404zgx20
「唯ちゃん達、こんな所にいたの?探してたのよ」
「ムギじゃん。ごめんごめん。じゃ、戻ろっか」
「どこに?」
「えーっと、どっちから来たっけ?」
「ごめんなさい、あまりにも人だらけで……」
「二人ともちょっと待ってて」

はぁ……これじゃどっちが迷子だか分かったもんじゃないな。
なんて、つい心の中でツッコミを入れていると、
今し方感極まっていた女子高生が俺達の方に近づいて来た。
俺はフラグを立てた覚えはないぞ。全く記憶にございません。


92 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/08/26(水) 23:08:13.73 ID:T404zgx20
「あの~、すみません。ここはどこですか?」
「はい、確かここは北側ビーチだったはずです」
「北っていうことは、どこになるんですか?」
「南側は向こうになるということで……」

いかん!全然会話になってないぞ!
彼女の求めている答えを俺が導き出すことは不可能に近い。
ここが国後島にある日本人とロシア人の友好の家ではないことは確かなのだが……


94 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/08/26(水) 23:15:21.52 ID:T404zgx20
「一つ確認させて下さい。あなたは元いた場所に帰りたいんですよね?」
「はい。そうです!」
「海の家に立ち寄ったりしませんでしたか?」
「最初に行きました」
「その店の名前を覚えていませんか?」
「あ!覚え……てたんだけど、なんか今忘れちゃいました~。えへへへへ」

初対面ではあるが、あなたには是非ともド忘れ禁止法を適用したい!


95 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/08/26(水) 23:24:45.37 ID:T404zgx20
「おーい、向こうに梓と澪っぽいヤツらがいるぞー!」
「ホントだ!あれはまさしく澪ちゃんとあずにゃん!」

どうやら俺とは関係無しに向こうさん達で自己解決してくれたようだ。

「えっと~、あの~、すみませんでした」
「いえいえ、お気になさらず」

クールに見送る俺カッコイイ、などと思うこともなく、
再び熱せられた砂浜に腰を下ろす。
立っている間に砂の温度がリセットされたらしく、砂が熱い。ただ只管に熱い。


96 :ハートのキング ◆wYFB8z4udM :2009/08/26(水) 23:34:09.70 ID:T404zgx20
相も変わらずハルヒ達は海の中。
そろそろ昼時だから上がってくる頃だろう。
長門は黙々と読書か。

「そういや長門、お前何読んでるんだ?」
「午後の曳航」

はて誰の作品だったかなと考えつつ、
俺はパラソルの下にできているもう一人分の日陰に移動しようと腰を上げた。

「長門、隣いいか?」
「構わない」

よく考えてみると、それは国語の模試で遭遇したことのある
作品であることを思い出した。
作者は確か、三島由紀夫だったような。
内容は大して覚えていない。
模試の結果は言わずもがなだ。



                                      終わり