※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

151 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/08/27(木) 03:10:26.22 ID:5mwJl2nKO
桜高少女
これまでのあらすじ

アリと呼ばれる改造人間が桜高に現れる
唯は律、澪、紬にしか倒せないという改造人間と戦う決意を固めた
ところであずにゃんはというと…
154 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/08/27(木) 03:16:18.56 ID:5mwJl2nKO
梓「先輩おはようございます!」

唯「おはようあずにゃ~ん」

梓「あ、こないだはありがとうございました!なんか変質者が校内に入り込んでいたんですね…」

唯「そっそーなの!ホント怖かったよね!」

梓「はい…先輩が警察を呼んでくれなかったら…」

唯「でもホントに無事でよかったよ」

梓「それじゃあ私はこっちなんで…また放課後部活でー!」

唯「ばいばーい!…ふぅ…あずにゃんには不思議な力がないから教えられないんだよね…」

唯「うん!私があずにゃんを守らなくちゃね!」
155 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/08/27(木) 03:26:32.69 ID:5mwJl2nKO
放課後

律「じゃー部活はこの辺でお開きなー」

梓「まだほとんど練習してないじゃないですか!」

澪「まあまあ梓…ライブも特にないしさ…」

梓「澪先輩まで…うぅ…わかりました…」

紬「ごめんね梓ちゃん…明日はちゃんと練習するから…」

梓「はい…お先に失礼します…」

ガチャン…

唯「あずにゃん…」

律「梓には悪いけどさ…今のウチらは桜高を守る役目のが大事だからな…」

さわ子「そうよみんな。あなたたちがいなくなったら桜高は…」

紬「わかっています…だからこそ一刻も早く敵の正体を掴まないと…」
157 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/08/27(木) 03:33:37.04 ID:5mwJl2nKO
さわ子「それじゃあ唯ちゃんとりっちゃんは訓練ね!」

唯「え?訓練?」

澪「唯、ただがむしゃらに戦えばいいって話じゃないんだ」

律「そうだぞ!武器は使いこなさなくちゃな!」

訓練中の二人

律「唯!そんなへなちょこ攻撃じゃアリには当たらないぜー!」

唯「うぅ…せっかくりっちゃんからもらったのに…この剣大きいから使いにくいよぉ…」

律「我慢しろ。それがお前の魂に反応したんだからさ。」

唯「魂?そういえば前も言ってたよね」

律「ん?そういや話してなかったっけ?良い機会だし武器のことを教えてあげよう!」

唯「よろしくお願いしますりっちゃん先生!」
160 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/08/27(木) 03:45:07.68 ID:5mwJl2nKO
律「この武器はアリと同じ地球外物質で造られた武器…てのは知ってるよな?」

唯「知ってるであります!」

律「よろしい!でなー、まあ金属みたいな物質だから人間にも加工ができて色んな形の武器を造ったわけ!ピストルとか刀とか…」

唯「ふむふむ…」

律「とーころがだぁ!この武器たちはそれぞれ特定の人間にしか反応しないんだよ!」

唯「つまりー…私がりっちゃんの短剣を持っても切れないってこと?」

律「グッド!その通り!」
161 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/08/27(木) 03:51:51.43 ID:5mwJl2nKO
唯「そっかー…じゃあこの剣は私にか使えないんだ」

律「そうだぞー!しかも使い手が気持ちを込めれば込めるほど威力が出るんだ!」

唯「ほえー。自分専用…楽器と同じだね!」

律「まーなっ!ほら、楽器弾くときはその音に気持ちをのせるだろ?アレだよアレ!」

唯「うん!わかった!私つるたんを大切にするよ!」

律「さっそく名前を付けたんかい…は!唯!出たぞ!」

唯「そっか!りっちゃんはレーダーみたいな力もあるんだっけ!」

律「二人にも連絡だ!」

唯「うん!」
162 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/08/27(木) 03:58:38.67 ID:5mwJl2nKO
現れるアリの群…

バキッ!ステッキでアリを粉砕する澪

バシバシ!そして鞭で周囲のアリを一掃する紬

澪「今日はやけに数が多くないか?」

紬「そうね」

アリ「フシャーー!」

紬「はっ!」バチィ!

澪「律たち…大丈夫かな…」

紬「りっちゃんがついていれば平気よ!」
165 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/08/27(木) 04:06:25.82 ID:5mwJl2nKO
一方音楽室

梓「忘れ物しちゃいました…あれ…先輩たちの鞄だ…まだ帰ってないのかな…」

アリ「ひえぇぇふぉぉ!」

梓「きゃああ!変態がまた出た!!」

アリ「ふぇぉぇぉぇぉ!」

梓「きゃあ!頭が…割れるように痛い…」

アリの念力で梓は気絶した

アリ「けっけっけ…」

アリは梓に馬乗り胸元へ

ビシュュー!

アリ「ギニャャャーーーァァァッ!」煙となり消滅するアリ

さわ子「ったく…ウチの部員に出だしはさせないわよ…」
167 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/08/27(木) 04:11:56.36 ID:5mwJl2nKO
教室

律「おらぁ!」

ザクザク!

夫婦剣により切り裂かれるアリ

律「くそ…今までで一番多いな…」

唯「アリさんたちも左右から挟み撃ちしてきたり…うわ!」

律「あぶない唯!」

ザシュ!

間一髪アリを斬り伏せる律

律「賢くなってるぜ…もしかしたら…あ!」

唯「なっなにあれ!?アリさんじゃない!?」

律と唯の目の前に姿を現した新たな敵

律「やっぱり…敵が規則的だと思ったら指揮している奴がいたぜ!」

唯「じゃあ、あの尻尾さんが一番悪いの?」

律「さあな!倒せばわかるぜ!」
168 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/08/27(木) 04:14:31.44 ID:5mwJl2nKO
間合いをつめ十字に切り裂く律!しかし敵の巨大な斧に防がれそのまま吹き飛ばされてしまった

律「くそっ…武器を持ってるってだけで随分強くなったな…」

唯「りっちゃん!私たちもコンビプレーだよ!」

唯は大剣をかかげ敵に突っ込む!

?「ヒョオオオオオン!」

敵も雄叫びを上げそれを迎え撃つ!

ガキィーン!

互いに振り下ろした武器がぶつかり合う!
169 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/08/27(木) 04:15:33.28 ID:5mwJl2nKO
律「ナイス唯!頭ががら空きだぜ!」

敵の頭上から夫婦剣を一閃!

律「うらぁ!!」

ザシューン!クリーンヒット!

唯「唯ストラッシュ!」

続けざま唯が必殺技を叩き込む!

?「くぱぁーー!」

敵は消え去り唯たちの勝利が確定した

律「っしゃあ!ちっとはやるようだけど私にはかなわないぜーー!」

唯「私も少しずつつるたんに慣れてきたよ!」
171 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/08/27(木) 04:17:58.63 ID:5mwJl2nKO
再び音楽室



さわ子「ふふ…やるわね唯ちゃん…」

さわ子「それにしても…アリ以外の改造人間も現れて…何が彼らを引き付けているのかしらね…」

さわ子の視線の先には傷一つない気を失った梓が…

桜高少女第三話「武器の秘密!」終わり