※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

492 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/28(金) 05:34:21.57 ID:RijpKYEkO
梓「……」

唯「皆遅いね」

梓「……!!クッ、頭が……!!」

唯「ど、どうしたの!大丈夫あずにゃん!?」

梓「私に触るな!!死にたいのか!!」

唯「あず……にゃん?」

梓「奴等が…奴等がくる……」

唯「奴等?」

ガラッ

梓「来た!!邪気眼狩りの奴等だ!!」




493 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/28(金) 05:35:27.29 ID:RijpKYEkO
律「おーっす」

澪「悪いな遅れて」

梓「私を狙って来たのか。だが貴様等ごときに遅れをとるつもりはない」

律「何言ってんだ?」

梓「くらえ!!」

律「痛っ!何すんだよ!!」

澪「梓、律が何かしたのか?」

梓「くっ!!こんな時に!!」

梓「鎮まれ……右腕よ……!!こんな雑魚共相手にこの力を使うわけには……!!」

律「雑魚って」

ガラッ

紬「皆何やってるの?」



495 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/28(金) 05:37:56.77 ID:RijpKYEkO
澪「ムギ、梓がおかしくなってるんだ……」

紬「梓ちゃんが?」

梓「!!!!」

梓「馬鹿な……貴様が何故ここに……」

紬「え?」




496 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/28(金) 05:39:14.84 ID:RijpKYEkO
梓「貴様が直々にお出座しとは……機関も本気のようだな」

紬「機関?梓ちゃんどうしたの?」

梓「力を解放すれば周囲にどれほどの影響が及ぶか分からない……」

梓「だが力を使わずに奴に勝つことは出来ない……!!」

梓「うおおおお!!解き放て右腕よ!!」

紬「あ、梓ちゃん?」

唯「あずにゃん……」

澪「梓……」

律「うわぁ……」

ガラッ

梓「先輩達何やってるんですか?」




497 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/28(金) 05:41:11.37 ID:RijpKYEkO
唯澪律紬「!?」

後から来た方の梓「何ですか?幽霊でも見たような顔をして……」

後梓「え、私?私がもう一人いる……?」

先にいた方の梓「…………」


先梓「ラ・ヨダソウ・スティアーナ」

シュッ

唯澪律紬梓「消えた……」



終わり