※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

554 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/28(金) 16:17:22.01 ID:RijpKYEkO
唯「ズズッ……鼻水が止まらないよ~」

紬「風邪?」

唯「多分寝る時にクーラーを点けてたからだと思うズズッ……」

律「タイマー設定くらいしろよ」

唯「ズズッ……してたよ。一時間で切れたよ」

澪「少し気温が低くなってきたからな。もう扇風機でもいけるんじゃないか?」

唯「うん……ズズッ。そうしてみる」




555 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/28(金) 16:18:20.48 ID:RijpKYEkO
唯「ズズッ……ズリュル」

紬「今度は扇風機のせい?」

律「タイマー設定は?」

唯「した」

澪「風が断続的に来るようにしたか?」

唯「したズズッ……」

梓「クーラーも扇風機も使わず、布団を薄くすればいいんじゃないですか?」

唯「ズズッ……うん。やってみるズルル」




556 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/28(金) 16:19:10.34 ID:RijpKYEkO
唯「ズズッ……」

澪「駄目だったか」

律「何かもう面倒臭いな」

唯「りっちゃんひどいよ~ズズッ」

梓「窓を開けてみたら……また同じことになりそうですね」

紬「少し暑いのは我慢して、布団を元の厚さに戻してみたらどうかしら?」

唯「暑いの嫌だ~ズズッ」

澪「いつまでもこのままでいるわけにはいかないだろ」

唯「ズズッ……う~分かったよ……」




557 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/28(金) 16:20:51.23 ID:RijpKYEkO
律「で」

澪「今度は何でだ?」

唯「ズズッ……寝汗をかいて体が冷えちゃてズルル……こうなりました」

澪律紬梓「もうどうしろと」



終わり