※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 10:53:29.81 ID:hRY/T06g0
唯「もう、返事がないからびっくりしちゃったよー」

憂「ご、ごめんね! ちょっと夢中になってて。聞こえなかったの」

梓「夢中って、憂、その……唯先輩の部屋で何を?」

憂「え!? あー……、散らかってたから掃除を、ね」

唯「そっかぁ、いつもありがとねー」

憂「ううん、こちらこそ!」

唯「こちらこそ?」
210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 10:58:35.66 ID:hRY/T06g0
憂「あ、私夕飯の支度があるから……」

唯「う、うい?」

憂「梓ちゃんも、自分の家だと思ってゆっくりしていってね!」

 何故だか、脳裏に赤いリボンをつけた生首が過ぎった。

梓「あ、うん……」

 そう言って憂は、足早に階段を降りていく。

梓「行っちゃいましたね」

唯「変な憂……」
218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 11:21:05.77 ID:hRY/T06g0

 ▼ SIDE 憂

 紙一重だった。
 お姉ちゃんだけならいくらでもごまかしは利くが、
 梓ちゃんも一緒となると、そうもいかない。
 若干、怪しい素振りになったかもしれないが、まぁ、及第点といったところだろうか。

憂「……泊まりかどうか聞くの忘れた」

 まあいいか。
 三人分の夕飯を準備しながら、思考する。
 泊まりではないにしても、梓ちゃんの分を作っておけば
 せっかくだから食べていってよという流れが自然に作れるのだから。
221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 11:29:01.08 ID:hRY/T06g0
 二人は今、何をしているんだろう。
 お姉ちゃんの部屋で、二人きり……。
 二人きり……。

憂「あっ」

 力を入れすぎた為か、切った人参の欠片がものすごい勢いですっ飛んでいった。

 ……私には分かってしまうのだ。
 梓ちゃんがお姉ちゃんを見る目。
 あれは、恋する乙女の瞳。
223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 11:42:12.10 ID:hRY/T06g0
 当然だ。

 なにせお姉ちゃんは可愛いのだ。
 だから、例え同性であったとしても、そういう感情を持ってしまうのは当たり前のこと。
 もし、お姉ちゃんを見てそういう感情を抱かなかったとすれば、
 そいつは、ケブカヒゲナガかイタヤモグリチビガのどちらかだろう。
225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 11:49:08.18 ID:hRY/T06g0
 しかし、それだけではない。
 確かにお姉ちゃんは可愛い。世界中どこを探してもお姉ちゃんの右に出る者はいない。
 だが、それでも!!
 梓ちゃんもまた、可愛いのだ。
 見たか。あの高校生とは思えない身長と、甘々ロリフェイスを。
 なんだ、あのツンデレの代名詞ともいえるつり目とキュートなツインテールは。誘惑してんのか。
 今ゴキブリって言った奴。暗い夜道に気をつけろ。

憂「あ、お鍋吹き零れてる……」

 私は考えるのをやめた。
230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 11:59:39.67 ID:hRY/T06g0
 ▼ SIDE 梓

 唯先輩と私は、二人でギターの練習をしていた。
 始めは唯先輩の部屋で練習していたのだけれど、
 「お腹が空いたから下でやろう」
 という超絶理論に従い、リビングでご飯を待ちながらの練習となった。
 一階に下りても夕飯ができる時間は変わらないと思うのだけど、
 そこは唯先輩らしいというかなんというか。
235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 12:08:31.53 ID:hRY/T06g0
 練習はいい感じに進む。
 教えれば教えた分だけ自分のものにしていく唯先輩は、やっぱり凄いと思う。
 ただ……、記憶力がないというか集中力がないというか。
 さすがに「Cってどう押さえるんだっけ」発言には絶句した。
238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 12:13:34.28 ID:hRY/T06g0
唯「うい~、ごはんまだ~?」

憂「もうちょっとだから我慢して~」

 憂も憂で、二階で会った時とは比較にならないほど上機嫌で料理をしている。
 鼻歌が聞こえてきたかと思えば、それが『ふわふわ時間』だったりして、
 唯先輩と顔を見合わせて微笑んだ。なんだかとても温かい気持ちだ。

 しばらくして夕飯ができ、三人で食卓を囲む。
 泊まらせて欲しいと告げると、憂は嬉しそうに承諾してくれた。

 ごめんね憂。後で怖いイメージがあるなんて一瞬でも思っちゃって、ごめんね。
239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 12:20:35.69 ID:hRY/T06g0
 ▼ SIDE 憂

 食事を作り終え、梓ちゃんも交えて三人での夕飯。
 そういえば、軽音部の皆さんが遊びにくることはあったけど、
 梓ちゃん一人で泊まりに来たのは初めてだったかも。

 お姉ちゃん達が部屋に篭っていた間は悶々としていた私だけど、
 二人が下に降りてきてくれて、段々と気分は晴れていった。
 上機嫌になった私は、料理をしながらついつい、
 二人がそこに居ることも忘れて、鼻歌を歌ってしまっていた。
 すぐに気付いて、恥ずかしいなぁ。なんて思っていたら、
 私の歌にあわせるように二人が演奏してくれて、なんだかとっても温かい気分になれた。
242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 12:24:56.74 ID:hRY/T06g0
 食事中も会話は途切れず、お姉ちゃんも梓ちゃんも凄く楽しそう。
 お姉ちゃんの話に爆笑しながら、ふとした違和感に気が付いて
 自分のポケットを弄ると、そこにはお姉ちゃんの下着が入っていた。

憂「台無しだよ……」

 聞こえない程度の声でつぶやいた。
245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 12:30:11.50 ID:hRY/T06g0
 ▼ SIDE 梓

 夕飯を食べ終わり、唯先輩はごろごろ。憂は後片付け。
 一方的に家事を任されて、憂は嫌じゃないのかなーって思ったこともあるけど、
 決して一方的なんかじゃない。この二人にとってはこれがギブアンドテイクなのだ。
 憂は、唯先輩に癒しをもらっているのだから。
247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 12:34:13.81 ID:hRY/T06g0
梓「唯せんぱーい」

唯「な~あ~に~?」

梓「呼んでみただけです」

唯「あ~ず~にゃぁん」

梓「なんですかー?」

唯「呼んでみただけだよぅ」

梓「ふふっ」

唯「えへへ~」

 後ろの方で奇声が聞こえた気がするけど、まぁ、気のせいだろう。
 どうせなんだから、もう少しだけマッタリしていよう。

249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 12:43:10.65 ID:hRY/T06g0
 ▼ SIDE 憂

 皆さん、聞いたでしょうか?

 ご覧になりましたでしょうか?

 たった今リビングで繰り広げられた光景を!
 まさにマイナスイオン垂れ流し空間!

 あの梓ちゃんが!
 お姉ちゃんのペースで、名前を呼び合って、なんでもないってきゃはぁぁぁっ!!

「……」

 悶えていたらお皿が一枚割れた。
251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 12:46:11.78 ID:hRY/T06g0
 ▼ SIDE 梓

 このままじゃ私もダメになるなぁ~とか薄っすら思いながら、
 テレビを観たり、ぼーっとしたりで、だらだらすること数時間。
 ていうか、何回か意識飛んだ。 

憂「お姉ちゃん、お風呂沸いたよー」

 そんな声に意識を覚醒させ、憂の淹れてくれたお茶を口に含む。
 ていうか、憂さん。あなた、私が泊まりに来ていても姉優先なのね……。
 いや、別にいいんだけど。
253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 12:50:38.83 ID:hRY/T06g0
唯「ほいほーい」

梓「……」

唯「あ、そうだ」

梓「どうしたんですか?」

唯「あずにゃん、一緒に入る?」

梓「ブフォーッ!!」

 盛大に吹いた。
254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 12:54:21.52 ID:hRY/T06g0
唯「ど、どうしたのあずにゃん、大丈夫!?」

梓「けほっ、けほっ」

 やべえ。

梓「だ、大丈夫です。すみません」

 甲斐甲斐しく、布巾で(私の口から)零れたお茶を拭く唯先輩。
 ていうか、それはダメでしょう!?
 合宿行った頃はさておき、今の私じゃ、確実に唯先輩を……
 その、……そういう目で見てしまうだろうから。

唯「ねえねえ、一緒に入ろうよぅ」

梓「だ、ダメですってば!」

唯「どうしても?」

梓「どうしてもです」
257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 12:57:13.55 ID:hRY/T06g0
唯「ぶー、あずにゃんのけち!」

梓「……なんて言われても入りませんから」

 私は唯先輩から目を逸らし、テレビを観る(振りをする)

唯「……」

 しばらくして唯先輩の声はしなくなった。
 諦めて一人で入りにいったんだろう。
260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 13:02:12.91 ID:hRY/T06g0
梓「……全く、一緒になんて……恥ずかしいじゃないですか……」

 そう呟きながら視線を戻すと、

唯「……」

 ものすごい変な顔をしている唯先輩が隣にいた。

梓「……」

唯「……」
262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 13:05:50.60 ID:hRY/T06g0
梓「……ふふっ。なんて顔してんですか」

唯「あずにゃんの負け!」

梓「にらめっこなんてしてませんよ」

唯「敗者にくちなしだよ!」

梓「死人ですからそれ」

唯「罰として一緒に入るのだ!」

梓「いやいやいや」

 いやいやいや。

 いやいやいやいやいやいやいや。


 ――気が付くと私は脱衣所に居た。

 意思弱えなぁ。
263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 13:13:13.38 ID:hRY/T06g0
 うーむ。
 流れに呑まれて、ここまで来てしまったけれど。
 どうしても唯先輩の体に目がいってしまう。

 いやいやいや。

 おっさん思考じゃないか私。

 別に、女の子同士でお風呂入るだけなんだから。
 だから、なにも問題ないんだ。

 うん、問題な―ガラッ!

梓「う、うわっ!! びっくりした……」
265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 13:17:43.22 ID:hRY/T06g0
 脱衣所の扉を開いたのは、憂だった。
 彼女は顔を半分だけ出して、覗き込むようにこちらを見ている。

 怪し過ぎる挙動だ。

唯「どうしたのー、ういー?」

憂「お姉ちゃん……梓ちゃんと一緒に入るの?」

唯「そうだよ?」

憂「そうなんだ」

 露骨に肩を落とす憂。
 なんかもう、嫌な予感しかしない。
266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 13:21:48.50 ID:hRY/T06g0
唯「憂も一緒に入る?」

憂「いいの!?」

 いやいやいや。
 そのリアクションはおかしいってばよ。
 動揺のあまり語尾が忍者になった。

梓「で、でもほらあれですよ……」

 考えろ。三人が納得する言い訳を考えるんだ私。
 唯先輩と憂が納得できて、かつ私が一緒にお風呂に入らなくてもよくなる言い訳を。
 脳内で精密なコンピュータの如く、次々と0と1の数字が舞い、刹那に計算式がはじき出された。

梓「三人だと風呂釜壊れますから」

 考えつく限り最低の言い訳だった。

唯「壊れないよ」
憂「壊れないよ」

 シンクロすんな平沢姉妹。
 そんなことわかってるよ、私だって!
268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 13:26:27.60 ID:hRY/T06g0
梓「いや、そうじゃなくて。 さすがに三人一緒だと狭いし、唯先輩と憂の二人で入って……」

憂「ダメだよ!!」

 いやいやいや。
 何故怒るのですか。
 唯先輩と一緒に入りたいんじゃないんかい。ないんかい。

憂「お風呂が狭いなら……わ、私が拡張とかするから!」

梓「どうやって!?」

憂「するから!」

 うい は なきそうだ!!
269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 13:29:26.11 ID:hRY/T06g0
唯「まぁまぁ。それなら憂とあずにゃんの二人で入っ」

憂・梓「それはもっとダメ!!」

唯「ご、ごめんなさい……」
271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 13:37:35.01 ID:hRY/T06g0
 ▼ SIDE 憂

 ルン!ルン!ルン! ぬウフフフ、たまげたかァああ!
 ついにこの時がやってきた。
 なんら違和感なく、一糸纏わぬ姿のお姉ちゃんをこの目に焼き付けられる瞬間だ!
 え? 普段から一緒にお風呂入ればいいって?
 やれやれだぜ。これだから無脊椎動物は。
 梓ちゃんが一緒なのだ、これを忘れてもらっては困る。

 元々、お姉ちゃんと梓ちゃんの二人だけで入る予定だったらしいけれど、
 脱衣所覗き込んで上目遣い余裕でした。
272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 13:40:34.36 ID:hRY/T06g0
憂「……」

 ……こんなキャラじゃないだろ。しっかりしろ私!
 テンションが高まるあまり、自分を見失っていたようだ。

梓「えーと……、本当に三人で入るんですか?」

憂「そうだよ梓ちゃん、ほら脱いで」

唯「おっ風呂♪ おっ風呂♪ あずにゃんとおっ風呂♪ うーいとおっ風呂♪」

 なんという破壊力。

 歌いながら服を脱いでいくお姉ちゃん。

 ここがヘヴンか。
273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 13:45:16.75 ID:hRY/T06g0
梓「なんなんですかその歌は」

憂「おっ風呂♪ おっ風呂♪ さあ脱げ今脱げ」

梓「う、ういまで……、って、ちょっと!じ、自分で脱ぐから!」

 いけない。おててが暴走した。
 これでは梓ちゃんに嫌われてしまう。


 あ。そうだ。


 ここから先は乙女の花園となります。
 描写なんぞしようものなら、左右十本の指を一つ残らず
 間接とは逆の方向に曲げた上、漬物石ですり潰しますのでご了承ください。
306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 14:10:03.73 ID:hRY/T06g0
 ▼ SIDE 梓

 さすがに湯船に三人は少し窮屈だったけれど、密着すれば入れるもので。
 唯先輩も憂も細いし、背も高くないからなぁ。……自身の名誉の為に、一応私も。

 憂のテンションが異様に高かったおかげで、私は意外と冷静で、
 特に変な気を起こすこともなく、お風呂から上がることができた。
309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 14:16:07.16 ID:hRY/T06g0
憂「はい、お姉ちゃん。イチゴ牛乳」

唯「おおぅ、さすが憂。気が利くねー」

憂「梓ちゃんもどうぞ」

梓「あ、ありがと」

 腰に手を当て、三人で牛乳を飲み干す。

唯「ぷはー!」

憂「ぷはー!」

梓「……」

 おっさんくせえ。
311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 14:22:26.68 ID:hRY/T06g0
唯「……」

憂「……」

 いや、そんな何かを期待するような眼差し向けられても。
 私はやりませんから!!
 決して私の心は折れませんからっ!!

唯「……」

憂「……」

梓「ぷ、ぷはー」



 折れた。

唯「よくできましたー」

 お風呂あがって一発目のスキンシップ。
 なでなで。にゃあにゃあ。
313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 14:28:00.86 ID:hRY/T06g0
唯「ういー、あずにゃん、ゲームでもやろっかー」

憂「私はいいよ?」

梓「いいですよ。なにやるんですか?」

唯「Wii」

梓「ああ、憂だけに」

憂「えっ?」

唯「えっ?」

梓「……ごめんなさい」

唯「……」

憂「……」

梓「ごめんなさいってばあああっ!」

唯「(あずにゃんかわいよあずにゃん)」

憂「(お姉ちゃんかわいいよお姉ちゃん)」
314 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 14:35:54.53 ID:hRY/T06g0
 テレビ画面の中で、緑色の服を纏ったエルフの青年が
 『しゃあああああ!』と回転しながらまっさかさまに落下していく。

唯「そっちじゃないよ!どこ行くんだよ!!」

梓「操作してるの唯先輩ですよ。完全に自爆じゃないですか」

憂「あ、子犬でてきた……」

唯「かわゆすのう かわゆすのう」

 うっとりする二人。

梓「いや、二人ともサイズ!サイズよくみて!明らかにでかすぎるからこの子犬!!」

 なんか、じゃれる振りして画面揺らしまくってるし。
315 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 14:41:41.68 ID:hRY/T06g0
唯「ああっ!また死んだ!!」

梓「近づきすぎなんですよ」

憂「梓ちゃんもね」

梓「うぐ」

 ホームランバット携えたキャプテン・憂におもっきりしばかれた。

唯「むぅ、やっぱり憂は強いなー」

梓「……」

 明らかに言わせようとしてますよね?
 だけどもう『Wiiだけに』とか言いませんからね。

唯「言わないの?」

 ぶっちゃけやがった。

梓「言いませんてば」

唯「ちぇー」
318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 14:46:20.83 ID:hRY/T06g0
梓「次は負けないよ、憂」

憂「ふふっ、かかってらっしゃい……といいたいところだけど、もう二時半だよ?」

唯「あ、本当だっ!」

 楽しい時間はあっという間というけれど。
 私もまだ一時くらいかと思っていた。

梓「そういえば、明後日って勉強会やるんですよね?」

 既に日付が変わっているので、正確には明日という。
321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 14:52:43.57 ID:hRY/T06g0
憂「勉強会?」

唯「そうだよー。軽音部の皆でね」

憂「でも、期末までまだ一ヶ月はあるのに……」

梓「ムギ先輩がね。やりたいって言い出したの」

憂「ふーん、そうなんだ」

唯「憂も来る?」

憂「え、私軽音部じゃないけど……」

唯「いいんだよ。皆でやったほうが楽しいし、和ちゃんも誘ってあるんだー」

憂「そっか、それじゃあ私も行こうかな」
324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 15:04:00.41 ID:hRY/T06g0
 時刻は深夜三時過ぎ。
 ベッドに三人は入りきれないので、布団敷いて三人で並んで寝ることになった。
 唯先輩も憂も自分のベッドがあるんだから、私だけ布団でも良かったのだけど。
 ……どうして一緒に寝たがるかなこの人達は。
 憂に至っては、横になった直後に唯先輩の布団に潜りこんでるし。
 そしたら、敷かなくていいじゃん!!とか思ったり思わなかったり。

唯「ほら、あずにゃんもおいで」

梓「え、いや、私は……その」
325 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 15:10:34.21 ID:hRY/T06g0
唯「皆で寝た方が暖かいよぅ」

憂「お姉ちゃんのお布団、気持ち良いよ、梓ちゃん?」

 唯先輩に甘えたい気持ちは勿論ある。
 憂の言ってることも良く分かる。
 今日は本当に楽しかったし、この二人に救われたと思ってる。
 けれど、私はもう自分の気持ちに気付いてしまったから。

 ちっぽけなプライドが、邪魔をする。

梓「私は、いいです……」

 そう言うと、私は反対向きに寝返りを打って、唯先輩と憂を無理やり視界から外した。
326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 15:20:32.68 ID:hRY/T06g0
憂「……」

 憂は何も言わなかった。
 或いは、姉のことに敏感な彼女だからこそ、
 私の気持ちに気付いているのかもしれない。

唯「あずにゃん……」

梓「……」

 沈黙が、場を支配する。

 私は一体なにをやっているのか。
 唯先輩なら、ここで私の布団に潜りこんできて、抱きしめてくれるだろう。
 自ら拒絶しておきながら、そんな期待を抱いている自分が確かに居る。
330 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 15:33:02.29 ID:hRY/T06g0
 傲慢だ。

 唯先輩は女で、私も女だ。
 確かに、超えてはいけない禁忌の壁がそこにある。
 だから私の気持ちは唯先輩に伝わらない。伝えてはいけないのかもしれない。
 けれど、今必要なのはそんなことじゃないだろう?

 ――だって、唯先輩が私を呼ぶ声は、あんなにも寂しそうだったじゃないか。

 大好きな人を傷つけてまで、守りたいプライドなんて――。


梓「……き……です」
331 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 15:39:27.12 ID:hRY/T06g0
唯「……え?」

 覚悟を決めて唯先輩の布団に潜り込む。
 たった一言で良いんだ。
 それだけで、きっとこの人は笑ってくれる。

 だから――。

梓「好きです、唯先輩」

 私はこの日初めて、自分から唯先輩を抱きしめた。

唯「……私もだよ、あずにゃん」

 きっと、私の好きと、唯先輩の好きは、違うものだろう。
 だけど、それでいい。

 今はただ。
 この人の笑顔をずっと隣で見ていたい。
 一緒に居られれば、それで――。

Fin


以下オマケ『勉強会編』

340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 15:54:22.21 ID:hRY/T06g0
 時は流れて日曜日。

律「うわ~、でっけえ……」

澪「ムギ、本当にここでやるのか?」

紬「ええ。安心して、私たち以外には誰も居ないから」

梓「図書館を貸切……。あ、琴吹家私有物だから貸切とはいわないのか」

 巨大な建造物を前に、あからさまに動揺する私。

憂「でも、軽音部じゃない私まで来ちゃってよかったんですか?」

梓「憂がいなかったら、私だけ試験範囲別になっちゃうでしょ」

律「そういうこと。 それに和や憂がいた方が効率あがるしな」

澪「和はまだ来てないみたいだけど……」

唯「ああ、和ちゃんちょっと遅れるらしいから。先にやってて欲しいって」

澪「そっか」

紬「それじゃ、皆あがって」
343 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 15:59:51.82 ID:hRY/T06g0
 個人所有というには、あまりにも多い本棚と書物群を眺めつつ、
 私たちは長方形のテーブルに案内された。
 本当、ムギ先輩のご両親って、何してる人なんだろう。

澪「なるほど。確かにこれなら勉強も捗りそうだなー……って漫画を探すな!」

 ポカッ!

律「なぜバレたし」

 たんこぶを作った律先輩がぼやいた。

 一同が席に着く。
 配置は、左から律先輩、唯先輩、私。対面に澪先輩、和先輩(空席)、憂。
 ムギ先輩は、その中間。律先輩の右手、澪先輩の左手になるように腰掛けた。
345 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 16:03:43.07 ID:hRY/T06g0
紬「さて」

 徐に立ち上がるムギ先輩。

紬「皆聞いて」

律「どうしたんだ?」

紬「ここは図書館なの」

澪「うん、見ればわかるけど……」

紬「図書館で勉強するにあたり、社会では当然のルールが存在します」

梓「走らない、とか、騒がないとか、ですか?」

 ていうか、なぜ敬語?

紬「そうよ梓ちゃん。さすがだわ」

 そんなことで褒められても。
 ムギ先輩が何を言おうとしているのかが分からない。
348 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 16:07:54.96 ID:hRY/T06g0
紬「琴吹家私有図書館で、守らなければならないルールはただ一つ」

唯「ムギちゃんなんかカッコいい」

紬「やん、唯ちゃんたら……」

梓「ルールはどうしたんですか」

紬「あら、いけない。私としたことが」

 ムギ先輩もかわいい人だなぁ。と少しだけ頬が緩んだ。

紬「そう、そのルールというのは――」

 執事らしき人が、図書館の照明を落とし、
 スポットライトがムギ先輩を照らした。
 いらん演出だ。

紬「この図書館では、決して笑ってはいけません」

 ババーン!!
 どこからともなく効果音が鳴り響いた。

 重ねて言おう。

 いらん演出だ。
350 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 16:13:46.47 ID:hRY/T06g0
律「……はぁ?」

憂「笑っては」

梓「いけない……?」

澪「要は静かにしろってことなんじゃないのか?」

紬「違うわ、澪ちゃん。多少騒ぎ立てしてもかまわないの。でも、笑ってはいけない」

唯「笑うと、どうなるの?」

紬「お仕置きが待ってるわ」

律「えー、なんだよそれー」

紬「そう言うと思ったわ。でもね、私もただ厳しいだけのゲームを強いる気はないの」

唯「と、いいますと?」

 合いの手うめえなぁ。

紬「勉強会が終わった段階で、笑った数が一番少ない人には、ご褒美があります」

律「!!」

唯「!!」

 分かりやすい二人が反応した。
354 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 16:17:53.72 ID:hRY/T06g0
紬「一番笑った回数の少ない人が、一番笑った回数が多い人を、一日だけ好きにしてかまわない」

律「!?」
澪「!?」
唯「?」
憂「!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

 全員、あと約一名が露骨に反応した。
357 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 16:23:09.19 ID:hRY/T06g0
律(自由にしていい、だと? なんて素敵なご褒美なんだ!
私が優勝すれば、澪に付きっ切りで勉強を見てもらうことも、あんな悪戯をすることも……いや。
最下位が澪と決まった訳ではない、か。しかし唯が最下位でも梓が最下位でも、それはそれで……。
となれば、この勝負、負けるわけにはいかない!)


澪(好きにしてかまわないって、どういうこと?
文字通りその人を好きにしてかまわないのかな?
好きに……。律に日ごろできないような、あんなことやこんなことをしてもらうことも……。
いやいやいや、何を考えているんだ私は!!
そして、ダメだ。最下位だけは絶対にダメだっ!!)


唯(好きにしてって言われてもなぁ……。
憂はいつも好き勝手してるし、うーん。
りっちゃんにみんなの前でネタやってもらったり、
澪ちゃんに可愛い服着せたり、あずにゃんに一日猫になってもらったり……あ。意外と楽しいかも!)


憂(お姉ちゃんとセクロス。お姉ちゃんとセクロス。お姉ちゃんとセクロス)
364 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 16:29:29.96 ID:hRY/T06g0
 なんとなく、みんなの心の声が聞こえた気がした。
 憂だけは、眼力というプロテクトが強固で、思考をトレースすることができなかった。
 だが、私とて負けるわけにはいかない。
 唯先輩が最下位になるように調節して、私が一切笑わなければ、ほら!
 そこには私の目指した世界が――。

唯「ムギちゃんは参加しないの?」

紬「私は審判よ。皆の様子をずっと観察しなくてはならない、桃色のお仕事なの」

唯「そっかぁ。 あ、和ちゃんは? このルールまだ知らないんでしょ?」

紬「和さんには、既に連絡済みよ。そろそろ到着するんじゃないかしら」

 照明がつき、ムギ先輩が時計を確認する。
 そして――

紬「それでは、笑ってはいけない勉強会。スタートです」

 決戦の火蓋は切って落とされた。
367 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 16:34:52.65 ID:hRY/T06g0
律「……」

澪「……」

唯「……」

梓「……」

憂「……」

澪「ま、まぁ、ムギから何か仕掛けてくるわけではなさそうだし、普通に勉強するか」

律「そうだな。じゃあ、数学からやろうぜ!」

唯「数学かぁ。私苦手なんだよねー」

憂「がんばって、お姉ちゃん!」

唯「がんばるよー!」

梓「憂、私たちもやろう」

憂「うん、そだね」
371 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 16:41:27.02 ID:hRY/T06g0
 ―――数分後。

澪「だから、そこは、xの共通因数を括って……」

唯「ふむふむ」

律「梓、これは?」

梓「んーと、この円の半径が1として、
  sinθがy、cosθがxになるから……って、なんで私が先輩に教えるんですか!?」

律「かたいこというなよ」

 ガラッ!

紬「あ、いらっしゃい、和さん」
373 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 16:47:02.54 ID:hRY/T06g0
律「お、来たみたいだな」

唯「和ちゃんおそ……、うぇ!?」

律「!!」

梓「!!」

 何も言葉を発することなくドアから入ってきた和先輩。
 和先輩といえば、メガネの良く似合う知的なイメージだ。
 メガネの一つをとっても、それは見る人が見れば、お洒落アイテムといえる。
 だから、和先輩だって、メガネを何種類か持っていたとしてもおかしくはないのだ。

 だがしかし。

 和先輩は、鼻眼鏡だった。
375 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 16:50:08.66 ID:hRY/T06g0
 この間、刹那。

 澪先輩と憂は、反対向きの席であるため、即座にダメージを負う事はなかった。

 たかが、鼻眼鏡。

 されど、鼻眼鏡。

 ていうか、何か喋れ。 喋ってください。

和「……」

唯「……」

梓「……」

律「……」

和「……」

唯「……ブフッ!」
378 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 16:54:37.82 ID:hRY/T06g0
紬「唯ちゃん、アウトー」

 やたらとかわいい声で、ムギ先輩がそう宣告すると、
 サングラスをかけた黒服の、早い話がマ○リックスのエージェントだ。
 エージェント数名が勢い良く現れ、唯先輩の両腕を掴み、ムギ先輩の方へと連行する。

唯「えええ、なになに!?」

 エージェントはハリセンを取り出し、ムギ先輩に手渡した。

紬「唯ちゃん、こっちにお尻突き出して」

 言うが早いか、エージェントは唯先輩がムギ先輩の方にお尻を向けるように
 両手を反対側の壁に押し付けて固定した。

 お尻にハリセン……だと?
 おい待て、沢庵。
 貴様、唯先輩になにを――。
379 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 16:58:36.68 ID:hRY/T06g0
紬「いくわよー」

唯「ひぃぃぃ!」

 さわさわ。

唯「ひゃう!?」

律「え?」

憂「おい」

澪「……ムギ、何やってるんだ?」

紬「罰ゲームよ?」

憂「おい」

梓「いや、その手のハリセンにはなんの意味が……」

憂「おい」

律「なんで満足げな顔で唯の尻撫でくりまわしてんだ」
380 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 16:59:49.32 ID:hRY/T06g0
紬「叩くのかわいそうじゃない」

律「……」

憂「おい」

 ここで、ついに私に限界が来た。

梓「く……ふふ……」

紬「あら、梓ちゃん。アウトよ?」

梓「ちょ!いや、だって!!待って待って待って!!」

 だって憂が! 真正面で、憂が!!
 なんか私にしか聞こえない程度の声で「おい」って言い続けてるし!!

 言い訳を聞いてくれる筈もなく、現れるエージェント。
 そして、唯先輩と同様の体勢をとらされる。
 このエージェント達、力すげえ。まるで振りほどけない。
384 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 17:04:33.33 ID:hRY/T06g0
紬「さあ、いくわよ」

 ハリセンを構えるムギ先輩。

梓「いやあああああ」

 さわさわ。

梓「にゃっ!?」

律「……」

澪「やっぱり触るだけなのね」

 セクハラから開放され、私と唯先輩は自分の席へと戻る。
 しかし、戻ったところに、堂々と座っている鼻眼鏡の姿。

唯「!!」
梓「!!」

 私はともかく、唯先輩は正面だからなぁ。
 同情を禁じえない。ていうか、私も堪えるのに割と必死だ。
385 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 17:12:13.34 ID:hRY/T06g0
和「……」

 相変わらず言葉を発しない和先輩。

唯「あ、あのね、和ちゃん」

和「……」

 こくん、と首をかしげる鼻眼鏡。

唯「……」

 ダメです、唯先輩。気持ちは分かりますけど、自殺行為です。
 普段の私なら止めていただろうけれど、
 唯先輩には最下位になって欲しいので、ここはぐっと堪えて。

 がんばれ、鼻眼鏡。
386 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 17:18:13.25 ID:hRY/T06g0
唯「和ちゃん、……それ、外して……欲しいんだけど……」

和「……」

 反対側にこくん、と首をかしげる鼻眼鏡。

唯「……くっ、ふふふ」

紬「唯ちゃん、アウト」

唯「もおぉぉぉ!!馬鹿ぁ!和ちゃんの馬鹿ぁぁぁ!!」

和「あはは、ごめんごめ……、あ!」

 普通に笑ってるじゃねえか鼻眼鏡。

紬「和ちゃん、アウトー」
389 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 17:23:04.59 ID:hRY/T06g0
 エージェントにより連れて行かれる唯先輩と和先輩。
 唯先輩は二回目のおさわりタイムだ。

唯「ムギちゃん、やっぱりやめよう!? なんかおかしいよコレ!!」

 さわさわ。

唯「やあぁん!」

 羨まし……って、ムギ先輩、まさか最初からこれが目的なんじゃ……。

紬「和さんは……、軽音部ではないし、あんまり無茶できないわね」

 そう言って、ムギ先輩は、和先輩の耳元に「ふうっ」と息を吹きかけた。

和「ひゃっ!?」

 え、それだけ!?

 なんか待遇違くない!?

 軽音部じゃないから!?

 嗚呼、軽音部って恐ろしい!!
392 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 17:30:47.96 ID:hRY/T06g0
 ――さらに数分後。


紬「斉藤、お茶をお願い」

斉「かしこまりました、紬お嬢様」

 しばらくして、執事さんがトレイにティーカップを乗せて戻ってきた。

紬「さぁ、皆。お茶にしましょう」

唯「やったー!」

澪「よかった、とりあえず笑わなくて済んだ……」

 ムギ先輩の手により、各自のテーブルにティーカップが置かれていく中、
 律先輩のテーブルには、缶ビールが置かれた。

律「……」

澪「っ!!」

律「え、いや……」

紬「……」
393 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 17:34:27.96 ID:hRY/T06g0
唯「……」

梓「……」

律「ふふ……なんで、私だけ……」

紬「りっちゃん、アウト!」

律「え、ええ!? 今私笑ったか!? 澪、おい、笑ってないよな私!」

澪「……」

 目を逸らす澪先輩。

律「澪の裏切りものおおお!!」

澪「……知らない」
396 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 17:37:56.05 ID:hRY/T06g0
 律先輩は、エージェントに引っ張られていき、そして

紬「いくわよりっちゃぁん」

律「ええいもう触れ、好きなだけ触れ!」

 スッパーーーン!!

律「痛ってええええ!!」

澪「ぶふぉっ!」

紬「あらあら。澪ちゃん、アウト!」

澪「いや、なんで……ふふ、律だけ……くくく」

紬「じゃあいくわよ、澪ちゃん」

澪「ひっ!」

 澪先輩も唯先輩と私同様、おさわりの刑に処される。
 絶対、人によって待遇変えてるだろあの沢庵。
398 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 17:40:31.84 ID:hRY/T06g0
 ハリセンで叩かれた律先輩は、尻を押さえながら席に戻ると、
 ただでは終わらんとばかりに、唯先輩の方を凝視する。

律「唯」

唯「……」

律「唯、飲む?」

 突き出される缶ビール。

唯「……」

 ぶんぶん!と首を左右に振る唯先輩。

律「澪」

澪「……」

律「飲む?」

澪「……いらない」

 顔を背ける澪先輩。
403 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 17:43:46.23 ID:hRY/T06g0
律「唯」

唯「……」

 ぷしゅ!と、蓋を開けて、缶ビールに口をつける律先輩。

律「あ、これポン酢だ」

 どうやって入れたんだよ。

和「……」

澪「……」

唯「……ふはは」

紬「唯ちゃん?」

唯「……」

紬「唯ちゃん?」

唯「ごめんなさい」

紬「ダメ。アウトー」

唯「うわああああん!!」

 唯先輩、弱いなー。
406 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 17:50:00.48 ID:hRY/T06g0
 ここまでの成績。

 律 1
 澪 1
 唯 3
 憂 0
 梓 1
 和 1


 ――さらにさらに数分後。

紬「では、ゲームをしましょう」

律「勉強会じゃないのかよ」

紬「息抜きも必要よ」

唯「なにやるの、ムギちゃん?」

紬「これよ」

 そう言ってムギ先輩が取り出したのは、可愛らしい花柄のトランプ。
407 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/29(土) 17:55:13.93 ID:hRY/T06g0
紬「今から皆にはポーカーをしてもらいます」

憂「ポーカーですか……」

紬「人数が多いので、一人二順までよ」

 カード交換のチャンスは二回きりということだ。
 最初のカードの運に左右されると言っていい。

紬「最下位の人は、笑い数+3のペナルティに処されるから、がんばってね」

律「もはや笑ってはいけないとか関係ないな」

紬「では、配ります」

 ムギ先輩の手により、各自に五枚ずつのカードが配られる。
 当然伏せたままなので、相手のカードは見ることができない。