※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

284 :まとめないで>< ◆/BV3adiQ.o :2009/08/30(日) 07:39:09.55 ID:AHe+XCFY0
唯「こんにちは」

梓「こんにちは」

唯「今日もいい天気ですね」

梓「そうですね」

唯「こんな日はお昼寝をしたくなりませんか?」

梓「そうですか?」

唯「そうです」

梓「……あぁ、それでずっと私の膝を見ていたのですか」

唯「おぉ、ついに私の思いが伝わったのですね」

梓「それは違います」


285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/30(日) 07:44:01.89 ID:AHe+XCFY0
唯「どうしてですか」

梓「そんなにじぃっと見られれば誰だって気付くでしょう」

唯「そうですか」

梓「はい」

唯「まぁそんなことはどうでもいいのです」

梓「あなたはいつもそうやってごまかしますね」

唯「それほどでもありませんよ」

梓「ほめてませんよ」

唯「これは失礼」


286 :いややっぱりこれはどうでもいいか:2009/08/30(日) 07:47:03.10 ID:AHe+XCFY0
梓「大体、どうして毎日毎日私に会いに来るのですか」

唯「決まってるじゃないですか」

梓「?」

唯「あなたとのフラグを立てる為ですよ」

梓「不可能ですから諦めて下さい」

唯「なんですと」


287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/30(日) 07:52:59.68 ID:AHe+XCFY0
梓「どう考えても無理でしょう」

唯「そんなことはありませんよ」

梓「そもそも私は同性愛者ではありませんし」

唯「私だってそうですよ」

梓「何を言っているのですか」

唯「?」

梓「あなたは私のことが好きなのでしょう」

唯「そうですよ」

梓「人はそれを同性愛者と呼ぶのです」

唯「私は同性愛者ではありません」

梓「?」

唯「私は、あなたが好きなのです」


288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/30(日) 07:55:08.01 ID:AHe+XCFY0
唯「と、ここまで書いて単発の口調だということに気付きました」

梓「なんということでしょう」

唯「需要も無さそうですし、もうおしまいということで」

梓「そうしましょう」

唯「お疲れさまでした」