※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

451 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/30(日) 19:19:34.10 ID:wi+l5E2b0
【デキモノ】

「いてて…」
「どうした、律?」

突然、ドラムが止まり、4人は律を見た。
律はおしりの辺りを撫でていた。

「ちょっと、デキモノが…」
「で、できもの?」
「ほ、ほら、ドラムってずっと座ってるじゃん。よく出来るんだ…」

そう言いながら律は立ちあがった。とても痛そうである。

「なるほどぉ」
「こら唯。妙に納得するな」

澪が感心しすぎた顔をしている唯をたしなめる。





453 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/30(日) 19:26:15.77 ID:wi+l5E2b0
「なぁ、澪」

少し恥ずかしそうな顔をしながら、律が澪に言う。

「ちょっと…一緒にトイレ来てくれない?」

思わず澪は当惑する。

「え……」
「ダメ?」
「…別にいいけど」
「ありがとっ!」

律は澪に軽く礼を言うと、痛そうにドアまで歩いて行く。




455 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/30(日) 19:29:44.04 ID:wi+l5E2b0
それを追って澪もドアまで歩いて行く。

澪が

「じゃ、みんな個人練習しててくれ」

と言って、2人は音楽室から出た。
ほどなく、2人は一番近いトイレに入った。

「で、どうしろっていうんだ?」

澪は鏡の前で腕を組みながら、怪訝な顔をして言った。

「えっと…」

突然、律がスカートを脱ぎ始めた。



456 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/30(日) 19:33:55.35 ID:wi+l5E2b0
「ちょ、律!」

澪の短い叫び声も聞こえないのか、律は下半身を露わにした。
そして、尻を澪に向けた。

「どうなってる?澪」

律の尻は綺麗な色白だった。
すらっとした流線型で、例えるなら、桃のようであった。
そして、その尻の右側に、ポツンと赤いデキモノができていた。

「綺麗だな…」

思わず澪は見とれてしまった。


457 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/30(日) 19:36:58.01 ID:wi+l5E2b0
「なぁ、ここどうなってる?」

律が手探りでデキモノのある辺りを触りながら澪に尋ねる。

「どうって…はれてるぞ」
「そっか」

しばらく律はデキモノの辺りを指でつまんだりして、膿を出そうとしていた。

「うぅ、出ない…」

見かねた澪が律の尻に手を触れる。

「つまんでやるぞ。ほら」

澪はそれなりの力でデキモノをつまんだ。





459 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/30(日) 19:39:35.80 ID:wi+l5E2b0
「はひっ!いたいっ!」
「だ、大丈夫か?」

律が突然叫んだので、澪は驚いてしまった。
残念ながら、膿は出ていない。

「いやっ、大丈夫だから、ほら、もっとつまんで」
「よしっ」

律の声に後押しされ、澪はさらなる力でデキモノをつまんだ。

「いでででーっつ!!」
「あ、もう少し!もう少しだぞ!」

澪は律を励ましながら、デキモノをつまみつづけた。



460 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/30(日) 19:42:26.30 ID:wi+l5E2b0
ピチュと音がして、デキモノの先から膿が出た。
だがホッとしたのか、律はぐったりしてしまった。

「はうぅ~痛かったぁ」
「よかったな、出たぞ」
「ありがと、みぉ~」

だが、このまま傷をほおっておいてもよくないだろう。
そう思った澪は律の尻に口を近づけた。

「み、澪っ!?」
「動かないで」

澪は律の尻にそっと口づけをした。


461 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/30(日) 19:45:56.04 ID:wi+l5E2b0
傷口をすこし舐めると、そっと口を離した。
そして、蛇口を捻り、口を洗った。

「ふぅ…どうだ、すこしは楽になったか?」
「うん…」

律は少し顔を赤らめている。

「じゃ、練習行くぞ。ほら、スカートはいて」

律は気付いたように慌ててスカートをはいた。

「律。このことは、みんなにはヒミツだからな」
「うんっ」

2人はトイレを出て行った。

Fin