※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

438 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/08/30(日) 17:59:05.09 ID:gn4F95/CO
古びた家に近所の住人が集まって、この家の住人の噂話をしている。
「この家の人はなんで出てこないのかしら?」
「っていうか、人の気配しないわよねえ、この家。」
「もしかしたら幽霊屋敷かもよ?」
「嫌だ、やめてよ。そういうの苦手なんだから。」
すると、玄関の扉が開き、その家の住人が出てくる。
深々とニット帽を被り、サングラスにマスク、マフラーに手袋までつけた、異様な格好で。
「で、出たわ!お化け太郎よ!」
突然住人が出てきたので、集まった人々が騒ぎ出す。
そこに、ツインテールの小柄な少女が現れ、騒ぐ人々に怒鳴りつける。
「あの人はお化けなんかじゃありません!用がないなら帰って下さい!」
「用ならあるわよ。」
群集の中の1人が、少女に言う。
「この家から変な臭いがするのよ。それが気になってこんなに人が集まってるのよ。ゴミでも溜め込んでるんじゃないの?」
「…分かりました。私から良く言い聞かせておきますから、皆さんは帰って下さい!」
440 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/08/30(日) 18:21:13.69 ID:gn4F95/CO
人々が家から離れた後、少女は住人に話しかけた。
「もう、またそんな格好して!そんなだからお化けなんて言われるんですよ?」
「仕方ないじゃない。『この世アレルギー』なんだから。梓も私なんかに構わなくていいよ。」
「そうはいきません!そんな病気、いい加減治さなきゃダメですよ!それに、家の掃除もしないと。」
そう言うと少女-梓-は家の中に入っていく。

数時間後

家の中は、まるで新築かと思えるほどに綺麗になっていた。
「はい、お掃除完了です!じゃあ、私はゴミ捨てに行ってきますね。」
「…構わなくていいって言ってるのに。」
『この世アレルギー』対策グッズを無理矢理取られたた住人は、膨れっ面で梓に愚痴る。
「はいはい、唯さんは早くお風呂入って下さいね。」
梓に背中を押され、渋々お風呂へと向かう住人-唯-。
446 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/08/30(日) 19:02:46.89 ID:gn4F95/CO
膨れっ面でお風呂に入り、1人愚痴る唯。
「もう、梓ったら…なんであんなに私に構うんだろ?いいって言ってるのに。」
「よっぽど唯が好きなんだよ。いいお嫁さんになってくれるよ、梓ちゃんは。」
お風呂に入って来たコウモリが唯に話しかける。
「もう、憂ったら…。からかわないでよ。」

定食屋

「焼き魚定食!」
カチューシャでオデコ全開な少女が大声で注文する。
数分後、少女の前に焼き魚定食が運ばれてくる。
「んふふ~♪そんじゃ、いっただっき…。」
突然、机の下から割箸が伸び、焼き魚が奪われる。
「ああー!あたしの焼き魚!」
焼き魚を奪った唯(無論この世アレルギー対策装備)は、急いでその場から離れる。
が、すぐにカチューシャ少女に追いつかれる。
「あたしの焼き魚返せ!大事な昼食のメインなんだよ!」
454 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/08/30(日) 19:28:17.76 ID:gn4F95/CO
定食屋に連れ戻された唯。
「なんであたしの焼き魚取ったんだ?」
「ニスの材料にしようと思って…。」
焼き魚がニスの材料になるか!と突っ込みたい気持ちを抑え、会った時から気になっていた事を聞いた。
「ていうかその格好なんなんだよ。マスクとサングラス取れよ。」
「嫌です。『この世アレルギー』ですから。」
「はあ?なんだそりゃ…。」
『この世アレルギー』という耳慣れない言葉を聞き、呆れてしまうカチューシャ少女。
「この世のあらゆるものに対して拒絶反応が起こるんです。だから、取れません。」
「本当かあ?それ!」
そう言うとカチューシャ少女は唯のマスクとサングラスを取る。
「なんだよ、何ともねーじゃん。てか、結構可愛い顔してんのな。隠してたらもったいねーよ。」
464 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/08/30(日) 19:52:13.48 ID:gn4F95/CO
とりあえず許してもらえた唯は、一旦家に帰る事にした。
その時。
家に飾られたバイオリンがひとりでに鳴り響く。
その音を聴いた唯は、どこへともなく走り出した。
同じ頃、カチューシャ少女の元に連絡が入る。
『りっちゃん!ファンガイアが出たわ!』
カチューシャ少女-律-は現場へと向かった。

町外れ

女性がステンドグラスのように輝く怪物-ファンガイア-に襲われていた。
ファンガイアは、女性からライフエナジーを吸い出そうと牙を剥く。
そこに現れた唯によって、女性は間一髪救われ、一目散に逃げていく。
「行くよ、憂!」
飛び寄ってきた憂を掴む唯。
「キバって行くよ!ガブッ!」
憂は唯の手に噛みつく。
すると、唯の顔には奇妙な模様が浮かび上がり、腰には鎖が巻きつき、それがベルトになる。
「変身!」
叫びながら憂をバックル部分にセットする唯。
その体がガラスのようになり、姿が変化する。
466 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/08/30(日) 20:17:10.53 ID:gn4F95/CO
ファンガイアと対峙する唯。
その姿は、コウモリを模した顔に、見るからに強固な鎧を身に纏っている。
右脚には、何かを封印するかのように鎖で固定された足甲がある。
「とりゃ!」
唯はファンガイアに攻撃を仕掛ける。
圧倒的な攻撃に怯むファンガイア。
「てーい!」
唯はファンガイアを吹き飛ばし、ベルトから不思議なホイッスル-フエッスル-を取り出し、憂にくわえさせる。
「ウェイク・アーップ!」ピーロピロピロピー
フエッスルの音に呼応するように、足甲の鎖が解き放たれる。
それと同時に、辺りが夜の闇に包まれる。
コウモリの翼のように広がった足甲を掲げ、空に飛び上がる唯。
そしてファンガイアを右脚で蹴り倒す。
足下に、コウモリを模した紋章が現れた。
その直後、ファンガイアが輝き、ガラスが割れるように爆散した。
468 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/08/30(日) 20:24:37.71 ID:gn4F95/CO
戦闘を終えて、改めて帰路につく唯。
その時、背後に誰かの気配を感じ取る。
そこにいるのは、ファンガイア出現の報を受けた律だった。
「キバ!覚悟!」
律は、唯に向けて発砲する。
その弾丸は、真っ直ぐに唯を捉えて…!



続くかどうかは気分次第