※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

685 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/31(月) 18:35:07.58 ID:x4VPQ9rn0
【踏切】

その日私はいつものように律と下校していた。
律のおちゃらけた話にいつものように突っ込む。
そんなことを幾度繰り返しただろうか。
気付けば私達は踏切の前に立っていた。
けたたましい音を立てながら少しづつ遮断機が降りてくる。
不気味に光る赤いランプ。
危険を表すには十分すぎる。
それは交互に点滅して私達の顔を照らした。

そしてあれは私達の目の前で起きた。

もう1週間も前の出来事が、鮮明に頭の中に蘇ってくる。



687 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/31(月) 18:40:12.61 ID:x4VPQ9rn0
向こうから、みすぼらしい中年の男性が遮断機を乗り越えてくるのが見えた。
それと同時に、鼓膜が破れそうなぐらい大きな音で、電車が警笛を鳴らした。

「澪っ!見るなっ!」

電車が通過する瞬間、律はとっさに私の目を塞いだ。
だから、男性がどうなったのかは見ていない。

次に私が見た光景は、電車が踏切上の中途半端な位置で止まっている様子だった。
男性は、見当たらなかった。




689 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/31(月) 18:42:58.27 ID:x4VPQ9rn0
「…世の中にはそういうこともあるんですねぇ」

ムギが珍しそうに私の話を聞いていた。
そう、私は唯にせがまれて1週間も前のことを思い出していたのだ。
なぜか手汗をかいていて、自分でも心地が悪かった。

「今の日本は1年間に3万人以上の人が自殺で亡くなる、異常な国なのよ」
「さ、さわちゃん先生っ」

唯がすっとんきょうな声を上げた。

なんだ。さわ子先生、いたのか。



692 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/31(月) 18:43:42.86 ID:x4VPQ9rn0
「それにしても、嫌だよな。通学路の途中で自殺なんて」
「じゃぁやっぱり…」

私は胸の内で気にかかっていたことを思わず律に聞いてしまった。

「まぁ、即死…だったらしいな」
「うっ…」

思わず吐き気が込み上げる。
私は口に手を当てた。

「だ、大丈夫ですか?澪先輩」

梓の心配は嬉しかったが、今はこの悪寒が消えるのを待つしかなかった。



693 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/31(月) 18:44:31.13 ID:x4VPQ9rn0
しばらく全員は沈黙していた。
私も程なく、気分が良くなってきた。

「ご、ごめんみんな。心配かけちゃって」
「大丈夫だよ澪。それよりごめんな。言わなきゃよかったか」
「いや、私から聞いたんだ。気にしなくていいよ、律」

さわ子が心配そうに私の顔を覗き込む。

「保健室、連れてこっか?」
「いや、大丈夫です。元気ですから」

私はさわ子に精一杯の笑顔を見せた。
私はなんだか自分にイライラした。


694 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/31(月) 18:45:29.07 ID:x4VPQ9rn0
もう下校時間も迫っていたので、私達は暗い雰囲気の音楽室を後にした。

「ねぇねぇ、今日は5人で久しぶりに楽器屋さんに行こうよ!」
「そうだなっ!ほら澪、元気出して」

律に背中をたたかれ、思わず私はムキになってしまった。

「痛い!元気だって言ってるだろ!だから叩くな!」

律があっけに取られ、口をぽかんと開けて私の顔を見つめる。
ほどなく、その顔は下を向いてしまった。

「ごめん…」

私はそのまま、律に声を掛けなかった。
他の3人も、黙ってしまった。




695 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/31(月) 18:46:09.58 ID:x4VPQ9rn0
駅前の楽器屋は、踏切を越えた少し先にある。
私達は無言のまま、踏切の前に立っていた。

けたたましい音を立てながら少しづつ遮断機が降りてくる。
不気味に光る赤いランプ。
危険を表すには十分すぎる。
それは交互に点滅して私達の顔を照らした。

突然、電車の警笛が聞こえた。

「あああああああああああ!!!!!!」

律が叫び声を上げながら、踏切の中へと走り出した。
両耳に手を当て、ただただ叫んでいた。

電車が来た。

そして、律は消えた。

Fin