※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

874 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/01(火) 15:04:39.17 ID:QCgllmPG0
はあ……
またやってしまった。これで何度目だろうか
些細な事で律と喧嘩して、意地張って……
こんな自分が嫌になる
しかも風邪のせいか頭痛がして何も考えれない
いや、何も考えたくない
……とりあえず今日はもう寝ちゃ――

トットット

あれ、この足音は

「俺かー……?」

カチャ、とドアが開く

「超能力者かお前は!」


875 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/01(火) 15:10:35.72 ID:QCgllmPG0
やっぱり。
久しぶりに会ったというのにこのテンション
まさに男版律というか……

「元気ねーなー」

「ごめん、ちょっと風邪で頭が……」

「知ってるよ、だから来たんだろー?」

さぞかし律にでも聞いたんだろう
学校も休んじゃったし……

「で、どうしたんだ?」

「へ?」

「律だよ。律と何かあったんだろ?」

う。
超能力者は俺の方だ
……


876 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/01(火) 15:12:21.50 ID:QCgllmPG0
「……なにもないよ」

知られたくない。知られる訳にはいかない
知ったら絶対律と……

「澪がそんなに落ち込むのって律がらみしかないじゃん」

「ほら、お兄さんに話してみなさい!」

……俺は昔から律と仲がよかった。
一応私と律、俺は幼馴染みなんだけど……
私に入り込む隙間がないくらい二人は仲がよかった。そばから見たらカップルにしか見えなかった

……私は、俺にとってなんなんだろう


どうせ今日は律に頼まれて来たに違いない……
そう考えると何故か無性にに怒りが込み上げてきた

「何があったんだ?」

……

「……別に、何も」

「そんな訳――」

「何もないっ!!」


877 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/01(火) 15:14:11.02 ID:QCgllmPG0
「っ!」

自分でもびっくりした
柄にもなく声を張り上げて……

「……ごめん、とにかく俺には関係ないよ」

俺には関係ない。
俺にとって私はたぶん友達だから
私にとって俺は……

「……関係なくねえよ」

「関係ないよ」

「そんな訳ねえ!!」

体がビクッてしたのが自分でも分かった

こ、怖い。
こんなに怒った俺は今まで見たことなかった


878 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/01(火) 15:16:14.72 ID:QCgllmPG0
「……す、好きな女の子が友達と喧嘩したら心配するだろ! だから……」

「へ?」

「だから……俺は澪が好きだ!」

……

バタッ

「お、おい?! 澪」



「ん……」

頭がぼーっとする……
記憶が曖昧だ……なんで私は今寝てたんだっけ
確か俺が……

!!


879 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/01(火) 15:20:36.79 ID:QCgllmPG0
「お、起きたか?」

「――!!///」

お、思い出した
えと、確か俺がわ、私の事す、すすす……///
ど、どどうしよう
……というか律とつ、付き合ってるんじゃなかったのか……

「……すまん、嫌だったよな」

「いきなり告白して迷惑だったよな」

「あ、え、えと……」

違う
迷惑なんかじゃ……

声が出ない


880 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/01(火) 15:22:57.71 ID:QCgllmPG0
「っじゃ、じゃあ俺帰るな」

「! ま、待て!」

「えーとその……わ、私もその……俺の事が……」

「す、好き……かな」

うぅ……
は、恥ずかしい

「……みっ」

「澪ー!」

「う、うわあっ!?」

ガシッ

うわぁ……俺って暖かいなりぃ……
じゃなくて!

「わ、ばばか! 離れろっ!///」

「うーん、澪ー好きだぞー……」

「……///」


881 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/01(火) 15:24:46.25 ID:QCgllmPG0

律「という事が昨日あったんだよなー澪!」

唯「おおー! 澪ちゃんおめでとう!」

梓「澪先輩……おめでとうございます!」

澪「な、なな……///」

澪「り、律!! な、なんで知ってるんだ!」

律「ふっふっふ……実はむぎに頼んで盗聴器を仕掛けて貰ったのだ!」

紬「あらあら、うふふ」

澪「……泣きたい」

律「とりあえず、よかったな、澪! 愛しの俺と両思いになれて!!」

澪「うるさい! バカ律!!///」