※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

650 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/05(土) 22:11:50.99 ID:3pKb8U1nO
律「なんだろコレ…カードケース?」
ギュウウウン!
律「な、何?なんでベルトが…!」
ガチャ!…シャキーン!
律「ええ!?何だよこの格好!?…鏡に吸い込まれ…!」
怪物が跋扈する鏡の世界。
律の元に、赤い龍が舞い降りる。
律「あいつ、あたしを食う気か?やべえ、武器になるものなんかねえのかよ?…そうだ!カード!」
律はカードケースからカードを取り出す。
律「やり!これをこいつに入れるんだよな?」
律は左腕に付いた機械-バイザー-にカードを装填する。
『ソードベント』
空から一振りの剣が振ってくる。
律「だりゃあー!」
カキン、と乾いた音を立てて、あっさり剣が折れる。
律「剣が折れたー!」


656 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/05(土) 22:54:47.36 ID:3pKb8U1nO
律「もうだめだー!」
その時、律に似た格好の女?が現れる。
女?「どいてろ。」
『アドベント』
その女?がカードを剣の柄に装填すると、巨大な蝙蝠が現れる。
蝙蝠と共に赤い龍を追い詰めていく。
女?と蝙蝠の攻撃に、龍はたまらず逃げていく。
女?「逃がしたか、まあいい。…お前も早く出ろよ。」
律「出るってどうやって!?」
女?「来た場所は分かるな?そこから出るんだよ。」
女?は去っていった。
律「え~と元来たとこ元来たとこ…あった!」
律は鏡をくぐる。
律「帰ってこれた!…でも、何だったんだろ、あれ。」

翌日

音楽室で、昨日あった出来事をメンバー達に話した。
紬「あらあら、それは大変だったわねえ。」
律「ほんと、一時はどうなる事かと思ったぜ。」
唯「ねえねえ、助けてくれた人って誰だったの?」
律「分かんねーよ。顔見えなかったし。」
澪「今度あったらちゃんとお礼言うんだぞ?」
そう言う澪のポケットには、蝙蝠のような紋章があしらわれたカードケースが入っていた。



続くだろうか