※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

767 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/06(日) 17:05:16.22 ID:H2LzImTKO
澪「なあムギ、何で私は縛られてるんだ……?」

紬「りっちゃんに頼まれたのよ」

澪「律が!?どうして律がそんなことを」

紬「りっちゃんに好きな人ができたそうよ。だけどその人は澪ちゃんが好き。だからその人が澪ちゃんの方を向かないようにして欲しいんですって」

澪「そんな……律……嘘だろ……」」

紬「駄目じゃない。りっちゃんは数少ない友達なんだから大事にしてあげないと」

澪「ムギ、律と話しをさせてくれ。頼む!!」

紬「りっちゃんはもう澪ちゃんとは話したくないそうよ」

澪「そんな……」

紬「さあ始めましょう」


768 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/06(日) 17:06:09.02 ID:H2LzImTKO
澪「な、何をする気だ!?」

紬「澪ちゃんが二度と立ち直れないようにするのよ。恥ずかしい姿を流出させたり澪ちゃんの心を折ったりしてね」

紬「というわけで下を脱がしま~す♪」

澪「こらっ!やめろ!」バキッ

紬「ぐっ!足癖が悪いわね。ひどいなー澪ちゃん」

澪「ご、ごめん。でもムギが……」

紬「お仕置きしないとね。唯ちゃん、あずにゃん」

唯「は~い」


769 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/06(日) 17:06:50.48 ID:H2LzImTKO
梓「にゃ、にゃ~」

澪「唯……梓!?何で裸なんだ!?」

紬「梓ちゃんは五月蠅くて仕方なかったから、お仕置きして猫になってもらったの」

唯「猫に服はいらないでしょ♪」

澪「ひどい……」

紬「唯ちゃん、乱暴な澪ちゃんにお仕置きしてあげて」

唯「りょ~か~い」

唯「行け!あずにゃん!澪ちゃんのムカツクおっぱいに噛みついてこい!」

梓「…………」


770 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/06(日) 17:07:55.06 ID:H2LzImTKO
唯「またお仕置きされたいの?」

梓「わ、分かりました……」

唯「猫は分かりましたなんて言わないよ」バキッ

梓「うぐっ……にゃー……」

紬「おっぱいを開けておいたわ」

唯「ありがとうムギちゃん。行けあずにゃん!」

梓「にゃー……」


772 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/06(日) 17:08:57.62 ID:H2LzImTKO
澪「梓……来ないで……」

梓「……失礼します」カプッ

澪「あっ……」

唯「あ~ずにゃ~んもっと強く~血が出るくらい噛んでよ~」

梓「…………」ガブッ

澪「痛い痛い!!やめて梓!!」

唯「あははそれでいいんだよあずにゃん」

梓「……グスッ」


773 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/06(日) 17:09:44.87 ID:H2LzImTKO
紬「澪ちゃん、もう暴れないって約束できる?」

澪「できるっ!できるからやめさせて!!」

紬「分かったわ。あずにゃん御苦労様」

梓「グスッ……ヒック……」

唯「よしよし。あずにゃんえらいえらい」

紬「今度逆らったらあずにゃんにもお仕置きするわね♪」

梓「ひっ!」

澪「分かった……もう暴れないよ……」




775 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/06(日) 17:10:40.33 ID:H2LzImTKO
紬「澪ちゃ~ん脱ぎ脱ぎしましょうね~」

澪「うう……///」

紬「次は足を開いてお股をよく見せてね♪」

澪「くっ……」

紬「まあ綺麗な色ね。花瓶にぴったりだわ」

澪「はっ?花瓶?」

紬「唯ちゃん、お花を持ってきて」


777 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/06(日) 17:12:27.57 ID:H2LzImTKO
澪「花瓶って一体……?」

紬「澪ちゃんのアソコにお花を生けるのよ♪」

澪「えっ!?ちょっと待ってそんな……」

紬「逆らうの?あずにゃ~ん」

梓「ひいっ……」

澪「逆らわない!逆らわないから!!」

紬「もう。澪ちゃんは言うことがコロコロ変わって面倒ね」

唯「持ってきたよ~」


779 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/06(日) 17:13:24.46 ID:H2LzImTKO
紬「御苦労様唯ちゃん。早速澪ちゃんのアソコに生けてちょうだい」

唯「は~い」

澪「ちょっ!唯!」

紬「あ」

ズブッ

澪「痛ああああああ!!!!」

紬「もう唯ちゃんったら。一気に生けすぎよ。花瓶が真っ赤になったじゃない」

唯「てへへごめ~ん」

紬「まあいいわ。花瓶澪ちゃんの姿を撮影しましょう」

澪「やめて……撮らないで……」


781 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/06(日) 17:15:48.89 ID:f0qgu8uC0
紬「そろそろゲストさん達に入ってきてもらおうかしら」

澪「ゲスト……?」

紬「ゲスト御一行様入ってきて下さい」

男達「失礼します」

澪「お、男の人!?」

紬「澪ちゃんの素敵な姿を見せるために集まっていただいたの♪」



783 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/06(日) 17:16:42.57 ID:f0qgu8uC0
紬「写真撮影もビデオ撮影も自由ですよ~」

男A「うひょ~可愛い」パシャパシャ

男B「●REC」

男C「黒髪巨乳」パシャパシャ

澪「やめて……恥ずかしい……グスッ」

男D「フヒヒ……泣き顔も可愛い」

男E「も、もう我慢できねえ」シコシコ



785 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/06(日) 17:17:29.40 ID:f0qgu8uC0
澪「!?こ、この人何でちん……をしごいてるの!?」

男F「お、俺も」シコシコ

男G「ハァハァ」シコシコ

紬「ぶっかけもご自由にどうぞ~」

澪「ぶっけけって、ちょっとムギ!!」

男達「うっ……」

ドピュッ

澪「きゃああああ」



786 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/06(日) 17:18:23.29 ID:f0qgu8uC0
澪「いやあ……何これ……白くて……臭くて……ネバネバ……」

男D「フヒヒ……精液だよ」

紬「まあ、澪ちゃん綺麗」

澪「もうやだ……グスッ……撮らないでぇ……」

男H「もう限界だ……」

男F「俺もだ……」

男E「やらせろ!!」

澪「えっ、いやああ!!」



787 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/06(日) 17:18:33.59 ID:H2LzImTKO
紬「皆さん我慢弱いのね」

唯「あずにゃんも犯されてきなさい」

梓「ひっ……にゃぁ……」

紬「澪ちゃ~ん、あずにゃ~ん、撮影はバッチリしておくわね~♪」



終わり