※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

119 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/07(月) 17:31:35.23 ID:hu4Pq/pMO
ぽけもん!



ポケットモンスター…略してポケモン
この物語は伝説のポケモンマスターを目指す五人の少女たちの物語である…!

ーマサラタウンー

律「澪~」タッタッ

澪「律?」

律「今から草むら行こうぜ!」ワクワク

澪「えぇ~危ないからやめようよ…明日ポケモン貰えるしいいだろ」

律「ちぇ~つまんないの!…あー、でも待ち遠しいよなぁ!」

澪「そういや私たち以外にも一緒に旅立つトレーナーがいるらしいな」

律「マジで!?じゃあ早起きしなきゃ!明日七時集合な!」タタタッ

澪「えっ?お、おい!…行っちゃった…まぁいいか」スタスタ
122 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/07(月) 17:38:53.79 ID:hu4Pq/pMO
律「よくじつ!!」



澪「ふぁ…おはよう律…って何だその目の下のクマ」

律「へへ…興奮しすぎて眠れなかったんだ…」

澪「まったく…オーキド博士の研究所行くぞ」スタスタ

律「ああ!澪しゃん待って!ゆっくり行かせてください!」

澪「早起きさせたのはどこのどいつだ?」ニヤニヤ

律「わかった行きます」スタスタ

ーオーキド研究所ー

澪「…ここか」

律「わぁ…でっけえ」

澪「しっかし誰もいないな…やっぱり早すぎたんじゃないか?」

律「そ、そんなことないって!ほら入るぞ!早く!」ガチャッ
123 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/07(月) 17:46:10.18 ID:hu4Pq/pMO
律「たのもーーーーっ!!!!」

澪「わっわっ、朝早いんだからでかい声出すな!近所迷惑だろ!」ガシッ

律「ふが、もごもご!」

オーキド「ふぁ…何じゃ騒々しいのう…何をしに来たんじゃ?」

律「何って、ポケモンを貰いに来たんだよ!」

澪「あ、私たち今日貰う予定で…トレーナーカードも発行してくれるんですよね?」

オーキド「…おおそうか、お前たちが今日からトレーナーになるんじゃったな!」

律「ああ、そうだぜ!なっなっ、早くポケモンくれよ!今すぐにでも旅に出たいんだよ!」

澪「律…とりあえず落ち着け、な?」ゴゴゴ

律「ハイ、ワカリマシタ…」ガクガク
125 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/07(月) 17:58:15.23 ID:hu4Pq/pMO
オーキド「…で、お前たちにやるポケモンじゃが…この三匹から一匹選べ」

律「おお…トカゲとカメと…カエル…?」

オーキド「それぞれヒトカゲ、ゼニガメ、フシギダネという名前があるのじゃ」

律「へぇ…なぁ澪!私から先に選んでいいよな?な?」

澪「うん、いいよ」

律「よーし!じゃあヒトカゲ、君に決めた!」

オーキド「ほっほう、ヒトカゲにするのか!そいつはなかなかいいポケモンじゃ、大事にするんじゃぞ!」

澪「じゃあ私は…ゼニガメにするか」

オーキド「ほっほう、ゼニガメにするのか!そいつは(ry」

律「よし、澪!さっそく勝負しようぜ!」

澪「ええ?やだなぁ…私のカメちゃんが死んだらどうしてくれるんだよ」

律「大丈夫大丈夫!…たぶん」
134 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/07(月) 18:25:33.15 ID:hu4Pq/pMO
澪「ちょ、たぶんて何
テケテケテケッテーン
ライバル の りつ が しょうぶを しかけてきた!
澪「ま、待て
律「問答無用!!」
りつ は ヒトカゲを くりだした!
ゆけっ! カメちゃん!

オーキド「やれやれ…仕方のない奴じゃ…澪!まずは戦い方を覚えると思ってやってみなさい!」

澪「そ、そんなこと言われたって…か、からにこもる!!」

律「ヒトカゲ!ひっかく!」

ヒトカゲ の ひっかく!
きゅうしょに あたった!
カメちゃん の からにこもる!
カメちゃん の ぼうぎょ が あがった!

律「何だ、遅いな澪のモンスターって…」

澪「う、うるさい!」

オーキド「澪!守ってばかりでは勝てんぞ!攻撃もするんじゃ!」

澪「そ、そんなこと言われても…えーい、体当たり!」
146 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/07(月) 19:38:47.18 ID:hu4Pq/pMO
ヒトカゲ の ひっかく!
カメちゃん「カ…カメェ…」クラッ

澪「カ、カメちゃん!?…くっ!がんばれ!がんばれ!」

カメちゃん の たいあたり!
こうげきは はずれた!

律「いけぇ!とどめだっ!」

ヒトカゲ の ひっかく!
きゅうしょに あたった!
カメちゃん は たおれた!

澪「うわあああん!カメちゃああん!」

律「み、澪落ち着け!気絶してるだけだから!なっ?」

澪「…え?あ、本当だ…でもさすがにひどいぞ律!」

律「ま、まぁまぁ悪かったってば…
ピンポーン
お?」

オーキド「む?誰じゃいったい…」

紬「こんにちは、ポケモンを貰いに来ました!」
148 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/09/07(月) 19:59:41.68 ID:hu4Pq/pMO
オーキド「ん?…おお、紬か!元気じゃったか?」

律「誰?まさか…博士の隠し子?」

澪「いや、それはさすがにないだろ?」

オーキド「ああ、わしの孫娘の紬じゃよ。…で、ポケモンが欲しいんだって?ならこいつを持って行きなさい」

紬「わぁ、ありがとうございます!かわいいわねこの子…なんて名前なの?」

澪「フシギダネって言うんだよー」

紬「へぇ、そうなんですか…あなたは?」

澪「私は澪、ゼニガメのトレーナーなんだ!よろしくな!」

律「んで、私がヒトカゲのトレーナー、律だ!気安くりっちゃんって呼んでくれてもいいぞ!」

紬「ふふ、面白い人たちねぇ」クスクス

律「へへ…さてと、私はそろそろ旅立ってくるわ。また会ったらよろしくな、ムギ!」スタスタ

澪「お、おい待てよ律!私も行く~!」タタタッ



律澪旅立ち編END