※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

311 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/09/08(火) 17:13:11.38 ID:+MG46Btp0
【ぽかん】



「のぉ~どかちゃんっ」

唯が両手を広げながら近づいてきた。
まただ、と思った瞬間、私は唯の腕の中にいた。

「く、苦しいよっ、唯」

私は唯の腕の中で精一杯の抵抗を試みる。
だが、唯は聞いてくれそうもない。

仕方ないか、いつものことだし。


313 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/09/08(火) 17:15:15.18 ID:+MG46Btp0
だけど、さすがに息が出来なくなってきた。
薄れゆく意識の中で私は軽く生命の危機を感じ、少し荒げた。

「唯、苦しいって!」

力任せに唯の腕をふりほどいた。
はぁはぁ、と息を整えていると、ぽかんとした顔の唯が目に入ってきた。
私は何ともなしに唯に話しかけた。

「今のはちょっと苦しかったわよ。もうちょっとソフトに…」

私は途中で言葉を止めてしまった。
唯の視線が私の動きを止めた。



314 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/09/08(火) 17:17:23.68 ID:+MG46Btp0
「何…?唯」

唯は口は開けたままで、目は私を見続けていた。
なんだか少し寒気がして、私は唯の方に近づいてみた。

「ごめん、怒った?」
「…………」

それでも唯は無言で私を見続ける。
その瞳は無垢とでも言えばいいのだろうか。
全くもって透き通っていた。


315 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/09/08(火) 17:19:19.53 ID:+MG46Btp0
「ねぇ、唯ってば」

耐え切れなくなった私は、唯に抱きついた。
あぁ、私の方から唯に抱きつくなんて何年振りだろう。
自分から触れた、そのやわらかい腕に頬をすり付ける。

「許して…唯」

上目づかいで唯を見た。
だが、視線は正面を捕えていた。



316 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/09/08(火) 17:29:23.99 ID:+MG46Btp0
「何、見てるの…?」

私は唯の腕から離れないようにしながら、唯の視線の先を追った。
そして私は納得した。
そこには、息を飲むほど美しい、夕焼けが広がっていたのだ。
空にまばらに広がっている雲は、それぞれ違う色で夕焼けを情熱的に、かつ抒情的に表していた。
私もまた、ぽかんと口を開けてその夕焼けを見ていた。
ふと、唯が口を動かした。

「綺麗だね、のどかちゃん」

「そうだね、唯」

Fin