※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/06(土) 14:57:03.62 ID:R2TvS2UO0
律「ちょっと唯。見て見てこれ!」

唯「りっちゃんそれなーに?」

律「聞いて驚け!これは澪が夜な夜な綴っている日記帳だー!」

唯「へえ~、さっすが澪ちゃん。まめだね~。私だったら絶対続かないよ」
271 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/06(土) 15:03:17.95 ID:R2TvS2UO0
律「そうそう私も2日で…ってそっちかい!唯、アンタは内容気にならないの?」

唯「え?勝手に見ちゃ悪いよ~。そもそもその日記帳どうしたの?」

律「なんで唯はこう中途半端に真面目なところがあるのかねえ…」

唯「また澪ちゃんに黙って持ち出したんでしょ」

律「まあそんなのとこ。実はまだ私も見てないんだ~。一緒に読もうよ~」

唯「うーん…いいのかなぁ…」(でもちょっと気になるかも)

律「いいっていいって!澪がムギと部屋を出てる今こそ絶好のチャンスじゃん!」
277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/06(土) 15:18:46.67 ID:R2TvS2UO0
唯「そ、そうだよね!バレなかったら大丈夫だよねっ V」

律「うんうん!全然問題無いって!」(フッ…落ちたな…)

唯「じゃありっちゃん…どうぞ!1ページ目をお開き下さい!!」

律「任されよ! そりゃ! ……え~、なになに……」


4月25日
軽音部の結成を記念して今日から日記をつけていこうと思う。
まだギターが決まってないけど…早く軽音部に救世主が現れてくれることを祈ろう。
私は文芸部に入ろうと思っていたけど…まあ律もいるしムギはいい人そうだし…
大丈夫だよね?

律「な、なんていうか…すっごい普通だな…」

唯「うん、普通だね」

律「とりあえず2日目を読もうか…」

唯「そうだね…」
281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/06(土) 15:28:51.73 ID:R2TvS2UO0
4月26日
今日は土曜日なので学校は休み!宿題も昨日の夜に終わらせたし練習に専念できた。
そして今日は待ちに待った今月録り溜めていたドラえもんを今日一気に見る日!
これなくして月末は語れないと言っても過言ではないだろう。
やっぱりドラえもんはいつ見ても面白い。来月が待ち遠しい限りだ。


唯「あはは、澪ちゃんってドラえもん好きだったんだね~」

律「いや…私も今知ったよ…イメージ通りっちゃあイメージ通りだけど」

唯「しかも結構熱入ってるみたいだし」

律「ていうか軽音部関係の話題がメインなのか」
287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/06(土) 15:41:52.51 ID:R2TvS2UO0
唯「もうちょっと見てみないとわかんないね」

律「だな~。さて次だ…」


 4月27日
1週間前から練習している海援隊の『少年期』がほぼ完成した。
やはり宇宙小戦争は名作と言えるだろう。とにかく面白い!
少年期は武田鉄矢さんが提供した長編映画の楽曲の中でも特に好きだ。
これを披露する機会が無いのは少し残念な気もする…

律「海援隊!」

唯「またドラえもんだ!」

律「私が睨んだ通りこの日記は澪の隠れた何かが垣間見れるに違いない!」

唯「やっぱりまだ見るんだよね?」

律「そりゃそうでしょ!」
290 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/06(土) 15:56:57.57 ID:R2TvS2UO0
 4月28日
今日は三人で音合わせをしてみた。出来はなかなかだった。
でもギターがいないとやっぱり締まらないな。
というよりもまず私には最近思い始めたことがある。
音楽において、みんなとの方向性の違いだ。
この先やっていけるか少し心配になってきた…

唯「澪ちゃん……」

律「ま、まあ私は海援隊聞かないしな…」

唯「ってことは今も澪ちゃんは…」

律「え?そんな風には見えないけど……あ…ふわふわタイム……」
292 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/06(土) 16:03:01.71 ID:R2TvS2UO0
唯「澪ちゃんらしくて可愛い歌詞だよね~」

律「え?ああ、うん。」(こ、これは私達に対するアンチテーゼだったのか!)

唯「あ、そういえばりっちゃんだけなんか不満そうじゃなかったっけ?」

律「あはは…バレた~?」(キャラ作りの為に造反した教師が約一名いた気もするけど)

律「それよりまあ先にすすもうぜ~」
299 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/06(土) 16:17:00.41 ID:R2TvS2UO0
 4月29日
今日からまた学校が始まった。勉強が全体的に少し難しくなってきた。
軽音部はそろそろ進入部員が入ってくれないと不味いな。
ムギみたいに入ってくれる人がいるといいんだけど…
また律が捏造しようとしたら止めずにそれに乗ろうと思う。
私との音楽性が合う人がいいんだけど…恐い人意外で。


律「アンタが一番凶暴だっつーの」

唯「そんなこといっちゃ悪いよ~」(ほとんどりっちゃんが原因な気がするけど…)

律「まあでも唯は一番澪と音楽の方向性が一致してるんじゃないの?」

唯「え?私が?」

律「ふわふわタイム的に…」

唯「みんな気に入ってたじゃん。憂もいい曲だね~って言ってたよ」

律「憂ちゃんなら分かるよ」(ムギは何か別のものにとりつかれてたようだったけど…)
301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/06(土) 16:31:18.98 ID:R2TvS2UO0
律「唯入部後に飛びます!」

唯「そうだね。早くしないと帰ってきちゃうよ」

律「えーっと、とりあえずこの一ヶ月後には入ってたよね?」

唯「う~ん…あんまり覚えてないけど…たぶん…」

律「澪がいたら、『そういう大事な日は覚えておけ!』って怒られそうだな…」

唯「だね……」

 5月29日
今月のドラえもんはいつもよりもスネ夫が活躍する場面が多かったように思う。
個人的には彼の得意な道具であるコエカタマリンが出てくれれば100点だった。
何故スネ夫はコエカタマリンが得意なのかと言うと長くなるのでここでは割愛させてもらう。
今日の部活は楽しかった。ムギのシュークリームが特に最高だった。


唯「あれ~?私まだ入ってなかったっけ?」

律「いや…月末の土曜日はドラえもんデーみたいだから仕方ない…」

唯「学校休みだから練習いっぱいしてるはずなんだけどなぁ」

律「この頃はまだ練習するっていう感じじゃなかったような…」

唯「もしかして!もう少し遡った方がいいんじゃない?」

律「そうしよっか」
305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/06(土) 16:39:22.65 ID:R2TvS2UO0
唯「その前に…コエカタマリンが気になってしかたないんだけど」

律「そこ? 気にしたら負けだー」(澪、何故割愛したんだー)

唯「そんなこと言ってりっちゃんも気になって仕方ないんでしょ~?」

律「そ、そんなことないよ…」(コエカタマリンって何なんだー!)

唯「嘘だっ! 澪ちゃんに後から聞いてみよっか?」

律「バカッ!そんなことしたら日記見たって勘付かれるに決まってるでしょーが!」

唯「あ、ホントだ えへへ V」

律「もういいから5日戻るぞ~」
310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/06(土) 16:52:59.59 ID:R2TvS2UO0
 5月24日
唯が入部してからしばらく経ってだいぶ今の雰囲気にも慣れてきた。
なんとなくだけど唯とはうまくやっていけそうな気がする。
この4人で武道館公演を成功させて…ってまだそんなレベルじゃないか…
だけど頑張ろう!絶対に伝説の名曲『ドラえもん』を演奏するんだ…
唯なら分かってくれるはずだ!もしかしたら反対されるかも知れないけど。
譲歩してもスコット・マーフィーverだな……譲歩し過ぎじゃ無いよね?


唯「私の事が書いてあったよ!りっちゃん!!ねえ!りっちゃんってば!」

律「わーかったって。ていうかまたドラえもんが出てたな」

唯「よっぽど好きなんだね~」

律「ドラえもんの原曲を武道館でって正直どうなんだろ?」

唯「なんか新しくて良さそうだね。コペルニクス的発想の転換って感じで!」

律「意味分かってないだろ!」

唯「えへへ…バレたか!流石はりっちゃん隊員!」

律「そりゃど~も」(私も分かってないんだけどね)
312 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/06(土) 17:12:32.70 ID:R2TvS2UO0
コツコツ
律「…げ!ヤバい、澪達帰ってくる」

唯「りっちゃん急いで急いで!」

律「とりゃー……セーフ!」

ガチャ
澪「ただいま。律に唯ずいぶん慌ててどうしたんだ?」

律「い、いやな~んにもしてなかったよ~。 な? 唯?」

唯「うんうん、誰も澪ちゃんのにkk」
律「セーーーイ!!!」(ベタ過ぎる!)

澪「私がどうかしたのか?」

律「いや全然どうもしてない!それよりムギ今日は何か持ってきてくれた?」(私GJ!)

唯(ごめんりっちゃん…)

紬「ええ。今日はシフォンケーキを持ってきたの」

律「マジ?じゃあ紅茶はベーシックなアールグレイにでもしようかな!たまには私が淹れるよ!」

唯「あ、じゃあ私も手伝おうか!」

律「おうよ!じゃあ共に行こうではないか!はははははは」

澪「やっぱりなんかアヤシイな…あいつら…」
318 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/06(土) 17:31:09.03 ID:R2TvS2UO0
紬「…これ何かしら?私の鞄に見慣れない手帳の様なものが」

律(!!ま…間違えてムギのかばんにシュートしちゃった…)

澪「どれどれ…ってこれ私の日記じゃない…さては…」

唯(あとは任せたよ!りっちゃん隊員!! 私は逃げるねっ V)

澪「律!これはどういうことだ!?」

律「しーましェーン!!」



                               終わり
                               TBS

309 :こまけぇことは良い人 ◆2IQHFwnzsc :2009/06/06(土) 16:52:31.63 ID:he3LpsO9O
おおなんか盛り上がってるみたいだな
でもやっぱ結構過疎ってきてるね
コエカタマリンってなんだよ
311 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/06/06(土) 17:09:07.59 ID:WatKuwMwO
伝w説wのw名w曲w
たしかにわからんでもないが、そっちより♪あーたーまーてーかーてかー の方が名曲だと思うんだが

スネ夫のコエカタマリンはドラのゲームで奴だけ装備してて云々って感じだと思う…たぶん


313 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/06(土) 17:14:35.55 ID:R2TvS2UO0
 >>311
ナイス補足
スーファミのドラえもん4でスネ夫が装備した時だけ性能があがる

声が具現化するっていう秘密道具だ。使い道はよく分からん。


316 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/06/06(土) 17:27:33.06 ID:WatKuwMwO
 >>313
適当に言っただけなのに当たったwww

コエカタマリンは主に高いところのものをとったり、子供に日本語を教えるためとかに使われるとか
ドラちゃんが言ってたような言ってなかったような


317 :こまけぇことは良い人 ◆2IQHFwnzsc :2009/06/06(土) 17:28:23.58 ID:he3LpsO9O
 >>316
それに乗って移動するんじゃないの?

ワが乗りやすいんだろ


319 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/06(土) 17:32:22.32 ID:R2TvS2UO0
 >>317
そういえばスネ夫はワって言って攻撃してたわwwww


320 :こまけぇことは良い人 ◆2IQHFwnzsc :2009/06/06(土) 17:33:53.33 ID:he3LpsO9O
ちなみにのび太としずかはコエカタマリンで二人に重傷を負わせた


323 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/06(土) 17:39:57.15 ID:R2TvS2UO0
コエカタマリンは危ないんですな。

特にオチに定評が無いんだが
読んでくれた人はありがとう。

そうえいえば名無しのままでスマソ