※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このSSは『【けいおん!】唯×梓スレ 2』というスレに投下されたものです
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1247988782/l50

803 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 12:57:45 ID:cA+k0PI5

純「梓ってさぁ、唯先輩のこと好きなの?」

梓「え?な、なに言ってるの?」

純「だってよく先輩のこと話してるじゃん?ギター上手くなったとかいつも抱きついてくるとか」

梓「だ、だからって好きっていうのはおかしいでしょ!あり得ないから!」

梓(そうだよ、あり得ない、絶対…あり得ない…)

純「そっかー!よかったー」

梓「え?どういうこと?」

純「うん…実は最近、唯先輩結構いいなーって思ってるんだ」

梓「え…」

梓「かわいいし、一緒にいたら楽しそうだし!今度遊びに誘ってみようかなって」

梓「へぇ…」

純「梓は応援してくれるよね!?」

梓「うん…」

梓(なんだろう、このムカムカする気持ち…純にこんな気持ちになっちゃ、ダメ…)

唯「おーい!あずにゃーん!部室行こうよー!」

梓「先輩…」

純「あ!先輩!ちょっとお話があるんですけど!」

唯「なあに?純ちゃん」

梓(やめてよ。そんな風に話しかけないでよ。先輩も純にそんな笑顔向けないでよ…)
804 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 12:58:54 ID:cA+k0PI5
純「あの、唯先輩って、彼氏とかいるんですか?」

唯「え?いないけど」

梓(純はそういうこと、そんな簡単に聞くんだ。私はずっと聞けなかったのに)

純「じゃあ、その…私と今度デートしませんか?映画行ったり買い物したり!」

唯「デートかぁ…おもしろいかも!うん、いいよ!」

梓(OK…するんだ。そんな簡単に…やだよ…やめてよ…行くなんて言わないでよ…)

純「じゃあー、まずはこれからお茶でも飲みに行きません?」

唯「え、でも部活…」

純「一日くらい大丈夫ですよ!ねえ梓、大丈夫だよね!」

梓「…め」

純「え?」

梓「今日はだめ、だから…唯先輩、行きましょう」

唯「うえ?わ、ちょ」

純「ちょっと梓!なによもう…」

部室前の階段

唯「ちょっとあずにゃん、手痛いよ、離してよぉ」

梓「あ…ごめんなさい…」

唯「どうしたのあずにゃん?なんか泣きそうな顔してるよ?」

梓「唯先輩は、純のことどう思ってるんですか」

唯「え?そうだなあ、かわいい子だとは思うね!」

梓「そう、ですか。そうですよね、愛想いいし、色々流行りのこと知ってるし…」

唯「…あずにゃん?」
805 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/09/12(土) 13:00:09 ID:cA+k0PI5
唯「あずにゃん、泣いてるの?」

梓「な、泣いていません!邪魔してごめんなさい、純のとこに行ってください」

唯「…行かないよ」

梓「え…」

ギュッ

唯「今はあずにゃんと一緒にいたいから、行かない」

梓「せ…先輩…」

唯「ねえ、なんでそんな顔してるの?」

梓「わっ…私…先輩が、取られちゃうって思って…そしたら、なんか…うぇぇ…」

唯「よしよし、私はあずにゃんのこと大好きだよ?絶対離さないよ」

梓「グスっ…私も先輩のこと、大好きです。純や他の先輩や、憂にだって負けないくらい、大好き」

唯「ありがとうあずにゃん♪そうだお礼に…ちゅっ♪」

梓「っ…!な、ななな何を!?」

唯「えへへ、あずにゃんの唇って柔らかいね♪」

梓「あ、うう…初めて、だったのに…先輩のばか!」

唯「あう、ごめんねあずにゃん、怒ってる?」

梓「はい、怒ってます」

唯「ご、ごめん…許してー?」

梓「じゃあ…もう一回してください。そしたら許してあげます」

唯「んもー、あずにゃんたら欲張りなんだからー♪じゃあ、こっち向いて?」

梓「…はい」

梓(純、ごめん。嘘ついてた…私やっぱり唯先輩のこと、大好きだ)

チュッ…




すばらしい作品をありがとう