※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

67 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/13(日) 01:25:17.65 ID:PcmOQwJtO
放課後、音楽室

唯「あれ~?今日もいないの?」
掃除当番で遅れて来た唯が寂しそうに言う。
梓「最近、凪先輩来ませんよね…。」
澪「どうしたんだろうな?学校には来てるんだけど…。」
凪が軽音部に顔を出さなくなってから、もう3日が経った。
紬「きっと凪ちゃんが手伝わなきゃならない、何か大きな依頼が入ったのよ。」
律「ま、ともかく練習始めよーぜ!」
ムギの言うとおり、デカい仕事が入ったんだったらいいけどな…。
なんか、引っかかってるんだよなあ…。

翌日

あたしと澪は登校中、偶然にも凪を見かける。
澪「おはよう凪。」
凪「…お早う。」
こっちを見ずに返事をする凪。
律「最近部活来ねーな?仕事忙しくなったのか?」
凪「………。」
む、返事がない。
まあ、仕事の事は話す訳ないか。
特にあたしには。
72 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/13(日) 01:44:03.23 ID:PcmOQwJtO
律「たまには顔ぐらい出せよ?唯が寂しがってるからさ。」
凪「………。」
あり?
また返事がない。
澪「凪?」
凪「ごめん。考え事をしていたんだ。」
澪には即答してるし。
あたし、何か気に障るような事したか?

昼休み

あたしは弁当を食べ終わると、屋上へ向かった。
多分凪の事だから、また屋上でトランペット吹いてるだろう、と思って。
案の定、凪は屋上にいた。
あたしは凪に声をかける。
律「なんかお前がラッパ吹いてんの見るの、久しぶりだな。」
凪「………。」
凪は静かにトランペットをケースにしまう。
律「あのさ。部活来て…。」
凪「もう、出ないから。」
あたしの言葉を遮るように凪が言う。
律「えっ?それってどういう…。」
凪「部活には、もう出ない。そう言ったんだ。」
律「な、何でだよ?あたし、なんかしたか?」
凪「…じゃあ、そう言う事だから。」
それだけ言って、凪は屋上からいなくなった。
80 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/13(日) 02:14:45.51 ID:PcmOQwJtO
放課後、音楽室

律「凪…もう来ないってさ。」
みんなが集まった所で、昼間の出来事を話す。
唯「そんなあ、どうして?」
梓「仕事…ですよね?」
昨日より一層寂しそうな表情を浮かべる唯。
それにつられたのか、梓も不安げな表情で聞いてくる。
律「…訳は、言ってくれなかった。」
紬「そうなの…。」
澪「お前、なんか変な事言ったんじゃないのか?」
律「そんな事……!」
澪にそう言われて気付いた。
ひょっとして、あの時の…!

大瀧探偵事務所

ぼくは依頼調査の準備をしていた。
大瀧「最近、帰り早いねえ。部活はどうしたの?」
凪「暫く出られない、と言ってあります。」
…もう、顔を出すつもりも無いが。
大瀧「仕事を言い訳にして?」
凪「違いますよ…行ってきます。」
ぼくは調査に出掛ける。
…もう、いいんだ。
此以上、彼女達を巻き込む訳にはいかない。
だから、もう。
軽音部には、関わらない。
87 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/13(日) 02:36:02.90 ID:PcmOQwJtO
翌日

ぼくが教室に着くと、珍しく先に居る律が話し掛けてきた。
律「遅かったなー凪!あたしの勝ちだぜ!」
凪「………。」
律「…あのさ。」
律が急に真剣な眼差しをぼくに向ける。
律「こないだ言った事ならさ…もう二度とご免だってやつ。別に、凪が嫌になったとかじゃないからな?…言葉が悪かったよ。ごめん。」
別に、怒ってる訳じゃないさ。
ただ…もう、皆を巻き込みたくないんだ。
だから…。
凪「もう、ぼくに関わらないで。」
律「いや、ホント悪かったって!そんな怒んないでくれよ。それとも…もう、あたしの事…嫌いになった?」
凪「関わらないで!!」
…此でいいんだ。
ぼくから嫌っておけば、少しでも巻き込む確率を減らせる。
関わるな。
誰とも。
仲良くなんて、しちゃいけない。
99 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/13(日) 03:09:12.22 ID:PcmOQwJtO
放課後、音楽室

唯「よ~しみんな!次の曲練習しよー!」
唯は凪がいない寂しさを紛らわすように練習に打ち込む。
梓「えっ?休憩いいんですか?」
いつもなら一曲合わせが終わると休憩してたからな。
唯「あずにゃん!サボりは禁物だよ!」
澪「お前が言うか。…律?」
ボーっとしてるあたしに澪が気づく。
澪「どうしたんだよみんなして?唯はやけに張り切ってるし、律は妙に静かだし。」
律「…ごめん。」
澪「へっ!?いっいや、別に私は責めてる訳じゃ…。」
…何でだよ!
関わるなって…理由を教えてくれよ!
…訳分かんねーよ、凪…!
律「だーもう!」
澪「ひっ!ご、ごめ…。」
律「あ、わりい。別に怒った訳じゃねーからさ。」
考えてたってラチがあかねーし。
こうなったら意地でも凪を連れて来て、直接聞き出してやる!
287 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/13(日) 18:06:09.64 ID:PcmOQwJtO
うし、決めた。
律「あたしも、しばらく部活出るの止めるわ。」
澪「ちょっ!何言ってんだよ律!」
唯「そうだよ!りっちゃんまでいなくなるなんて…。」
律「その代わり!必ず凪を連れて来るから!それまで、待っててくれ!頼む!」
あたしは土下座した。
自分の決意が本物だって事を示すために。
紬「顔上げて、りっちゃん。」
梓「土下座なんて止めてくださいよ!そんなの…らしくないです。」
澪「全くもう…しょうがないな。一回言い出したら聞かないんだから。…必ず連れて来いよ?約束だからな?」
律「ああ、ありがとう!じゃあ、早速行ってくるぜ!」
あたしは音楽室を飛び出した。
目指すは大瀧探偵事務所だ。

大瀧探偵事務所

事務所にたどり着いたあたし。
律「たのもー!」
大瀧「おお、律君か。どうしたんだい?」
290 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/13(日) 18:22:07.66 ID:PcmOQwJtO
律「凪いますか?」
大瀧「悪いね~、ついさっき調査に出たとこなんだよ。」
入れ違いか。
大瀧さんにお礼を言って、凪を探しに街へ繰り出す。
…そういや、何の依頼受けたか聞いときゃよかったな。
まあ、守秘義務って言葉でかわされるだろうけど。
辺りが暗くなるまで捜したけど、結局見つからなかった。
その次の日も、そのまた次の日も入れ違いで、捜して…を繰り返して、結局見つからなかった。
途方に暮れそうになった時、あたしはある事を思い出す。

凪捜索3日目、桜高屋上

あたしは一か八か、『彼女』に呼びかけてみた。
律「妖精さん、いるんだろ~?出てきてくれよ~。」
???「妖精なんていませんよ~。」
何もない空間から声がする。
律「…いるんじゃんか、アカネさん。」
アカネ「バレたか。よくここにいるって分かったわね。」
律「前に凪と話してるの見てたからな。」
アカネ「えっ、あの時いたの?気づかなかったなあ。」
292 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/13(日) 18:50:15.67 ID:PcmOQwJtO
律「気づかないフリだろ?…それと、毎日こっそり凪の様子見に来てるんだろ?」
アカネ「それもバレてたか。で、何の用?」
あたしはアカネに事情を話す。
アカネ「そうなんだ。…まったく、あの子ったら。相変わらず自分を責めてるのね。」
律「昔なんかあったの?」
アカネは凪の過去を話し始めた。
アカネ「実はね。凪の親御さん、悪魔に殺されちゃったのよ。凪がまだ小さい頃に。」
律「その原因が自分にあるんだって思ってるとか?」
アカネ「そうなのよ。それで、サマナー見習いの頃はずっと、人とは関わるまいとしてて。自分が原因で人が傷つくのが怖いのかもね。」
凪…あたしは傷ついてなんかないぞ。
むしろ、あたしが凪を傷つけちゃったじゃんか。
謝って許してもらおうなんて思わねー。
ただ…もう一度軽音部に戻って来てくれ。
297 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/13(日) 19:22:09.52 ID:PcmOQwJtO
アカネ「今日はショチョーさんが依頼片付けちゃったから、凪は事務所にいると思うわよ。」
律「情報提供ありがとうございます、アカネさん!」ビシッ
アカネ「凪の事、ヨロシクね!」
あたしは事務所へと急いだ。

大瀧探偵事務所

大瀧「おかえり~。そうそう、ここんとこ毎日、律君がここに来てるよ。」
…ぼくに何の用が有るのだろう。
もう関わるなと言った筈なのに…。
大瀧「依頼の方は片付けちゃったから、今日は休んでいいよ~。」
ぼくは自室に入る。
ふと、ギターが目に入る。
そう言えば、皆で買いに行ったんだったっけ。
今頃、どうしてるかな…。
…否。
気にするな。
もう、ぼくには関係のない人達だ。
そう自分に言い聞かせる。
それでいいんだ、それで…。
律「こんにちわー!」
律が来たようだ。
もう、関わらないけど。
298 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/13(日) 19:48:41.65 ID:PcmOQwJtO
律「凪いますか?」
大瀧「あ~、悪いね。今ちょっと出かけててね~。」チラッ
律「(いるんだな…。)…そうですか。」
律…毎日来ているらしいが、そろそろ諦めてくれないか?
ぼくはもう…。
律「じゃあ、帰ったら伝えといてください。」
君達とは…。
律「『音楽室で待ってるから』って。」
…え?
どうして?
ぼくは君達を、仕事に巻き込んでしまったのに。
もう巻き込みたく無いのに。
律「あいつ、多分早とちりしてるんですよ。こないだも様子変だったし。…ちゃんと確かめたいんです。あいつの、本当の気持ち。」
大瀧「…分かった。確かに伝えとくよ。」
本当の…気持ち?
ぼくは、軽音部の皆が好きだ。
だから、ぼくが原因で皆が傷付くのは嫌だ。
でも、もし…今ぼくがしている事が、皆を傷付けているとしたら…?
最低だ!
こんな簡単な事に気付かないなんて!
303 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/13(日) 20:12:20.95 ID:PcmOQwJtO
凪「律!」
ぼくは自室から飛び出した。
律はもう帰ってしまったようだ。
大瀧「聞こえてたろ?…行ってきな。これ以上、後悔したかないだろ?」
凪「はい…行ってきます!」
今ならまだ追いつける!
ぼくは事務所の扉を開け、桜高へ行こうとする。
律「おせーぞ、凪。」
振り返ると、律が事務所の入口に立っていた。
凪「律、あの…。」
律「おっしゃ!行くぜ!」
律はぼくの手を掴んで走り出した。

桜高、音楽室前

凪「ま、待って!」
律「何だよ今更?」
いざ目の前に立つと、入るのに勇気が要る。
…入部する時以来だな。
皆に会うのに、こんなに緊張するのは。
律「よし、入るぞ!」
凪「ちょっ、待っ…!」
律「みんなー!凪を連れて来たぞ!」
唯「おかえり!りっちゃん、凪ちゃん!」
梓「もう…遅過ぎです!」
澪「一週間も何してたんだ?凪。」
紬「さあ、お茶にしましょう?」
319 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/13(日) 21:11:51.72 ID:PcmOQwJtO
其処には、何時もと変わらない、暖かな皆が待っていた。
…言わなきゃ。
ぼくの気持ちを。
凪「ごめん。…サグメの件で、皆を巻き込んでしまって。」
唯「そんなの気にしなくていいよ~。」
梓「ていうか、直接巻き込まれたおっちょこちょいは律先輩だけですけどね。」
律「おい。」
凪「もう…皆に会わないつもりでいた。其れが皆の為に成ると思って。」
紬「そんなの、間違ってるわ。会えなく名ったら、寂しいじゃない。」
凪「…嫌なんだ…ぼくのせいで親しい人が傷付くのは…。」
澪「友達の為に傷付く事を怖がるやつなんて、いるわけないだろ?」
唯「凪ちゃんは1人で抱え込み過ぎなんだよ。たまには誰かに甘えたっていいんだよ?」
澪「そうそう。頑張るのも程々にな。」
凪「…いいの?わたし、此処にいても…?」
律「当たり前だろ?あたし達、友達じゃんか!」
333 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/13(日) 21:50:21.49 ID:PcmOQwJtO
ぼくは、皆の前で初めて泣いた。
皆…また迷惑をかけるかも知れないけれど…此からも宜しくね。
ぼくが泣き止むと、律が突然宣言した。
律「という訳で!一週間も部活サボった凪に罰を与えたいと思います!」
凪「…へ?」
唯「さんせー!私に寂しい思いをさせた罰だー!」
澪「お、おい!待てよお前ら!」
梓「せっかくきれいにまとまりそうだったのに…。」
紬「あらあら。うふふ。」
律「本日ただ今から、凪に『ぼく』禁止の刑を執行します!」
紬「そんなのダメよ!(せっかくの僕っ娘要員が!)」
律「なんでムギが言うんだよ。」
凪「それ、罰になってないよ?」
律「あら凪さん?ご不満でしたらイナゴの佃煮食べ放題の刑でも…。」
凪「喜んでお受けします!」

ぼくは…否。
わたしは細野凪。
デビルサマナー・葛葉ハヅキである前に、何処にでもいる、普通の女の子だ。



最終話 わたしは凪 完