※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

147 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/13(日) 09:10:42.43 ID:PcmOQwJtO
謎の小袋投下(中身は   )



町中に注意報が放送される。
連続発砲事件の容疑者が未だに捕まっていないのだという。
その放送を流す広報スピーカーの上に、やたらと長いマフラーを首に巻いた少女が立っている。
男「唯お嬢様!」
足下から少女-唯-を呼ぶ男。
唯「な~に~?」
男「約束のお時間です。」
唯「ほいほ~い。」
唯は広報スピーカーから降りる。
男「…やはりあのような連中に依頼するのは反対です。」
男は、この発砲事件の調査協力を頼んだ者達が気に入らない様子だ。
唯「そうも言ってらんないよ~。解決出来るならどんな事もしなきゃだし、猫の手でも借りるよ?それと何度も言わせないで。」
唯はそれまでより強い口調で言う。
唯「公務中は『町長』と呼ぶよーに!」
男「は、申し訳ありません。」
149 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/13(日) 09:30:18.66 ID:PcmOQwJtO
少女「澪ー!」
1人の少女が先を歩く少女-澪-を呼び止める。
少女「カラオケ行こーよー。」
澪「ごめん。今日バイトだから。物騒なんだし遊んでないで帰ったら?」
少女「えー、でも怪我人出てないって言うじゃん。乱射事件なのに変な話だよねー。」
澪「……。」
澪は難しい顔で黙り込む。
少女と別れた時、澪は泣き声を聞いた。
その方向を見ると、凧が木に引っかかってしまって困っている子供がいる。
澪「あらら…『風』でも吹いたら、外れるのにな。」
その時、まるで澪の言葉に反応する様に風が吹き、凧が木から外れた。
澪は、いたずらに舌を出しながら、その場を離れる。
150 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/13(日) 09:51:12.61 ID:PcmOQwJtO
公園にて。
イタズラっ子が女の子からアメを取り上げて返さないでいる。
帽子を被った少女がそれを微笑みながらたしなめる。
イタズラっ子は何かを思いつくと、両手をグーを握って女の子に突き出す。
イタズラっ子「ほらっ、どっちに入ってるか当てたら返してやるよ!どーっちだ?」
イタズラっ子(ホントは後ろのポケットだもんね。)
イタズラっ子を見つめる少女。
少し考えた後に、女の子に何かを伝える少女。
女の子「え?どっちでもない?ホントは後ろのポケット?」
イタズラっ子「えええっ!!な、何でわかったんだよ~…。」
イタズラっ子が悔しがってじだんだを踏む。
その光景を見て微笑む少女。
151 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/13(日) 10:07:10.10 ID:PcmOQwJtO
そこに、男を連れた唯と澪が現れる。
唯「ムギちゃん、りっちゃん…所長いる?」
事務所を見ながら所長-律-の所在を告げる少女-紬-。
澪「例の事件の事か?ウチの事務所に頼むと区のお偉方がうるさくないか?唯。」
唯「関係ないよ~。うちの町の問題だもん!自治会と警察だけじゃ心配なんだよ~。」
男「しかし…『田井中生活相談事務所』……いつ見てもボロい…。ここの事務員達の生活の方が心配です。」
公園の一角に建てられた古いプレハブ小屋。
そこに、『田井中生活相談事務所』との表札が掲げられている。
澪「歴史があるって言ってやってくれ…私とムギも一応事務員だから。」
トホホと言いたげな顔で事務所を見つめる澪。
154 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/13(日) 10:26:22.04 ID:PcmOQwJtO
唯「ボロいけど今回みたいな事件に関してのウデは確かだよ!りっちゃんの事だからもう嗅ぎ取って動き出してる筈!」
唯はドアノブに手をかけ…蹴破る。
唯「毎度!りっちゃん!例の事件…。」
律「ん、よう。事件がどした?」
そこには、簡易プールで女の子とくつろぐ律がいた。
唯「……。」
数分後。
服を着て、顔にラケットの物らしいあざをつけて言い訳をする律。
律「だーってさあ……発砲事件なのにケガ人でてねーんだろ?大した事件じゃねーったら。」
唯「…これ。今回の事件の容疑者だよ。」
唯はムスッとしながら、容疑者の資料を差し出す。
律「へ、何?そこまで分かってんの? 」唯「重軽傷者13人を出した乱射事件により、2年前から服役中…真性の乱射魔だね。」
158 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/13(日) 10:46:05.43 ID:PcmOQwJtO
澪「って事は脱走か?」
唯「うん。看守さんの話をまとめるとね。夜半急に苦しみ出し昏倒。その後医務室へ運ぶ途中で逃走。10mの塀を軽々とこえたんだって。」
律「……人間技じゃねえな。って事は……。」
唯「うん。」
唯は窓を開け、外にそびえ立つ巨木を見る。
唯「この町に根付く7本の霊桜……『七郷』…にまつわる事件に間違いないね。」
静まり返る一同。
その後、出前を取って夕食を食べてテレビを見ていると。
レポーター役のナース服の女性医師が、偶然にも件の乱射魔に出くわしてしまう。
乱射魔はカメラに向かって、自分が被害者を殺さなかった理由を語ると、今度は被害者を殺して回ると宣言する。
それを見た唯達は、早速現場に急行する。
162 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/13(日) 11:01:31.44 ID:PcmOQwJtO
唯「待て待てー!そこまでだよ小悪党!」
乱射魔は唯達に向かって発砲する。
一般人に銃弾が当たる可能性を考慮し、人通りがない所へ逃げる唯達。
紬の帽子に銃弾が掠めて、まるで猫耳のようなその頭髪が露わになる。
澪「ムギ!」
紬「いけますわ!」
紬は何かを念じると、広範囲に読心術を展開する。
人々の心の声を聞き、人のいない場所を探す。
紬「ありましたわ!!次を右…6丁目交差点です!」
律「よしきた!」
唯達は、言われた場所を目指す。
乱射魔を誘導するのに成功する。
紬は力の使いすぎでバテてしまい、それを律が抱える。
そこに向けて乱射魔が発砲する。
168 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/13(日) 12:02:21.44 ID:PcmOQwJtO
唯がとっさにラケットで弾丸をはじく。
唯「ああああああああ!折れたあー!!」
律「そりゃそーだろ!」
乱射魔は更に撃つ。
唯はその弾丸を素手でことごとくはじく。
乱射魔は懐からショットガンを取り出す。
が、直後に唯がそれを蹴り上げる。
乱射魔「銃はまだまだあんだよ!!乱射魔なめんじゃねえぞ!!」
乱射魔、という単語に澪が反応する。
澪『凍』
澪がそう言うと、周囲が突然凍りつく。
滑って転んだ乱射魔を踏みつけ、澪は言う。
澪「あらいやだ……その程度の火力で乱射魔気取りだなんて…乱射魔が、聞いてあきれるわ!!」
澪の舌先に電気がはしる。
すると、周囲に大量の弾丸が浮かび上がり、乱射魔に襲いかかる。
170 :(仮名) ◆PzD3ftv2xo :2009/09/13(日) 12:17:10.74 ID:PcmOQwJtO
なんとか生き延びた乱射魔は、隙をついて紬を人質に取る。
律「おい…あんまあたしらを怒らすな!」
そう言うと律は、一枚の紙を取り出す。
乱射魔「寄るなバケモノども!!うわああああああ…!」
…………………
乱射魔「…あれ?」
律「……わりーな。あたしは真人間だ。」
律が取り出した紙は、ただの紙切れと化した出前の領収書だった。
力なくへたり込む乱射魔に、紬が思い切り頭突きを食らわせる。
すると、乱射魔の額から霊体が出てくる。
律「ついてたついてた。」
唯「大当たりだね!どうすんのコレ?」
律「大丈夫。ほっときゃ散るだろ。」
澪「そろそろ4分だぞ。」
枯れた声でそう言う澪。
律「だな。んじゃ、今日のところは。」
唯「これにて……一件落着!」



終わり