※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

557 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/09/20(日) 18:56:36.55 ID:ZVriRRCS0
【でっかいアンプ】

その日部室に一番乗りした唯の目の前に、とても大きなアンプがあった。
そのアンプは高さが2メートル弱で、横も同じくらいの正方形である。

「どこにジャックがあるんだろう…」

唯はアンプの周りをくるりと一周してみた。
すると、裏側の右下に小さく光る金メッキのジャックを見つけた。

「つないじゃおっかな♪」

唯は意気揚々とギ―太をケースから取り出し始めた。



558 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/09/20(日) 18:57:32.11 ID:ZVriRRCS0
すると、今度は律と澪がやってきた。
二人は目の前のアンプに一瞬言葉を失った。

「これ…アンプだよな?」
「あぁ、アンプだ…」

「あっ!澪ちゃん、りっちゃん!」

アンプの裏側から唯の声がした。

「なんだ、いたのか唯」
「うんっ。すごいよね、このアンプ」
「あぁ、そうだな…」

澪はそう言いながら、もう一度目の前のアンプを見回した。



559 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/09/20(日) 18:58:11.75 ID:ZVriRRCS0
「今から音出してみるねっ」

唯はギターをかついだ。

「やっ、やめろおおおおおおおおおおおっ!!!」
「ふぇっ?なんで?」

二人は急いで裏側に回った。

「こんなに大きいアンプ、どんなでかい音が出るか分からないだろっ?」

律は唯からギ―太を取り上げた。

「うぅ…ギ―太返してりっちゃん…」
「やーだね」
「かえして~!」

律はコードにひっかかった。
気付くと、三人は焼け野原にいた。

Fin