※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

582 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/20(日) 19:51:08.96 ID:Ft9Z/ioMO
これまでの『扇風鬼!』

突如街に現れ出した、『音』を奪う怪物-デコーダ-。
ある日、1人家路を急ぐ澪はデコーダに襲われる。
そこに現れた鬼によって、澪は救われるのだった。

『扇風鬼!』第2話
この後すぐ!


607 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/20(日) 20:39:12.94 ID:Ft9Z/ioMO
律「さ~て、そろそろ帰ろうぜ~。」
律のその言葉を合図に、私達は帰り支度を始める。
私はチラチラと扇先生を見る。
…やっぱり格好いいなあ…。
告白…しちゃおうかな。
いやいや、ダメだ!
教師と生徒なのに、恋愛なんて…!
律「よーし!帰るぞ澪!」
律が私の手を掴んで無理やり引っ張っていく。
澪「あっおい!まだベースが…。」
律「ほれ、あたしが持ってるよ!」
律の肩には、いつの間にか私のベースが担がれていた。
帰り道、律が昨日の事を聞いてきた。
律「なあ、澪は鬼に助けて貰ったんだったよな?」
澪「またからかう気か?」
律「いや、そーじゃなくてさ。ウチのクラスの子達が言ってたんだけどな。なんでも、怪物を倒して回ってる奴がいるらしいんだ。」
澪「自衛隊じゃないのか?」
律「それがそうじゃないんだと。…どうも、そいつが怪物と戦ってるとこを見たらしいんだ、その子達。」


611 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/20(日) 21:09:58.10 ID:Ft9Z/ioMO
律「あたしの予想だと、そいつが澪を助けてくれた鬼なんじゃねーかと思うんだ。」
澪「うん、そうかもな。…でも、どうして怪物を倒して回ってるんだろう?」
律「恋人が怪物にさらわれたから、助ける為の手がかり探しとかじゃね?」
澪「だったら倒しちゃダメだろ。」
律「あ、そっか。」
律はしばらく考え込むが、何も思いつかなかったのか、考えるのを止めると私を見て言う。
律「ま、なんにせよ、明日からもお前が嫌がったって無理やり一緒に帰るからな!」
やっぱりこうなったか。
まあ、頼もしい限りだよ。
澪「ああ、よろしくな。」

その頃、職員室

もう外も暗くなり始めた頃、講師2人がなにやら話し合っている。
講師A「見つかった?さわ子の声、とったやつ。」
ファン太「いや、まだだ。…ごめんな。ミユキさんにまで迷惑かけちゃって。」
講師A-ミユキ-は首を横に振って言う。
ミユキ「大事な、友達の事だから。わたしも、出来る限り、協力する。」


656 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/20(日) 22:16:00.95 ID:Ft9Z/ioMO
次の日

私は律に引っ張られ、大慌てで登校した。
まさか私が寝坊するなんて思わなかった。
律「まったく、ま~たファン太の事でも考えて眠れなかったのかあ?」
澪「へっ!?そ、そんなんじゃ…ないよ。」
昨晩私は、一昨日の事を…デコーダに襲われた時の事を思い出していた。
あの鬼の声、扇先生に似てた。
でも、彼があの鬼な訳ないよな…。
律「なあ、今日は部活やめにして、さわちゃんのお見舞いいこーぜ!吹奏楽部の子達が昨日行ったら会えたって言ってたし。」
澪「そうなんだ。じゃあ、そうするか。」

放課後

さわ子先生が入院している病院に来た私達。
唯「さわちゃん先生~!お見舞いに来ました!」
さわ子先生は笑顔で答える。
梓「思ったより元気そうですね。なんの病気なんですか?」
さわ子先生は、悲しげな笑顔を見せ、手元のスケッチブックに何かを書く。


671 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/20(日) 23:48:33.37 ID:Ft9Z/ioMO
書き終わったさわ子先生は、スケッチブックを見せる。
『声が出ないのよ』
スケッチブックには、そう書かれていた。
梓「ど、どうして!?なんでそんな事に!?」
さわ子先生は俯いた。
紬「もしかして、怪物に襲われたんですか?」
しばらく間を置いて頷くさわ子先生。
やっぱり…デコーダに声を奪われたんだ。
きっと、襲われたのがトラウマになって外に出られないんだろうな。
律「よし!怪物からさわちゃんの声を取り戻そうぜ!」
唯「で、でも、危ないよ!自衛隊さんに任せようよ?」
梓「そうですよ!だいたい、どいつが先生を襲ったのかも分からないじゃないですか!」
律「だからってほっとけねーよ!あたしはやるからな!」
…まったく。
相変わらず、こうなると言っても聞かないな、律は。


685 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/21(月) 00:12:00.10 ID:E60cF5+hO
澪「私も、手伝うからな。お前まで襲われたら目も当てられないし。」
紬「私も手伝わせて!うちのSP達にも捜させるわ!」
律「おお、頼もしいぜ!…てか、澪は無理すんなって。こないだ襲われたばっかだろ?」
澪「…確かに、怖いけどさ。だからって、律だけを危ない目に合わせる訳にいかないだろ?」
律(みおしゃん…!)
唯「そうだよね。それに、みんな一緒なら怖くないもんね!やっぱり、私もやるよりっちゃん!あずにゃんもやるよね?」
梓「もう…仕方ないですね。皆さんだけにいいカッコさせませんよ!」
そんなこんなで、桜高軽音部そして琴吹家SP隊による、怪物捜索隊が結成される事になった。
さわ子先生、待ってて下さい!
必ず先生の声を取り戻しますから!


186 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/21(月) 21:28:56.41 ID:E60cF5+hO
私達は、とりあえず街の人通りの少ない場所に行き、デコーダを探してみた。
律「ああいう連中って、だいたいこういう場所にいるもんだよな?」
唯「なんかドキドキするね!」
澪「あのなあ、遊びでやってるんじゃないんだからな?」
梓「澪先輩の言うとおりです!気をつけないとですよ?」
律「分かってるよ。」
紬「皆さん、ちょっと来て!」
ムギが路地裏に私達を呼び寄せる。
ムギが指し示した場所に、怪物の物らしい足跡があった。
澪「まだ、近くにいるって事か。」
律「うし!あたしが様子見てくる!」
そう言うと律は、足跡の向かう方へ進む。
澪「あっおい律!…もう!」
私は慌てて律を追いかける。
律は路地裏を抜けた先の電柱の影に隠れていた。
澪「おい、り…。」
律「静かに!」
後から来たみんなも、私達の様子を見て、声を出さず静かに近寄ってくる。


187 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/21(月) 21:48:08.16 ID:E60cF5+hO
私達の視線の先には、一体のデコーダが突っ立っていた。
私を襲った奴とは、見た目が少し違っていた。
私を襲った奴は犬みたいな奴だったけど、目の前の奴はトカゲに似ている。
突然、デコーダが喋りだした。
デコーダ「そこにいるんでしょ?出てきなよ。」
!!…この声、さわ子先生!?
まさか、あいつがさわ子先生の声を…!
律「ちぇっ、バレバレかよ。…盗んだ声で喋れるんだな。」
デコーダ「人聞きの悪い言い方だね。借りてるだけだよ。次の『音』を取るまでね。」
澪「次を取ったら、前の『音』はちゃんと元の持ち主に帰るんだろうな?」
デコーダ「さあ?どうだか。興味ないなあ。」
梓「どうして、そんな事を…?」
デコーダ「そういう生き物だからさ。…そこの黒ロングの子、いい『音』してるねえ。…決めた。次は君だ。」
そう言うとデコーダは、私めがけて飛びかかってきた。


190 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/21(月) 22:03:35.80 ID:E60cF5+hO
律「させるかよ!」
とっさに律が私を突き飛ばしてかばい、デコーダにかぶりつかれた。
澪「律!!」
デコーダは律を乱暴に振り払う。
デコーダ「ざ~んねん。」
私は急いで律に駆け寄る。
そんな…心臓が…鳴ってない!
澪「うわあああああ!!」
私は近くに落ちていた鉄パイプを握ると、デコーダに向かっていった。
だが、あっけなく返り討ちにされて、私は捕まってしまう。
紬「澪ちゃん!」
唯「澪ちゃんを離せ!」
デコーダは、みんなの叫びを無視して私に話しかけてくる。
デコーダ「わざわざご苦労様。最後に言っておきたい事…ある?」
澪「返せ…律の『音』を…返して…!」
デコーダ「や~だね。それじゃ、いただき…。」
その時、風が吹く。
その風は、私を守るように、デコーダから私を引き離す。
デコーダ「ちっ!誰だ!」
もしかして、あの時の…!


194 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/21(月) 22:24:55.70 ID:E60cF5+hO
???「ったく。やっと見つけたと思ったら、今度はうちの生徒を狙いやがるとはな。」
そこに現れたのは扇先生だった。
唯「ファン太先生!りっちゃんが…りっちゃんが!」
扇先生は律を見る。
『音』を奪われた事を悟ると、デコーダを睨んで言う。
ファン太「やってくれたな、デコーダ。よりにもよって軽音部の子に手をだしやがって。」
デコーダ「お前…何者?」
ファン太「…みんなの前だけど…しょうがないか。」
扇先生の周りに風が集まり、風の渦になる。
風の渦が割れ、中から現れたのは-。
あの時の鬼だった!
澪「せん…せい?」
唯紬梓「うそ…!」
デコーダ「お前、まさか…扇風鬼!?」
ファン太「ふ~ん。お前らの間じゃそう呼んでるのか。ま、どうでもいいけどな。なんにせよ…。」
扇先生…いや…扇風鬼は、デコーダを指差し宣言する。
「『音』は返して貰うぜ!デコーダ!」



『扇風鬼!』第2話 完