※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このSSは『【けいおん!】唯×梓スレ 3』というスレに投下されたものです
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1253346269/l50

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/21(月) 21:48:02 ID:vJJ6rPg+
梓「はぁ…私も早く後輩ほしいなあ」

唯「じゃあ、私が一日あずにゃんの後輩になってあげるよ!」

梓「え?なんですかそれ…」

唯「はい、スタート!」

梓「え、えーと…じゃあ…ゆ、唯…?」

唯「なんでしょうかあずにゃん先輩!」

梓「えーと…そのあずにゃんっていうのはやめてもらえないかな?」

唯「あ!確かにあだ名で呼ぶのは失礼っすね!梓先輩って呼びます!」

梓(梓先輩…なんか…いいかも…)

梓「えへへ…唯、もっと先輩って呼んで?」

唯「梓先輩!」

梓(あぁ…なんだろこの感覚…先輩っていいなぁ…)

梓「コホン、唯、わからないことがあったらなんでも聞いてね?」

唯「はい!先輩、早速なんですがここの弾き方がわからないです!」

梓「そこは昨日教えたばかりじゃないですか!…ばかりじゃない!ちゃんと練習したの?」

唯「うぅ…私後輩なので梓先輩みたく上手にできないんです…もう一回教えてくれますか?」

梓「ま、まあそこまでいうなら仕方ないわね!先輩が一から教えてあげる!」

唯「わーい♪じゃあお願いしまーす!」

梓「まかせなさい!」
46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/21(月) 23:50:06 ID:vJJ6rPg+
続き
唯「梓先輩、教えてくれたお礼にお茶お入れします!」

梓「え、いいよそんな」

唯「まあまあご遠慮なさらず座っててくだせえ!」

梓「うん…」

唯「さあ、お飲みになられてください!」

梓「さっきから微妙に敬語おかしいような…ありがとう」

唯「いえー、後輩が先輩に尽くすのは当たり前のことです!」

梓「そ、そうなの?」

唯「はい…」ジー

梓「…唯、もしかしてお菓子食べたいの?」

唯「え、いいんですか?それじゃあ遠慮なく~」

梓「まだなにも言ってないけど…まあいいか」

唯「そうだ梓先輩、私、お菓子食べさせてほしいです!」

梓「ええ!?」

唯「ダメですかあ?」

梓「こ、今回は特別だからね!あーん!」

唯「ありがとうございます♪あーん」

ガチャ

律「あ、梓?」

澪「な、なにしてるんだ?」

梓「あ、いやこれは唯が…」

紬「まあ♪呼び捨てだなんて、仲よくなったのね!」

梓「ち、ちが…」

唯「梓先輩、一生ついていきます!」

律「おまえら…」

澪「あはは…まあいいんじゃないか」

紬「梓ちゃん、さすがね♪」

梓「な、なにがですか!」

唯「梓せんぱ~い♪」

梓「も、もう!」



すばらしい作品をありがとう