※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

552 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 09:23:29.48 ID:96uM8gpo0
喪黒「私の名は喪黒福造、人呼んで笑ゥせぇるすまん」

喪黒「ただのセールスマンじゃございません。私の取り扱う品物は心、人間の心でございます」

喪黒「この世は老いも若きも男も女も、心のさみしい人ばかり」

喪黒「そんなみなさんのココロのスキマをお埋めいたします」

喪黒「いいえ、お金は一銭もいただきません。お客様が満足されたら、それが何よりの報酬でございます」

喪黒「さて、今日のお客様は……」


部室

澪「と、いうわけなんだ……」

唯「おめでとう、澪ちゃん、あずにゃん!」

律「……」


田井中律(17) 高校生

『奪う』


553 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 09:28:23.29 ID:96uM8gpo0
紬「それにしてもびっくりね」

唯「まさか澪ちゃんとあずにゃんが付き合うことになったなんてね!」

澪「唯!声が大きい……」

梓「そ、そうですよ……!」

唯「えーいいじゃん。何もやましいことなんて無いんだから」

澪「女の子同士っていうのは、普通認められてないものなんだ」

梓「私達は気にしなくても、先輩達にまで迷惑が掛かるかもしれませんから」

紬「仕方ないわね。そういうことなら」

律「……」

澪「律?」


554 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 09:31:06.74 ID:96uM8gpo0
律「……ん?」

澪「ん?、じゃない。どうしたんだ?さっきから黙りっ放しじゃないか」

律「あはは、そんなに私の事見つめないでもいいのにー」

澪「律!」

律「……梓と、上手くやっていけそう?」

澪「な、なんだよ。心配されなくても大丈夫だから」

律「そっか」

澪「私達、親友なんだから、何かあったら相談すること!」

律「そうだよな、小さい時から一緒だったからな」

律「安心しろよ。何でもないから」


555 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 09:34:27.97 ID:96uM8gpo0
律「ムギ、唯、帰るぞ。二人の邪魔しちゃ悪いだろ」

紬「ええ。それじゃ」

唯「また明日」

澪「あぁ、今日はありがとう」

律「……頑張れよ」

梓「それじゃ澪先輩、行きましょう?」

澪「あぁ」



律「……」

唯「りっちゃん……大丈夫?」

律「んー?何が?」

唯「その、澪ちゃんのことなんだけど……」

律「あははー、……今日は帰るわ!」

唯「待ってりっちゃん!」

律「用事があるんだよ!また明日!」


557 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 09:37:43.68 ID:96uM8gpo0
唯「……」

紬「下手に励ましたりしたら駄目だと思う」

紬「腫れ物を触るような扱いをしたら、りっちゃん余計に傷付いちゃうから……」

唯「何も、してあげられないのかな……?」

紬「りっちゃんが立ち直るまでいつも通りで、ね?」

唯「うん……」


律「はっ……はっ……」

律(……何やってんだろな……くそっ、くそっ……!)


ドンッ

律「あたっ!す、すみません!」

喪黒「いえいえ、私の方こそすみませんでしたぁ」


558 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 09:40:31.40 ID:96uM8gpo0
律「そ、それじゃあ失礼します……」

喪黒「田井中律さん」

律「何で私の名前を?」

喪黒「まぁまぁまぁまぁそれはいいじゃありませんか。実は私こういう者でして」スッ

律「『心のスキマお埋めします』?」

喪黒「一種のボランティアです。あなたのように悩みを抱える人を救済しているんですよぉ♪」

律「は、はぁ……」

喪黒「どうです?私に悩みを話してみては?私ならあなたの心のスキマを必ず埋めて差し上げますよ?」


559 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 09:42:59.79 ID:96uM8gpo0
律(なんか怖い人だし、うさんくさいし……)

律「結構です……」

喪黒「おやまぁ残念ですねぇ♪あそこに『魔の巣』というお店が見えますか?」

喪黒「私を頼りたくなったら、いつでもどうぞ。大抵は居ますからねぇ♪」

律「……失礼します」

喪黒「ホーホッホッホッホ!」


律(気味悪いの……)

律(家に帰ろう……)


561 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 09:45:43.86 ID:96uM8gpo0
翌朝

律(あ、居た!)

律「みーおっ!」

澪「律、おはよう」

律「こんなところで何やってるんだよ。一緒に学校行かないか?」

澪「ごめん、今日から梓と待ち合わせすることになったから」

律「え?」

澪「悪いけど、一緒には行けないぞ」

律「そんな……」


562 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 09:48:31.27 ID:96uM8gpo0
放課後

唯「りっちゃん、部活行こう?」

律「……ちょっと職員室に用があるから、先に行っててくれ」

紬「じゃあ先に行ってるわね?」

律「あぁ」


澪の教室

澪「あれ?律?」

律「職員室に呼ばれてたからついでに寄ってきたんだ。部活行こうぜ!」

澪「いいけど……先に梓の所に寄ってからだからな」

律「いや、別に行かなくても梓なら部活に来るだろ……?な?」

澪「そうはいかないだろ。私達は一緒の時間が欲しいんだから」

律(梓、梓、梓……やっぱり付き合ってると、変わるんだな……)


563 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 09:50:59.19 ID:96uM8gpo0
澪「……だったんだよ」

梓「それ良いですね!今度一緒にどうですか?」

律(部室に着くまでの時間が長い…)

律(こんなことなら、最初から澪のところにいかなけりゃよかった……)

律(二人とも、どうせ『なんでコイツが居るんだ』って思ってるんだろうな……)


ガチャ

律「おっす」

紬「りっちゃん!あ、澪ちゃんに、梓ちゃんも……」

梓「こんにちは、唯先輩、紬先輩」

唯「む、ムギちゃん!皆揃ったしお茶にしようよ!私お腹ペコペコなんだぁ!」

紬「そ、そうね!すぐ用意するわ!」


564 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 10:04:12.97 ID:96uM8gpo0
梓「はい澪先輩♪あーん♪」

澪「やめろよ梓……皆見てるだろ?」

梓「嫌、ですか……?」

澪「ぐっ」パク

梓「さ、先輩、私にも♪」

澪「……ほら、あーん」


唯(どうしよう……完全に二人の世界だよ……)

紬(ちょっと冗談にならないわ……)


prrr

梓「ちょっと失礼しますね。……もしもし?」


565 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 10:07:02.90 ID:96uM8gpo0
梓「すみません、家の用事が入っちゃったみたいで……今日はこのまま帰らせてもらっていいですか?」

唯「家の用事なら仕方ないよ」

紬「ええ」

梓「じゃあこれで。失礼します」

バタン

澪「……練習するか」

紬「そうね……」

唯(すごく不機嫌……あずにゃんが居ないからかな)


566 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 10:09:53.67 ID:96uM8gpo0
澪「よし、今日はこのぐらいでいいか。私も帰るよ」

律「あ、澪!一緒に帰ろうぜ!」

澪「……ごめん。私には梓が居るから」

澪「そういう浮気みたいなことは、私には出来ないよ」

律「ご……ごめん……」

澪「悪いな、律。それじゃあまた」

律「……っ」


唯「私達も、帰ろう……?」

律「今日、寄る所あるから」

紬「りっちゃん……」


567 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 10:15:51.05 ID:96uM8gpo0
喪黒「ホーホッホッホッホ!お待ちしてましたよぉ田井中律さん♪」

律「澪が……私の物になるんですか?」

喪黒「もちろん。相談に乗るとは言っていましたが、実は事情は全て分かっています♪」

喪黒「さぁ、これをお受取りください」

律「……わら、人形……?」

喪黒「相手を呪う方法といえば、やはりわら人形でしょう」

律「こんなので……!」

喪黒「効果は本物ですよ?保証致します」

喪黒「使い方は簡単。ただ呪いたい相手を思い浮かべ、わら人形を弄るだけです」

律「……」

喪黒「ただ、一つ条件がございます♪」

律「条件ですか……?」

喪黒「効果は大きいので、一度使えば逃げ出すことは許されません」

喪黒「呪いをかけた相手は、死ぬまでわら人形と繋がります」

喪黒「もちろん、使うかどうかはあなた次第ですからねぇ♪」


568 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 10:18:31.71 ID:96uM8gpo0
律の家

律「結局、からかわれただけなのか……?」

律「足ボキッ……なんてな」

律「……馬鹿らし。寝よ」


翌日

澪「……」

和「どうしたのよ、澪」

澪「今日、朝の待ち合わせを梓に断られて……」

澪「嫌われるようなこと、したのかな……?」

和「一回断られたくらいでめげないの。何か訳があったんじゃない?部活で会えるでしょ」

澪「……放課後、話をしてみる」

和「ええ。昼休みはじっくり考えなさい」


569 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 10:22:47.10 ID:96uM8gpo0
紬「それで、梓ちゃんを待ってるのね」

澪「ああ……怖くなっちゃってて……」

唯「大丈夫。きっとあずにゃんは寝坊しちゃっただけだよ」

澪「だと良いんだけど……」

ガチャ

梓「こんにちは……」

澪「梓!どうしたんだ、その足…!」

梓「昨日、階段を下りていたら折れちゃったんです。疲労骨折が原因じゃないかって医者に言われました」

梓「今朝はすみませんでした。一緒に歩くだけでも、澪先輩に気を遣わせちゃうから……それはしたくなくて……」

澪「そんな迷惑なんて考えるな!私が助けるから!」

律(本当に折れてる……昨日私が握った所……!)


570 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 10:26:06.37 ID:96uM8gpo0
梓「みお、先輩……」

澪「大丈夫だから。な?」

梓「ありがとう、ございます……!」

紬「さ。お茶にしましょう?」

唯「そうだよ私もう倒れちゃう……」

律「わ、るい。用があるから帰るわ」

紬「りっちゃん……何かあったの?」

律「ちょっとな!また!」


紬「様子が変ね……あんなに急いで走って……」

梓「う……」

澪「梓?どうした?」

梓「頭が、ぐらぐらして……」


571 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 10:28:36.08 ID:96uM8gpo0
律「はぁっ……はぁっ……!」

律(本当に、折れた!こんなつもりなかったのに……!)

律(ごめん……梓、ごめん……!)

バタンッ!

律「喪黒さん!」

喪黒「おやぁ田井中さん♪調子の方は如何ですかぁ?」

律「これ……お返しします」

喪黒「これまたどうして?」

律「梓を傷つけてまで澪が欲しくない……」

喪黒「言いましたよぉ?一度使えば逃げ出すことは許されないと」

律「私は、こんなつもりはなかったんだよ!」

律「頼むから、呪いを取り消してくれ!」


573 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 10:32:01.05 ID:96uM8gpo0
喪黒「今更そんなことを言っても無駄無駄♪」

喪黒「いいですか?古今東西、略奪愛は恋愛の一つとして確立していました」

喪黒「奪い合いは動物の本能じゃありませんか」

喪黒「あなたも奪うのです。さもなくば、大切な人があなたから遠ざかっていくんですよぉ?」

喪黒「欲しい物はどんな手を使ってでも奪い取るのです」

律「そ……そんなの……」

喪黒「さぁ。奪う側へ行ってもらいましょう」

喪黒「ドーーーーーーーーーン!!」

律「アヒャーーーーーーーーー!!」


575 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 10:35:19.47 ID:96uM8gpo0
夜、公園

梓(律先輩……急に会いたいなんて、どうしたんだろう……)

梓(それになんだか、体中が痛い……締め付けられてるみたいな……)

梓「……あ、律先輩。急にどうしたんですか?」

律「遅いよ梓……思わず全身の骨を折る所だったじゃんかぁ……」

梓(わら人形……?)

律「話さ、簡単。澪を私にくれ」

梓「な、何言ってるんですか!そんなこと、痛っ!!」

律「頭に釘、打ち込むぞ?」

律「前からずっとお前が邪魔だったんだ」

律「澪の隣は永遠に私だけのものなんだから」


577 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 11:04:07.22 ID:ICeW/yvyO
梓「絶対にいやです……!」

律「……死ねっ!」

カーン!

梓「ああああああっ!!!」

律「あれ?貫通してんのに死なないなんて、ゴキブリ並だな」

律「澪を渡せば生かしてやるけど、どうすんだ?」

梓「やだ……!」

律「なんでだよ……!こんな目に遭ってんのに……死ぬかもしれないんだぞ!?」

梓「好き、だから……」

律「う、ぁ……うわぁぁぁぁぁっ!!!!」


ヒュン!



ゴシャッ!!!


579 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 11:09:10.58 ID:ICeW/yvyO
喪黒「これで秋山澪さんは田井中さんの物。おめでとうございます♪」

喪黒「奪うことは大変結構ですが、まぁ、今回のケースはあまり褒められたものではなかったですね」


喪黒「そもそも、手に入れる為に自ら行動を起こそうとせず、他人に奪われて駄々をこねるとは……」


喪黒「さて、田井中さんと秋山さん、二人の恋路はどうなるのでしょうか」

喪黒「また誰かに奪われたりは……しませんよねぇ♪」

喪黒「ホーホッホッホッホッホ……」



おわり