※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このSSは『【けいおん!】唯×梓スレ 3』というスレに投下されたものです
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1253346269/l50

87 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/09/24(木) 03:36:59 ID:SJIo5OdF

梓「こんにちはー」

唯「あっ…さて、ギー太の手入れやらなきゃな~!」

――最近、どういうわけか唯先輩が私から距離を置いている。
唯先輩に話しかけても、まともに相手をしてくれなくなったのだ。
ある日
梓「唯先輩、ここなんですけど…」

唯「ひっ!み、澪ちゃんここ教えて!」

またある日
梓「唯先輩、このお菓子どうですか?」

唯「きゃあ!り、りっちゃんお菓子どう!?うんまいよう!」

さらにまたある日
梓「唯先輩、お疲れさまです」

唯「あひぃ!む、ムギちゃん!今日もいいたくあん眉毛だね!」

紬「えっ…」


こんな調子で、唯先輩は私と話すのを徹底的に避けるのだ。
しばらくはふざけているだけだと気にしていなかったけど、
1週間、2週間と過ぎていくにつれて、だんだんと不安な気持ちになってきた。

こんなことは考えたくないけど…私のことが、嫌いになってしまったのだろうか。
無理もない。日頃の先輩に対する態度を考えれば、生意気な後輩だと思われても仕方ないだろう。
まあ、部活に専念するなら、これくらいの関係でちょうどいい。

…そう思おうとしても、胸にポッカリと穴が空いたような感覚は、どうしても消えなかった。
88 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/09/24(木) 03:37:56 ID:SJIo5OdF
そんなある日

梓「こんにちはー…あ…」

唯「う…」

二人きりの音楽室に、気まずい沈黙が流れた。
その雰囲気から逃げるように、唯先輩は無言で部屋を出ようとする。
そして私は衝動的に、すれ違う唯先輩の腕を掴むと、そのまま抱きしめた。

唯「きゃあ!な、なな…」

梓「…どうして、ですか」

唯「え?」

次の瞬間、堰を切ったかのように涙が溢れ出す。溜まっていた感情が、とめどなく溢れ出す。

梓「うっ…う…うぅ…うえ…」

唯「あ、あずにゃん!?」

梓「どうして…私としゃべってくれないの?
 どうして、私と目を合わせてくれないの?答えてよ先輩…」

唯「……」

私は唯先輩を離してその目を見つめた。
しかし先輩はただ黙ってうつむくだけだ。そんな先輩を見て、私は確信した。

梓「先輩は…私のことが嫌いなんですね」

唯「ええ?」

梓「私が生意気だから…だから、私と話すのが嫌になったんですね」

唯「ち、違うよあずにゃん!」

梓「違わない!先輩は私と話したくないくらい嫌いなんだ!だから…」

私が言い終わらないうちに、今度は唯先輩が私を抱きしめた。
突然のことに、私は訳が分からなくなる。
89 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/09/24(木) 03:39:29 ID:SJIo5OdF
梓「唯先輩…?なんで…」

唯「…きだから…」

梓「え?」

唯「好きだから!」

梓「は?す、好き…って…?」

先輩は確かに「好きだから」と言った。でも、好きって?なにそれ?どういう意味なの?
疑問符で埋め尽くされた脳内を整理できないでいると、唯先輩はぼそぼそと話し出した。

唯「…私、少し前からあずにゃんのことが頭から離れなくなっちゃったの…
 それであずにゃんと顔を合わせると、頭が真っ白になって、
 何も考えられなくなっちゃって…それで…」

梓「それで私と話をしなくなったんですね…」

唯「…うん」

唯先輩の話を聞いて、私はほっとしていた。
よかった。先輩は私を嫌いになったわけじゃなかったんだ。

梓「…先輩の、バカ」

唯「ええ?ば、バカ?」

梓「はい、バカです。先輩のせいで私…すごく寂しくて、すごく悲しい思いしたんです」

唯「うぅ…ごめんなさい」

唯先輩の申し訳なさそうな顔を見ていると、とてもいとおしい気持ちになる。
――そうか、私は唯先輩のこと…
90 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/09/24(木) 03:40:56 ID:SJIo5OdF
梓「埋め合わせ、してください。そしたら許してあげます」

唯「埋め合わせ?って、なにすればいいの?」

梓「私に…好きって言ってください」

唯「ええ!?な、なな…」

梓「嫌ならいいです。もう二度と口聞きません」

唯「わ、わかったよぉ!もう…」

唯先輩は顔を真っ赤にして、おずおずと言った。

唯「あずにゃん…す、好き…だよ」

梓「先輩」

唯「な…なに?」

梓「私も…好きです」

唯「…!」

唯先輩は驚いたように目を見開く。そんな唯先輩に、私は続けて言う。

梓「これで私たちは両想いですね。だから…」

唯「だから…?」

梓「私たちは恋人同士です」

唯「ええ!?」

梓「嫌ですか?」

唯「嫌じゃ…ないけど…」

梓「じゃあ決定です!改めてよろしく、唯先輩♪」

唯「う…うん…」

梓「あ、先輩は変かな。唯、でいいですか?先輩もちゃんと名前で呼んでください」

唯「あ…あず、さ…」

梓「聞こえないな~?」

唯「もう!梓!私も大好きだよ!」

梓「きゃあ!」


思い切り抱きつく先輩の胸の中で、私はとびきりの幸せを噛みしめていた。
ありがとう唯先輩…じゃない、ありがとう、唯♪







すばらしい作品をありがとう