※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

120 :支援代わりに即興とか:2009/09/24(木) 16:55:57.19 ID:mxrgXm6e0
唯「速さが足りないッ!」

梓「どうしたんですか急に」

唯「というわけであずにゃん、今日から付き合ってね」

梓「はぁ!? つ、付き合うって何を言ってるんですか大体私は女d」

唯「練習に」

梓「あぁ、そうですよね……解ってましたけど……、どうせそんなオチだろうと」

唯「どうしたの?」


122 :支援代わりに即興とか:2009/09/24(木) 16:57:51.12 ID:mxrgXm6e0
梓「いえ、何でもありません。それで、何の練習ですか?」

唯「ギターの速弾き」

梓「これはまた難しいのを……」

唯「私には無理かな?」

梓「無理ですね、諦めてください」

唯「解った」

梓「え、そんな簡単に諦めていいんですか」

唯「うん」

梓「……そうですか」


126 :支援代わりに即興とか:2009/09/24(木) 17:01:26.74 ID:mxrgXm6e0
梓(そんな簡単に諦めるなんて唯先輩らしくないな……)

唯「う~ん、それじゃ別の速さを求めようかなぁ」

梓「はい?」

唯「次は足の速さを求めよう」

梓「何の話ですか」

唯「それじゃあずにゃん、私の背中に乗って!」

梓「ってどうしてそうなるんですかァ――――――!!」

唯「この突っ込みの速さ……」

梓「どうしたんですか」

唯「師匠と呼ばせてください!」

梓「もう突っ込む気力もありません」


おわり