※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

201 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/24(木) 22:28:07.26 ID:SVDK1amKO
梓「みなさんがおかしいです」



その日も、普段通りに音楽室へ向かう私。
扉を開けると、紅茶の香りが漂ってくる。
律「よう、梓!今日は珍しく遅いな?」
梓「日直だったんですよ。本当は一分一秒でも早く練習したかったんですから」
唯「よ~し、それじゃあずにゃんのお茶も用意するね~」
…何ですと!?
唯先輩がお茶を用意するなんて、危なっかしくて見てられな…え?
私の予想に反して、テキパキとケーキとお茶を運んでくる唯先輩。
澪「あ~ずさ!」だきっ
不意に澪先輩が後ろから抱きついてくる。
梓「あ、あの、どうしたんですか?急に抱きついたりして」
澪「相変わらず梓は可愛いなあ」ナデナデ
う、嬉しいけど、なんか違う!
こんなの、澪先輩のキャラじゃない!
その時、律先輩から有り得ない言葉が放たれた!
律「ほらそこ、いつまでやってんだ?練習するぞ練習!」
なん…だと…!


204 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/24(木) 22:44:09.55 ID:SVDK1amKO
紬「うふふ。ずいぶん驚いてるみたいね」
梓「当然ですよ!…って、ムギ先輩は普段通りなんですね」
紬「実はね、みんなに催眠術をかけてみたの。りっちゃんが澪ちゃんに、澪ちゃんが唯ちゃんに、唯ちゃんが私にそれぞれなってるわ~」
梓「なんでまたそんな事を…」
紬「たまにはこういうのもいいかなって思って。澪ちゃんに抱きつかれて、嬉しかったでしょ?」
梓「う…そりゃあまあ…」
確かに、ちょっと新鮮ではあるけど、やっぱり普段通りが一番いいかな。

次の日

私は音楽室に一番乗りで入る。
するとそこへ、澪先輩がやって来る。
澪「相変わらず熱心だな、梓」
梓「当たり前ですよ!さあ、早く練習しましょう!」
澪「せっかちだなあ。みんなが集まってからだろ?」
梓「そ、そうですよね、てへっ」
しばらくしてみなさんが集まる。
澪「さあ、じゃあ早速…」
練習ですね!
澪「お茶にするか!」
何いいいい!?


210 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/24(木) 23:07:23.98 ID:SVDK1amKO
唯「何言ってんの?先に練習してからだよ!」
律「いやいや、先にお茶だろ」
紬「私も練習が先がいいわ~」
律「どうする梓?」
梓「その前に、この状況について説明をお願いします、律先輩」
律「あれ?なんであたしがかかってないの分かったんだ?」
梓「普段の言動の賜物ですよ。って今度は律先輩がかけたんですか、催眠術」
律「ふっふっふ。よくぞ見破ったな梓君。…ちなみに、誰が誰か分かるか?」
梓「澪先輩が律先輩で、唯先輩とムギ先輩が…多分、私ですよね?」
律「おお、正解正解!…まあ、練習したがりな時点で分かるよなあ。」
律先輩の中の私のイメージって、そんななんですか…まあ、あながち間違ってはいませんけど。
梓「ところで、なんでこんな事をすることになったんですか?」
律「実はな、今度の文化祭、うちのクラスでは催眠術カフェやろーって話になっててな。ちょっと練習してんだ」
梓「それはまた変な組み合わせですね…」


221 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/24(木) 23:31:49.10 ID:SVDK1amKO
次の日

まさか、今日も誰かが催眠術にかかってたりしないよね?
三度目の正直って言うし、今日は大丈夫だよね!
唯律澪紬「あ~ず~にゃ~ん!」
梓「うわあ!」
音楽室に入った途端、みなさんが一斉に抱きつきにくる。
思わず逃げるも、さすがに多勢に無勢。
あっさり捕まって4人に抱きつかれるという異様な体制になる。
そこに和先輩がやってくる。
和「な…何の儀式?」
梓「た…助けて下さい…!」
和先輩の手で無事救出される私。
和「ああ、それで…」
額に手を当てて言う和先輩。
和「自分までかかってどうするのよ唯。まったく…」
ああ、やっぱり唯先輩がかけたんだ…。
その後、駆けつけた憂がみなさんの催眠術を解いたのは言うまでもない。
って言うか、憂…色々出来過ぎでしょ…。



終わり