※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

428 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/26(土) 17:50:17.33 ID:MEbuWlxSO
今年の文化祭も大成功だった。
まあ、軽音部は唯のおかげで色々立て込んでたけど。
そういえば、軽音部のライブの時、あの人が来てたわね。
巡回ついでに探してみようかしら。
そんな事を考えていると。
「よう、真鍋」
男の人が呼び止める声を聞き、私は振り返る。
「お久しぶりですね、先輩」
「久しぶりだな。お前ここでも生徒会やってんのか」
彼は中学の頃、生徒会でお世話になった先輩だ。
「好きでやってる事ですから」
「ふ~ん、感心感心。ところで…平沢のやつ、いつの間にギター始めたんだ?やけに上手いけど」
「まだ始めて1年半ぐらいですよ。始めた頃は覚えたり忘れたりで大変だったみたいですけど」
「ははっ!あいつらしーや」
彼は、いつも私と一緒にいた唯の世話まで焼く程の世話好きで、唯を何度も生徒会室に呼び出し、
「部活の代わりだと思って遊んでけ」と言って、毎日トランプ等で唯と遊んでいた。


440 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/26(土) 18:45:32.78 ID:MEbuWlxSO
「そういえば、先輩ってなんであんなに唯に構ってたんですか?」
「決まってんだろ?ウマが合うから。まあ、それでも恋人にはならなかったけどな」
「それは、私が一緒にいたから、とかですか?」
「ん?別にそんなんじゃねーよ。」
先輩はあさっての方を見ながら言う。
相変わらず、ごまかすのが下手な人ね。
「お~い、和ちゃ~ん!」
そこへ、ギターを抱えた唯が駆け寄ってくる。
「あっ!かっちゃん先輩!久しぶり~!」
「よう平沢。って、ギターしまってから来いよ」
「ああ、そうか!どうりで肩が重いわけだよ~」
全くこの子ったら、普通気付くでしょうに。
「ついでに部室連れてってくれよ。かわいい子ばっかだよな~、誰か紹介してくれよ、軽音部の子。」
「ぶ~、私は可愛くないの~?」
「はいはい、お前が一番可愛いよ」
「えへへ~そんな事ないよ~」


458 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/26(土) 19:34:21.29 ID:MEbuWlxSO
音楽室に向かう2人を見送り、巡回を交代してもらって、私も音楽室に向かう。
音楽室の扉を開けると、みんなが先輩と唯への尋問タイムを始めていた。
「もったいねーな~。それってもう付き合ってるようなもんなのに」
「結局、何もなかったんですか?せめて、ほっぺにチューとか!」
「恋人ってか友達だな、完全に」
「唯先輩はかっちゃんさんの事、好きじゃないんですか?」
「う~ん、好きには好きだけど、そういう好きとは違うかも。あ、和ちゃんいらっしゃ~い」
「みんな、お疲れ様。今回もすごかったわ」
「あ、ありがとう!…なあ和、本当にこの2人、恋人として付き合ってなかったのか?」
言わずもがなってやつだけど、一応言っておこう。
「本人達が言ってるんだし、普通に友達だったんじゃない?」
「う~ん、そうか~…まあ、そんな気してたけど」


459 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/26(土) 19:53:30.36 ID:MEbuWlxSO
「よーし唯!お前のギターテクをかっちゃんに見せつけてやれ!」
「任せてりっちゃん!」
「アンプがないと迫力ないですよ?」
「あう~残念。またいつかね、かっちゃん先輩」
「おう、楽しみにしとくよ。じゃあな」
そういうと先輩は、音楽室を出て行く。
「え~もう帰っちゃうの~!?」
「いや、こう女の子ばっかだと、なんか肩身狭くてさ。またどっかのライブハウスあたりで会おうぜ」
「うん!じゃあね~!」
「見送ってくわ」
「噂されても知らねーぞ?」
私と先輩は校門の前まで来た。
「そういやさっき、お前がいたから、俺が平沢と付き合わなかったんじゃないかって聞いてきたよな?」
「それが何か?」
「ホントはさ、それの逆だったんだ。…平沢からお前を取っちまうのが嫌だった」
「……え?」


462 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/26(土) 20:15:43.40 ID:MEbuWlxSO
それ…どういう…。
「俺がいつも平沢呼んでたのはさ。なんか、お前が寂しそうに見えたから。平沢がいると、お前が笑顔でいてくれるから」
…………。
「最初は平沢狙いだったんだけどさ…お前の笑顔に惚れちまって。でも、言えなかった。2人の仲を引き裂きたくなかった」
…………!
「あの時の俺は、真鍋が好きだったんだ。もちろん、今でもその気持ちは変わってない」
……!!
「…って、何を今更って話だよな?…ああ、まあ、忘れてくれ」
「ズルいですよ…こんなタイミングで言われたら、忘れにくいじゃないですか!」
私だって、好きだったんだから!
…とは、何故か怖くて言えなかった。
「ん。一応、携帯の番号とメアド渡しとくな。返事はいつでもいいぜ?んじゃ、またな」
そう言って私にメモを渡すと、先輩は去っていった。


463 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/09/26(土) 20:37:36.04 ID:MEbuWlxSO
その日の夜、私は先輩にメールで返事をした。
本当は声を聞きたかったけど、そうしたらまた揺らいでしまう気がして。

数日後

「えっ!?和ちゃん、かっちゃん先輩に告白されたの!?」
「うん。でも断っちゃった」
「うわ、もったいねー!結構イケメンだったじゃんか!」
「どうして断っちゃったの?」
「もうちょっと、みんなとの時間を楽しみたいかなって」
「和…ごめんな、ありがとう」
「あんたやっぱええ人や~!」
「そうだ。唯にも番号とメアド教えとけって言われたんだった。はいこれ」
「おお、ありがと~。これで約束が果たせるよ~!」

今はまだ、みんなといたい。
この時間を大切にしたい。
でも、もし先輩が、この先ずっと私を好きでいてくれるなら、その時は…。
私から、会いに行きます。
その時まで、待っていてください。
大好きな、私の先輩。



終わり