※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

876 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 01:32:01.00 ID:Pe/GXY6F0
ミーンミーン
律「暑い……」

唯「暑いね……」

律「いや今は店内だからそんなことないんだけどね?」

唯「あ、そうだったね」

律「なんかさ……とりあえず言ってみたかったんだよ」

唯「分かるよりっちゃん」

律「夏だなぁ……」

唯「夏だねぇ……」
877 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 01:33:21.40 ID:Pe/GXY6F0
唯「澪ちゃんは?」

律「夏期講習だってよ」

唯「ムギちゃん」

律「海外旅行でしょ多分」

唯「私たちは?」

律「マックでだべってる」

唯「この世の無常を感じるね~」

律「無常の意味知ってるのか?」

唯「さあ」

律「やっぱりな……」
880 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 01:34:47.38 ID:Pe/GXY6F0
唯「あずにゃんでも呼ぶ?」

律「呼んでどうすんだよ……可愛そうだろ、私たちの都合で振り回しちゃ」

唯「りっちゃんがまともなこと言ってる!……ような気がする」

律「うっせー余計なお世話だよ」

唯「よく考えたら憂と遊びに行ってるや、あずにゃん」

律「早く言えやそういうことは」

唯「あははごめーん」

律「……はぁ」

唯「……ふぅ」
883 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 01:36:12.22 ID:Pe/GXY6F0
律「そういや唯は課題……終わってるわけないか」

唯「課題?なにそれ」

律「予想通りの答えありがとよ。はぁ~……また澪に見せてもらうか」

唯「澪ちゃん手伝ってくれるかなぁ」

律「あいつ押しに弱いからなぁ。楽勝楽勝」

唯「りっちゃん悪いんだ~」

律「持つべきものは親友ってね」

唯「じゃあ私は憂に手伝ってもらおっかな~」

律「その選択に疑問を抱かないのかお前は……」

唯「別に~?小学校のころからそんな感じだったもん」

律「流石憂ちゃん……」
885 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 01:37:36.26 ID:Pe/GXY6F0
律「しっかし何をやってんだろうなぁ私たちは」

唯「疑問に思っちゃ負けだよりっちゃん」

律「もっとこうさ、高校生らしい過ごし方があると思うんだよ私は」

唯「例えば?」

律「彼氏作って~バイトして~遊びに行って~……みたいな」

唯「何だかめんどくさそうだね」

律「うん……私も言ってて虚しくなってきた……やっぱ今のまんまでいいや」

唯「部活楽しいもんね」

律「まあね。もともと私が始めたんだし、楽しまなきゃ損だけど」

唯「だけど?」

律「なーんかずれてる気がするんだよね……世間ってやつと」

唯「りっちゃんの言ってることは時々分かんない」

律「ま、言ってみただけだよ。特に意味はない」

唯「ふーん」
886 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/08(月) 01:39:04.06 ID:Pe/GXY6F0
律「……そろそろ出よっか」

唯「そうだね」

律「明日は一日部活だからね。昼ごはん忘れんなよー」

唯「大丈夫っ!憂に作ってもらうからっ!」

律「よくできた妹さんをお持ちで羨ましいわ」

唯「でしょー」

ウィーン

律「あっづい!」

唯「うえ~……」

律「日が落ちてるのにこの暑さとは……まあいいや、じゃあねー」

唯「また明日~」