※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このSSは『【けいおん!】唯×憂スレ』というスレに投下されたものです
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1252737307/l50

303 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/09/28(月) 00:43:27 ID:eWrwQy7o
憂「お姉ちゃん」

唯「……」

憂「お姉ちゃんってば」

唯「んぅ~」

 寝ていらっしゃる。
 完膚なきまでに寝ていらっしゃる。
 『そんなところで寝てると風邪ひくよー?』
 そう口にするよりも早く、私は動いていた。

 ぷにっ

唯「ん、んぅ~……」

 やわらかいほっぺた。
 この幸せそうな表情。
 見ているこっちが幸せになってしまう。
 可愛いなぁ、もう。

 ぷにっ

唯「んぅ~、そこはダメだよ、うい~……」 

憂「!!」

 そ、そんなことを言われてしまうと
 ぷにっ
 尚更やめたくなくなってしまう
 ぷにっ
 ああ、病み付きになってしまいそう
 ぷにっ

唯「……ハッ!?」

 ぷにっ

唯「ごめん、寝ちゃってふぁ」ぷにっ 

 起きたことにも気付かずに、ぷにぷにし続けていた為、
 お姉ちゃんの台詞の語尾が可愛らしくなった。
304 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/09/28(月) 00:44:52 ID:eWrwQy7o
憂「あ、ごめんお姉ちゃん、起こしちゃった……というか起こそうとしてたんだけど」

唯「……」

 寝ぼけ眼のお姉ちゃんと、少しの間見つめ合う。

 ああ、寝起きのお姉ちゃんも可愛ら――「ひゃん!?」

唯「ふふふ、お返し~」

 とっても嬉しそうな表情で、私の両腋に手を滑り込ませているお姉ちゃん。

唯「もう一回言って」

憂「……」

唯「ひゃん!?だって、もう、憂はかわいいなぁ」 

憂「ふふ、お姉ちゃん」

唯「なに?」

憂「こちょこちょこうげきぃ!」

唯「きゃあっ!……っ、あはははっ、ちょっ、うい、すとっ、あはははっ!!」

 少しだけ体重を乗せて、お姉ちゃんを組み敷く。
 元々寝ていた体勢なのだ。
 ポジション的に見て、どう考えたって私の方が有利である。

 しかし、お姉ちゃんもまた簡単には諦めない。
 くすぐり攻撃を受けながらも、その両手は私の腋、そして脇腹を攻める。

憂「くっ、あはははっ!!わ、私を本気にさせたなー!?」

唯「あはははっ、ひっ!?う、うい、胸はダメっ!!」

憂「胸じゃない、腋!」

唯「腋!?」

 ――今日もまた、私とお姉ちゃんの幸せな夜が更けていくのでした。









すばらしい作品をありがとう