※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

273 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/09/29(火) 21:44:01.69 ID:esbY0niM0
【私はヒミツ諜報部員】

[指令1]ー[私が諜報部員!?]


「えっ? ホントにっ!?」

 唯は電話越しに聞こえた憂いの言葉に、思わず声を上げてしまった。
 無理もない、それは唯にとって最高のサプライズだったからだ。

「お父さんとお母さんが、帰ってくるの!?」

 部活が終わり、さて帰ろうかという矢先であった。
 あまりに唯が大声で話すので、憂は受話器を耳から10センチほど離さなければならなかったほどだ。

『お、お姉ちゃん。声大きいよぉ』
「だって、嬉しいんだもん!」
『うん、私もすっごい嬉しいんだ』
「じゃ、今日は御馳走だねっ!」

 楽しそうに電話をしている唯を、他の4人は遠巻きにに見ていた。

「ふふ……嬉しそうね、唯ちゃん」
「無理もないさ。久しぶりに両親に会えるんだから」
「何か見てるだけでこっちまで嬉しくなってきますね」

 みんな自然と笑顔がこぼれていた。



275 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/09/29(火) 21:45:32.64 ID:esbY0niM0
「うん、じゃぁすぐに帰るからねっ!」

 言い終えると、唯は携帯を切って鞄に放り込んだ。
 そして一目散に駆けだした。音楽室の外へ。

「あっ! みんな、今日は先に帰るねっ!」
「あいよ~」

 ドアの所で一瞬止まり、笑顔で言う唯に律がニヤニヤしながら手を振る。
 どたばたと階段を降りる音がして、それもすぐに聞こえなくなった。

「行っちゃったな……」
「うらやましいですね」

 澪と梓は遠い目をしながらつぶやく。

「よしっ! 今日は4人で食べにでも行きますかっ!」
「あらあら、今日はりっちゃんのおごりかしら」
「ごちそうさまですぅ、律先輩」
「ななな……」

 残された4人もまた、にぎやかに階段を降りて行った。



277 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/09/29(火) 21:46:28.65 ID:esbY0niM0
 家まで止まらず猛ダッシュで唯は走り続けた。
 頭の中には、父と母のにこやかな笑顔。
 2人が家に帰ってくるのは、唯が高校生になってから始めてのことだ。
 だから、もう2年以上は会っていない。
 もうすぐ、もうすぐ会える。
 その気持ち一つで唯は走り続けた。

「はぁ……はぁ……」

 自分でも驚くぐらい早く家に着いた。
 玄関の前で、少し呼吸を整える。

「よ、よぉし」

 唯は恐る恐るインターホンに指を近づける。

「えいっ」

 ピンポーンと鳴ってからドアが開くまで、どれだけ待ち遠しかったことか。
 唯は2人と何を話すかを考え続けて、頭が一杯だった。
 だからかもしれない。
 ドアノブが回る音に気が付かなかった。



279 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/09/29(火) 21:48:03.46 ID:esbY0niM0
「おかえり、唯」

 懐かしい父の声。
 唯ははっと気付く。
 目の前には両親がいた。

「おとうさん……おかあさん……」

 自分の声が震えているのが分かった。
 目の前が霞む。唯は目に涙をためていた。

「おかえりなさいっ!!」

 言うと同時に父に抱きつく。

「寂しくなかったか?」
「うんっ!」
「高校楽しいか?」
「うんっ!」

 耳元で聞こえる父の声、あの時となんら変わらない。

「今日は、今日は御馳走だからねっ」
「あぁ、今日はお母さんと憂が作ってくれたんだぞ」
「お母さんが!?」
「そうよ、唯。元気してた?」
「うんっ!」

 母もまた、相変わらずだ。
 変わらない2人に、唯は心一杯の嬉しさを感じていた。


281 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/09/29(火) 21:49:37.24 ID:esbY0niM0
「よし、じゃぁとりあえず御馳走食べような」
「うんっ!」

 そう言って父から離れ、唯は鞄を持って自分の部屋へ階段を駆け上がる。
 部屋のドアを開き、鞄を放り、すぐに着替えた。
 そして、ばたばたと階段を下りていく。
 テーブルには、もう3人が座っていた。

「わっ! すごいっ!」

 テーブルの上には、今まで見たこともないような御馳走が並べられていた。

「お姉ちゃん、お帰り!」
「ただいま、憂!」

 憂もまた、満面の笑みを浮かべていた。
 唯は両手をしっかりと合わせた。
 それを追うように、他の3人も手を合わせる。

「いただきますっ!」

 家まで走ってきたということもあり、唯はかなり腹ペコだった。
 次から次へと御馳走を口に放り込む。

「はむはむ、はふっ」
「はは、相変わらずだな、唯」
「はむはむっ!」

 和やかな食事の合間に、懐かしい話を沢山した。
 学校生活のことや、高校受験のこと。それから部活のことも。


283 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/09/29(火) 21:51:37.54 ID:esbY0niM0
「そうか、唯は部活を始めたのか」
「軽音部に入ったんだ!」
「あら、楽器は何をやってるの?」
「ギターだよっ!」
「おぉ、恰好いいな。今度父さんに聞かせておくれよ」
「うんっ、もちろんっ!」

 楽しかった食事が終わり、両親も今日は帰ってきたばかりで疲れているからと、そのまま寝ることになった。

「唯、また明日な」
「うん、起こしに行くからねっ!」
「こりゃ驚いた。唯に起こしてもらえるなんて」
「お姉ちゃん、早起きになったんだもんね」
「てへへ……」

 照れ笑いをする唯に、母が優しい笑顔を向ける。

「それじゃぁ、おやすみなさいね」
「おやすみなさいっ!」

 唯と憂は声を合わせて応え、そのまま階段を上って行った。




284 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/09/29(火) 21:53:25.25 ID:esbY0niM0
 日付が変わった頃だった。
 コンコンというノック音に唯は起こされた。

「うぅん……誰ぇ?」
「唯、父さんだ。ちょっといいか?」
「うんっ!」

 父の声が聞こえると、唯はすぐに元気になった。
 父はそのまま部屋に入ってきた。

「どうしたの?」
「唯、ちょっと散歩に行かないか」
「うんっ!」

 2人は静かに家の外に出た。
 月が綺麗に2人を照らす。
 雲ひとつない、綺麗な夜空。
 珍しく星が輝いて見える。

「綺麗……」 

 唯が思わずため息を漏らす。
 だが、父は空を見ずに唯の横顔を見つめていた。 

「唯……父さんな、唯に話さなきゃいけないことがあるんだ」
「えっ?」

 唯が振り向いた先にある父の顔は、少し暗かった。



287 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/09/29(火) 21:54:43.94 ID:esbY0niM0
「唯は、父さんと母さんがいつも何してるか知ってるか?」
「う~んと、いつも海外で旅行してるんでしょ?」
「そうだな。お前達2人にはいつもそう言ってたよな……」

 父はふと昔を思い出して、何ともいえぬ哀愁を漂わせた。

「思えば、お前達も大きくなったもんだ」
「やだなぁ、照れちゃうよっ」

 唯は思わず顔を赤らめる。

「実はな、父さん達は唯に隠していることがあるんだ」

 そう言って父は歩みを止め、唯の顔を見つめた。
 唯も自然と歩みを止め、父の顔を見つめる。

「あのな……父さんと母さんはな……」

 しばしの沈黙。
 唯は生唾をゴクリと飲み込んだ。

「諜報部員なんだ」

 月明かりに照らされた父の顔が、今まで見てきた中で一番真面目に見えた。






288 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/09/29(火) 21:56:49.32 ID:esbY0niM0
「えっと……お父さん?」

 唯は次に言うべき言葉を選びたかったが、頭がこんがらがってしまった。

「その……つまり……」
「そう、父さん達は『スパイ』なんだ」
「はわわっ」

 唯は思わず天を仰いだ。
 相変わらずため息の出そうなほど綺麗な夜空だ。
 だが、今度はため息は出なかった。

「今まで黙っていて、すまなかった」
「うん……」
「だが、もうすぐお前も18歳だ。もう知らなくてはいけない年になってしまった」
「別に……嫌じゃないよ」
「……?」
「お父さんとお母さんがスパイでも、私、大丈夫だよ」
「そうか……」

 だが、父はそのまま黙ってしまった。

「……お父さん?」
「唯……スパイ映画は見たことあるか?」
「えっ」

 突然の質問に、唯は思わず戸惑う。



290 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/09/29(火) 21:58:01.06 ID:esbY0niM0
「ん~と……テレビでちょっとだけ」
「そうか」

 再び父は歩き出した。
 つられて唯も歩き出す。
 ただ来た道を戻るだけなのに、なんだか全然違う道のように見えた。
 家の前まで来ると、再び父は歩みを止めた。
 そして、そのまま何かを考えているようにうつむく。

「……どうしたの? 入らないの?」

 唯の声にも、父は動かなかった。
 しばらく、そのまま時が流れた。
 5分ほどそうしていただろうか、突然父が口を開いた。

「唯……来てくれないか」
「えっ?」
「……ボスが待っているんだ」
「ぼ、ぼす?」

 唯にはとても理解できなかった。

「えっと……それはどこかに出かけるっていうこと?」
「すまない、もう時間がないんだ」

 父は突然、懐から携帯電話のような端末を取りだした。
 何度かボタンを押し、それを耳に当てる。




292 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/09/29(火) 22:00:27.92 ID:esbY0niM0
「私だ。昨日の場所に来てくれ」
『了解しました』

 短いやり取りを終えると、再び唯に目をやる。

「今から出発だ。朝までには戻れると思う」
「はわわっ?」
「車に乗るぞ、唯」

 そう言って父は車の所まで歩いて行き、助手席のドアを開けた。

「細かい説明はここでは出来ないんだ。乗ってくれ」
「う、うん……」

 唯は少し迷った。
 だが、目の前にいるのは紛れもなく父である。
 心の中で決心を付け、唯は車に乗り込んだ。
 すぐに運転席へ父が乗り込む。

「眠かったら寝てていいからな」
「うん……」

 車の緩やかな振動は、唯を再び深い眠りへと誘ってゆく。
 薄れゆく意識の中で、唯はぼんやりと思った。

(夢、なのかな……これ)

 丑三つ時の住宅街を、車は走り抜けて行った。


476 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/09/30(水) 21:17:58.74 ID:2w+NyyNI0
「唯、着いたぞ」

 父が車のドアを開けた音で唯は目を覚ました。
 眠そうに眼をこすりながら、車の中から外を見回してみる。

「……ここは?」
「秘密基地、だ」

 助手席のドアを開けながら、父は唯の問いに答える。
 その直後、背後から声がした。

「待ったぞ、ヒラサワ」
「すみません、ボス」

 相手はいい感じに太った中年男でいい感じにスーツを着こなす、どう見てもそこらにいそうなおじさんだ。
 だが、声はその体に似つかず妙に澄んでいた。
 男は唯ににこやかに笑いかける。

「初めまして……かな? 平沢さん」
「は、はじめまして!」

 いきなりだったので、妙に緊張してしまった。
 だが、唯は頭の片隅で妙に引っかかるような気がしていた。
 そう。この男、見たことがあるような……
 そして男は唯の疑問を見透かすように笑い声を上げた。


477 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/09/30(水) 21:22:15.68 ID:2w+NyyNI0
「はははは。これなら分かるじゃろ」

 笑い声の後のしわがれ声。
 その声を聞いた瞬間、唯は確信した。

「こっ、校長先生!?」
「いかにも」

 満足げに頷きながら、校長は唯に背を向ける。

「君の話はさわ子君からも聞いておる」
「そ、そうなんですか?」
「うむ。随分と天然な女の子だそうじゃないか」
「はわわっ」

 唯は少し照れた。
 自分でも半分自覚しているつもりだったが、それでも面と向かって言われると少し恥ずかしい。

「すまないが、ここからは元の声でいかせてもらうよ」

 そう言いながら、校長の声はしわがれ声から元の妙に澄んだ声に変わっていった。
 何かすごい隠し芸でも見たかのように目を輝かせながら、唯は尋ねた。

「どっちか地声なんですかっ?」
「ふふ、秘密だ」

 口に軽く指を当てながら、校長は済んだ声で答える。
 そして、そのまま近くにあった椅子に腰を下ろした。




478 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/09/30(水) 21:33:02.28 ID:2w+NyyNI0
「まぁ、座りたまえ」

 そう言いながら進められた椅子に、唯は遠慮がちに座る。
 父も続けて座った。

「自己紹介がまだだったね」
「えっ、校長先生ですよね?」
「それは表の顔で本業は秘密諜報部員のボス。という訳だ」

 校長が不敵な笑みを浮かべる。
 唯は校長の言葉が理解できなかった。

「まぁ、突然言われて納得しろというのが筋違いだ」

 黙りこくってしまった唯を見ながらそう言うと、手元のスイッチを押す。
 校長の後ろの壁に、突然映像が浮かび上がった。

「聞いたと思うが、君のお父さんも秘密諜報部員だ」
「は……はい」
「ヒラサワには世界中を駆け巡って活躍してもらっている。仕事熱心な奴でな」

 そう言って校長は父に視線を移す。

「はは、照れますよボス」
「だが、それと引き換えに家庭という大切なものを奪ってしまった」

 校長は二人に向き直った。


480 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/09/30(水) 21:38:05.75 ID:2w+NyyNI0
「いまさらだが、許してくれ。これには私の責任もあるんだ」

 すこし頭を下げる校長に、父が慌てて声を掛ける。

「そんな、ボス、あなたのせいじゃないんだから」
「私の人望が無かった。それが元で人材不足に落ちいったのは事実だろう?」

 校長は遠い目をしていた。

「それを言ったら国の責任でしょう」
「む……」
「景気が悪くなれば、給料も安くなる。しょうがない話です」
「しかし、それで残ってくれたのはわずかばかり」
「こんなに命懸けの国家公務員なんてありませんからね」

 唯には何が何だか分からない。
 ただ、乾いた笑いが交る会話が景気のいい話でないことは分かった。

「人材不足という四文字がいつも私の頭に付きまとう……」
「察しますよ」
「ふむ……」

 ふと、唯は校長の視線を感じた。




481 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/09/30(水) 21:42:13.46 ID:2w+NyyNI0
「しかし、本当にいいのかね?」
「えぇ、能力は間違いなくあります」
「ふむ……私としても、軽い任務を優先的に与えるつもりだ」
「そうして頂けるとありがたい」

 そして、その視線が2人に増えたのを感じた。

「唯……」
「な、何っ?」
「耳をすましてみてくれ」

 突然何を言われるかと思った唯は、意外な言葉に言われるがままに従った。

「どうだ、何か聞こえるか?」
「うん、話声が……」
「ほほぅ」

 とたんに校長が驚きの声を上げた。

「話は本当のようだな」
「えぇ」

 唯には何が何だか分からない。
 ただ、人の会話が聞こえたのは事実だ。




482 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/09/30(水) 21:49:21.30 ID:2w+NyyNI0
「唯、落ち着いて聞いてくれ」
「う、うん。大丈夫だよ。もう驚き過ぎて、落ち着いちゃってるから」

 父は少し間を置いて言った。

「お前は普通の人より、すこし優れた能力を持ってるんだ」
「へっ?」
「そのな、例えば今のを例に挙げれば、お前はすごく耳がいい」

 そう言われて思い出した。
 梓に耳だけでチューニングをしていたことに驚かれたことを。

「でも、そんな人よくいるし……」
「それだけじゃない」
「ふぇ?」
「目もいいし、体も丈夫だ」
「で、でも私、体育の成績あんまり良く無いしぃ……」
「すまんな、少し力を押さえさせてもらったのじゃ」

 校長がにこやかに暴露する。

「へっ!? 校長先生が?」
「そうじゃ。少なくとも学校ではな」
「でも、どうやって?……」
「学校には銅像があるだろう? それがいわゆる『結界』のように君の力を押さえていたのだ」
「???」
「まぁ、そんなに深く考えなくてもよい」


483 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/09/30(水) 21:54:56.74 ID:2w+NyyNI0
「母さんと父さんは、そういう能力を生かして国のためにスパイをやってきたんだ」

 父がさらりと言う。

「ま、職場結婚には驚いたがな」
「それは言わない約束でしょう」

 唯は悟った。
 この二人が自分にしてほしいことを。

「えっと……」
「何だ? 唯」
「もしかして、私がこの仕事をすることになるの?」

 二人は顔を見合わせ、そして同時に言った。

「そういうことだ」
「そいうことじゃな」

 唯はそれを聞き、満面の笑みになった。

「じゃぁ空も飛べるの!?」
「えっ?」
「魔法みたいに、指先一つで物も動かせるの!?」
「おほっ?」

 そう言いながら、唯はくるくる回ったり、跳ねたりしてみせた。




484 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/09/30(水) 22:01:29.28 ID:2w+NyyNI0
「ホイミっ!」
「……」
「ファイラ!」
「……」
「懐かしいのぅ」
「えぇ。どこで聞いたんだか」
「……」

 二人の軽薄な反応に、唯はすぐに黙ってしまった。

「まぁ、今日の所はこんなもでいいじゃろ」
「そうですね」

 校長が立ち上がると、父も立ち上がった。

「唯、明日は学校だ。この話はまた今度しよう」
「ふぇっ!?」
「明日学校に行けば、また知ることがある、残りはその時までのお楽しみだ」
「えっ!? それってどういうこ――――」

 唯の記憶はそこで途切れる。
 気付けば朝で、唯はベッドの上で寝ていた。
 そう、いつものように。

[指令1]‐[終わり]