※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

116 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/10/02(金) 00:00:14.78 ID:cWp9UJoT0
【私はヒミツ諜報部員】

[指令2]-[浮遊眉毛]

 思い返してみれば、あれは夢だったのかもしれない。
 そう唯が思うのも無理は無い。
 なぜなら、目を覚ました時父と母はすでに家を出ていたからだ。

「突然お仕事が入っちゃったんだって……」

 悲しげに言う憂の表情からそれが嘘ではないことはすぐに読み取れる。
 せめて家を出る前に一言話しておきたかったと後悔する。
 そんな後悔が表情に出てしまったのか、憂が心配そうに唯の顔を覗き込む

「でも、お姉ちゃん。今度はすぐに帰ってこれるかもだって」
「えっ、ホントに?」

 思わぬ吉報に数秒前の後悔も吹き飛んだ

「だから、気を落とさないで。ねっ?」
「うんっ」

 差し出された小さな憂の手を握る。
 そう、私達はこうして今まで乗り切ってきた。
 唯は姉妹の絆を今一度確認して、時計をチラと見る。

「そろそろ、学校に行かなくちゃだね。うい」
「そうだねっ!」

 その日の朝、二人は一緒に登校した。


117 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/10/02(金) 00:00:58.79 ID:cWp9UJoT0
 校門をくぐると、梓や澪、律達が見えた。

「おはよう! みんなっ!」

 こちらが手を振ると、気付いたのか手を振り返してくる。

「おはよっ!唯に憂ちゃんっ!」

 相変わらずのテンションで律が叫ぶ。
 その太陽にも負けない笑顔は唯を何度も励ましてきてくれた。

「あれっ、ムギちゃんは?」

 いつものメンバーの中にムギがいないことに気付く。

「そういえばそうだよな。いつもならここら辺で会うのに」
「ま、そういう日もあるさ」

 澪の冷静な分析を律は感覚でさばく。
 澪と律の関係はそんな危なっかしい相互扶助を醸し出していた。

「それでは放課後、部室でまたっ」

 先輩3人にぺこりと頭をさげ、梓は憂と二人で廊下を歩いて行った。
 残された3人もすぐに2年の教室に向かって歩き出す。



118 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/10/02(金) 00:01:38.00 ID:cWp9UJoT0
「なぁ、唯」

 律が唯に声をかけてきたのは、それからほとんど間をおかずに、だ。

「父さん母さんにはちゃんと会えたのか?」

 いい返事を期待しているとみえて、律の目は爛々と輝いている。

「う~ん、と」

 唯は少し思案を巡らす。
 言ってもいいのだろうか、昨日のことを。
 だが、秘密にしろとは言われていなかったはずだ。
 それにそもそも昨日の出来事が夢かもしれないのだ。
 唯は軽く目を閉じると、律の耳もとに口を持っていく。

「実はね、私のお父さんとお母さんって――」

 最後まで聞かず、律はすっとんきょうな声を上げる。

「ええっ!?」
「ちょ、りっちゃん」

 その声に、隣で興味なさげに携帯をいじっていた澪もこちらに目を向ける。

「どうしたんだ」
「あのな、澪……」

 今度は律が澪の耳元に口を近づける。
 まるで、伝言ゲームのようだ。


120 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/10/02(金) 00:02:22.44 ID:cWp9UJoT0
「……ホントなのか? それ」

 律から伝言を聞き終えた澪は、珍しいものを見るような目つきで、唯を見つめる。

「んっ、と……」

 本当と言えば本当だし、嘘と言えば嘘かもしれない。
 いや、やっぱり本当なんだろう。

「ホント、だよ」
「そうか――」

 唯の言葉を聞くなり、澪は腕を組んで考え事を始めた。
 そして突然顔を上げる。


121 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/10/02(金) 00:03:09.22 ID:wf6/k5Rh0
「なぁ、唯」
「何?」
「お前も、諜報部員なのか?」
「!!!」

 あまりにもストレート。
 唯はノックアウトされた気分になってしまった。

「そうなのか!? 唯」

 律も話に乗ってくる。

「うんと……」

 唯は昨日の記憶をたどってみる。
 そう言えば、私がこういう仕事をすることになるって言ってたような……
 そして、気付いた時には言葉が口を出ていた。




122 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/10/02(金) 00:03:49.88 ID:cWp9UJoT0
「そうだよっ!」

 満面の笑み。
 まるで難解なパズルを解いた時のようなそんなスッキリとした顔で言われたので、澪と律は開いた口がふさがらなかった。

「じゃ、また放課後っ!」

 気付けば教室のドアの前まで歩いてきていた。
 唯は澪に手を振り、そそくさと教室に入った。

「な、なぁ唯」

 慌てた律の声が唯の背中を追いかける。

「任務は何なんだ?」
「へっ?」
「だから、仕事があるんだろ?」
「し、仕事?」
「だって、諜報部員なんだろ?」

 そう言ってウインクしてくる律の表情から、唯は隠された意味を悟った。
 『ここでボケろ』と。

「そ、そうだねっ。今日はムギちゃんの秘密を調べる仕事なんだ」
「ほほぉ、行方知らずになっているムギ嬢についてですな、唯隊員」
「そうであります! あ~る大佐」
「任務成功を祈っておるよ、唯隊員」

 そう言って敬礼のような仕草をした後、律は笑い始めた。


123 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/10/02(金) 00:04:38.52 ID:wf6/k5Rh0
「あははっ! こういうのもアリだな」
「放課後、澪ちゃん達にも見せようよっ!」
「そうだなっ!」

 律がガッツポーズをした瞬間、チャイムが鳴った。
 担任の先生が入ってくる。
 唯はすぐに気付いた。
 表情が暗い。
 何かあったのだろうか。

「皆さん、今日は残念なお知らせがあります」

 ざわめいていた教室が静かになる。

「琴吹さんが、今日の朝から行方不明になっています」

 一瞬、空気が凍りつく。
 そして再び教室がざわめき始める。
 振り向いた律と目が合う。
 だが、唯はすぐに目をそらしてしまった。
 それは向こうも同じだった。

「何か知っていることがあれば、教えて下さい」

 唯の頭の中で、担任の声だけが無常に響き続けた。


178 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/10/02(金) 11:43:43.83 ID:cWp9UJoT0
 これだけ重苦しい気持ちで音楽室に向かうことが、かつてあっただろうか。
 いや、無い。
 唯と律は互いに一言も交わさず、ただただ階段を上って行った。
 そのまま音楽室に入る。
 誰もいない。
 もちろん、ムギもいない。

「あ~る大佐……」

 急に声を掛けられたので、律は飛び上がりそうになってしまった。
 さっきの調子で声を掛けられたので、そのまま返す。

「な、なんだ唯隊員」
「任務……遂行ですか?」
「あ…」

 そう言われて、律ははっと我に帰る。
 だが、それを思い出す前に律の頭の中に大きな理性がもたげてきた。

「唯、もう遊びじゃないんだぞ」

 言って気付いたが、それは驚くほど冷徹な声だった。

「そう……だよね」
「べ、別に唯を責めてるわけじゃないからさ」

 うつむく唯を見て、律はなんとか取り繕う。
 誰だって辛いのだ。
 大切な友達が誘拐されたとあれば。


179 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/10/02(金) 11:44:56.11 ID:cWp9UJoT0
「り、りっちゃん……」
「なんだ? 唯」

 だから、唯は考えた。
 友達を救う為に、私の力を使おうと。

「あ、あのね。さっきまでの話――」

 唯は律の瞳を見つめた。

「本当なんだ」
「ホント?」

 すぐに聞き返してきた律の顔には、少し疑惑の念が浮かんでいる。

「ホントの本当」
「ホントのホントの本当?」
「ホントのホントのホントの本当」
「ホントのホントのホントのほんちょっ」
「あ、噛んだ」

 二人で声を上げて笑う。


180 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/10/02(金) 11:45:37.04 ID:cWp9UJoT0
「何してるんだろう、私達」
「ムギを助けるんだろ」
「はっ! そうだった……」
「おい、忘れてたのかよ……」

 そして二人は向き合う。

「とりあえず、唯がホントの諜報部員だったとして」
「うん」
「何が出来るんだ?」
「そうだねぇ……」

 唯は少し耳を澄ましてみる。
 梓と澪の話声が聞こえる。
 もう少し耳を澄ます。
 どうやら職員室にいるみたいだ。

「今、澪ちゃんとあずにゃんは職員室の前で話をしてる」
「おぉっ!?」
「行ってみよ」



181 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/10/02(金) 11:46:29.02 ID:cWp9UJoT0
 そそくさと2人は階段を降りて行った。
 案の定、そこには2人がいた。
 そして、もう一人、困り果てた顔のさわ子先生が。

「あら、2人とも! 丁度いい所に来てくれたわ」
「こんにちは~何かあったんですか?」

 さわ子は手に紙を持っていた。

「例のムギちゃんの件よ。あなた達が何か知らないかと思って」

 すでに話をしていた澪と梓は不安げに後から来た2人を見つめる。

「まさか、ムギ先輩が……」

 梓は今にも泣きそうだ。
 その後、さわ子先生の事情聴取は程なく終わった。
 何の収穫もナシとう結果で。
 そのまま音楽室へとやって来た4人は、唯の話を聞いた。





182 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/10/02(金) 11:47:15.33 ID:cWp9UJoT0
「まさか、唯先輩が……」
「あずにゃんが驚くのも分かるよ、でも……」

 唯の言葉を紡ぐように、澪が言う。

「ムギを助けるためには、これしかない。だろ」

 唯は澪を見た。
 澪の目は決意に満ちていた。
 そして、そのまま言った。

「――実は、私も諜報部員……唯の仲間なんだ」

 唯は驚いて何も言えなかった。
 梓も律も同じような気持ちで澪を見ていた。

「実はな、ムギのお付き。つまり監視役という形で――」
「澪」

 律が突然言葉はさむ。

「なんだ、律」
「なんで今まで教えてくれなかったんだよ」

 澪は覚悟していた。
 幼馴染であるのに今まで秘密にしてきたのだ。
 一発や二発ぶたれてもしょうがないと思った。
 だが、律は何もしてこない。
 そして言った。



183 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/10/02(金) 11:48:47.31 ID:cWp9UJoT0
「知ってたら友達に自慢できただろ~!!」
「こら」

 律の頭を軽く小突く。

「考え方が逆だ。むしろ目立たないようにするために今までこう振舞ってきたんだ」
「ふむ……」

 すると、律は少し納得したような声を上げる。

「だから、性格はキツイのに妙にか弱かったんだな」
「こら」

 2回目。

「冗談、冗談」
「頼むから休み休みにしてくれ。連続で言われても困る」
「でもな、澪……」
「分かってる。今までこんな形で騙してきて申し訳ない――」

 しばらく2人は向き合いながら語っていた。

「あぁ、幼馴染とはかくいう素晴らしいものですね」
「そうだねぇ、あずにゃん」

 梓と唯はそんな2人を微笑ましく見ていたのであった。


272 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/10/02(金) 23:04:13.77 ID:cWp9UJoT0
 ムギはうなされていた。
 琴吹のお嬢様。
 いつもそう呼ばれていた。
 自分が嫌だと思っても、周りはそれを止めない。
 どうしても出来てしまう周りとの壁。
 だから、高校で純粋な友達を作れて本当に嬉しかった。
 同じ年頃の女の子たちと遊ぶことがこんなに楽しかったなんて。
 それに、最近はアルバイトも始めた。
 最初は親や周りの人間に反対はされた。
 でも、今は自分の意思でやっている。
 そんな最近の生活に、ムギは十分に満足していた。
 だけど、やっぱり普通の女の子にはなれない。
 そういう運命なんだと思ってしまえば諦めがつくのかもしれない。
 だけど、だけど、だけど。
 そう頭の中で呟くたびに自分が泥沼の中に引きずり込まれていくような感じがした。
 唯ちゃん、りっちゃん、澪ちゃん、梓ちゃん。
 軽音部のメンバーの顔が浮かんでは消える。

「おい、起きろ」

 乱暴な男の声でムギは目を覚ました。



273 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/10/02(金) 23:05:04.14 ID:cWp9UJoT0
 気付けば縄で体を縛られていた。
 目の前の男は覆面を付けており、感情は声の調子から推測するしかない。
 ムギは思い出した。
 昨日の夜のことを。
 それは家の門の前で起きた一瞬の出来事。
 突然目の前で止まった車から降りてくる男たち。
 背中に突き付けられた刃物は叫び声を出させなくさせるには十分だった、
 そのまま車の中に押し込められ、車は動き出した。
 息急く男達の会話。

「うまくいったな」
「おい、ホントにこいつが琴吹の娘なのか?」
「間違いない、こいつだ」

 だが、男の1人は納得のいかない顔でムギを一瞥する。

「それにしては無防備過ぎないか……?」
「油断してたんだろ」

 ムギは口に猿ぐつわをはめられており、声が出せない。
 だから必死に目で訴えた。
 助けてほしい、と。
 だが、男達はムギと目を合わせることは無かった。

「これであの『浮遊眉毛計画』も終わりだな」
「まだ分からないぞ」
「ふん、俺はもう浮足立ってしょうがない」

 『浮遊眉毛』という言葉にムギは聞き覚えを感じた。



274 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/10/02(金) 23:05:45.33 ID:cWp9UJoT0
「それより、つけられているとか無いんだろうな」
「大丈夫だ、ほら、この通り」

 男の手には完全に折られたムギの携帯があった。

「他に追跡されるような物は持ってなかったぜ」

 そう言って、ムギの方を振り向く。
 男が驚いた声を上げる。

「おい、こいつ起きてるぞ」
「な、眠らせたんじゃなかったのか!?」
「ふん、聞かれたってべつに構いやしないさ」
「だが……」
「どうする?」
「好きにしろ」

 そう言われて、助手席に座っていた男が後部座席に身を乗り出す。
 手にはスタンガンを持っていた。

「ふひひひ……」
「んッ! むぐ~っ!」

 バチンと音が聞こえ、ムギの記憶はそこで途切れた。



275 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/10/02(金) 23:06:25.72 ID:cWp9UJoT0
「おい、飯だ」

 回想にふけっていたムギははっと我に帰る。
 目の前にはパンといまどき珍しい瓶入りの牛乳が一本。
 男は縄をほどきながら言う。

「何か変なマネしたら、飯抜きだからな」

 そこにはなんの感情も感じられない。
 ムギはパンをかじりながら祈った。
 これが夢であることを。
 蜘蛛の巣が張っている窓からは、綺麗な夕暮れが見えた。 

[指令2]‐[終わり]