※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このSSは『【けいおん!】唯×梓スレ 3』というスレに投下されたものです
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1253346269/l50

306 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/10/02(金) 01:42:01 ID:J8e9PgQ9
『唯先輩、今までありがとうございました』

『えっ、あずにゃんどうしたの?』

『さようなら、今まで楽しかったです』

『何言ってるの?ねぇあずにゃん?』

『私が居なくなってもちゃんと練習するんですよ』

『行かないでよあずにゃん、 あずにゃーん!』


『…………』



「おい平沢。 平沢起きろ!」

「…はっ! すみましぇん!」

  「ハハハハハハw」

「唯~大丈夫かー。うなされてたぞ?」

「う、うん。大丈夫だよりっちゃん」


五時間目の物理の授業。お昼の後ということもあって私は寝ちゃったみたい。
それにしてもさっきの夢は何だったんだろう。
思い出したらまた悲しくなってきた。うう、あずにゃん…
えっ?どうやら私は先ほどの夢を見ながら泣いていたらしい。
りっちゃんもうなされてたって言ってたし。
でも大丈夫。あずにゃんはいなくなったりしないもん。
307 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/10/02(金) 01:43:23 ID:J8e9PgQ9
放課後部室

律「おっ、今日のお菓子はモンブランか~。」

澪「いつもありがとうな、ムギ。」

律「あれあれ?澪しゃんは練習したいんじゃなかったんでしゅかぁ?」

澪「うぅ…まだ梓が来てないんだからしょうがないだろ。」

紬「梓ちゃんからは何も連絡来てないのかしら?」

律「そうみたいだな。唯は何か知らないのか?」

唯「……」

律「お~い、唯。ゆ~い。」

唯「はっ!なになに?」

律「おい、さっきから元気ないけど、どうかしたのか?」

唯「そんなことないって~」

澪「それにしても梓遅いな~ いつも遅刻なんてしないんだけどな」

律「ついにこの部活が嫌になって帰っちゃったか?w」

唯(……!)

澪「おいおい、縁起の悪いこと言うなよ。 なぁ唯?」

唯「……うぅ」グスッ

律「唯?!どうしたんだよ?」


ガチャ
梓「みなさん、遅くなってすみません…」

唯「…! あずにゃぁぁぁぁぁん!」ダキッ

梓「もう、何してるんですか… って、泣いてる?!」

唯「会いたかったようぅぅぅ…ひっく」

梓「先輩…(とりあえずここは落ち着かせたほうが良いよね)
  よしよし、大丈夫ですよ」ナデナデ

唯「うぅ、あずにゃん…」


結局数分間部室のドアの前で2人は抱き合っていた。
その光景に紬は目をキラキラさせ、律と澪は顔を見合わせていた。
308 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/10/02(金) 01:44:32 ID:J8e9PgQ9
律「…で、話を整理すると、梓が居なくなる夢を見た唯が
  梓が本当に居なくなったと勘違いし泣いた、ということか。」

澪「唯が泣くなんて珍しいから驚いたよ」

唯「だって、怖かったんだもん…」

梓「…唯先輩は馬鹿ですね」

唯「えっ?」

梓「私が先輩を残して急に居なくなるわけないじゃないですか。」

唯「あずにゃん…」

梓「べ、別に深い意味なんてないですからねっ」

唯「あずにゃん、大好き!」ダキッ

梓「うぅ、ちゃんと練習もするんですからね(泣いてる唯先輩、かわいかったかも)」

唯「わかってるってぇ~」

梓「唯先輩?」

唯「…なぁに?」

梓「呼んでみただけです」

唯「もう、意地悪ぅ~」


律「ああ、やっぱり私達は蚊帳の外なんだな」
澪「いっそ2人でどこか遠くに行ってみたら良いんじゃないかな」
紬(やっぱり唯×梓は王道ね!)


fin




すばらしい作品をありがとう