※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

262 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/10/02(金) 22:35:01.25 ID:fIoYTWVyO
space guitar girl!



 夢を見た。また、あの日の夢だ。あれからもう、3年もの月日が経つ。
 憂……今あなたは、一体どこにいるの?どうして私から離れていったの?会いたいよ……憂……。

 地球から何億光年も離れた、別銀河のとある惑星。ギターとアンプを抱え、バイクに跨る女性が1人。
 女性は酒場の脇にバイクを停め、中に入る。
「マスター、何か景気のいい話ない?」
 マスターはチラリと壁の貼紙を見る。女性はそれを見て、首を横に振る。
「あれじゃ、ちょっとね。飛びっきりのをお願い」
 マスターは顔色ひとつ変えず、女性に酒を出す。女性も顔色ひとつ変えずに、その酒を一気に飲み干す。
 それを見たマスターは、無言で一枚のカードを差し出す。女性はそれを受け取ると、酒場を後にする。

「やるな、あの嬢ちゃん」
 酒場の隅のテーブルで飲んでいた男は、彼女の一部始終を見た感想を呟き、後を追うように酒場を出て行く。


282 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/10/02(金) 23:34:03.04 ID:fIoYTWVyO
「クラブ『BOARD』……ここみたいね」
 女性は扉を開き、地下へと続く階段を降りる。
 店内にはアップテンポのナンバーが繰り返され、それにノって踊り騒ぐ客達。
 女性は店の奥へと進む。スタッフルームに入ろうとする女性を黒服の男が止める。女性がカードを見せると、男は道を譲る。
「やあ、待ってたよ。平沢唯さん」
 女性-唯-がスタッフルームに入ってくるなり声をかける男。その両隣に、2人の女がいる。
男「俺はカズマ。ここの支配人をやってる者だ」
女A「久しぶりの『お客様』ですね。私はサクヤ。よろしくね」
女B「……ムツキです。よろしく」
「カズくんにサクちゃんにムッちゃんね。みんな、よろしくね」
 早速ニックネームをつけて呼ぶ唯。
カズマ「カズマさんにしてくれると有り難いんだけどな。支配人だし」
サクヤ「あら、可愛らしくて良いじゃないですか」
ムツキ「ムッちゃん……」


286 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/10/03(土) 00:00:22.45 ID:qCkPdfPYO
カズマ「しかし……随分ゴツいもん持ってるな。重くないのか?」
 カズマは唯の持つアンプを見て言う。普通アンプという物は、唯のように華奢な女性が片手で持てるような重さではない。
 それを唯は片手で持っているのだから、驚くのも無理はない。
唯「この子はね、友達の会社で作って貰った特注品なんだ。こう見えて意外と軽いんだよ」
そういうと、アンプをサクヤに渡す唯。
サクヤ「あら本当。軽いわ」
 嬉しそうにアンプを振り回すサクヤ。
唯「あう~アンピーいじめないで~」
ムツキ(アンピー!?名前!?)
カズマ「あ~、そろそろ本題入っていいか?」
その声に、女性陣がカズマの方を向く。
咳払いをひとつして、カズマが話し始める。
カズマ「さて、唯ちゃん。君が追っているのは、そんじょそこらの犯罪者じゃない。そうだな?」
唯「うん。多分、だけどね」
 唯は、3年前、突然記憶を失った憂を、見知らぬ女性が連れ去ったという出来事を話した。


73 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/10/04(日) 19:38:28.22 ID:h21K5j1eO
ムツキ「つまり、その女性が何らかの組織に属している、と」
唯「その可能性が高いってだけなんだけどね。『あの方』がどうとか言ってたのが聞こえたから」
カズマ「で、その女を一緒に捜してくれって訳か。……オーケー、分かった。手伝おう」
唯「ありがとう!」
サクヤ「犯罪組織が絡んでいるなら、複数で動いた方がいいですからね。改めて、これからもよろしくね、唯ちゃん」
唯「うん!」

その頃

 唯と同じくギターとアンプを担いだ、小柄な女性-梓-が道を往く。
梓「確か、唯先輩はこの酒場に……」
 梓が酒場に近付こうとすると、柄の悪い男達が梓を取り囲む。
悪漢「お前が『ギータ』か?」
梓「残念だけど人違いですよ。まあ、あなた達みたいな人には、居場所を知ってても教えてあげませんけど」
 怒った男達は梓に襲いかかろうとしたが、酒場から出てきた男に止められ、あっさり蹴散らされてしまう。
男「怪我ないかい?」
梓「ありがとうございます。えと……」
男「俺はヒビキ。よろしくな」


103 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/10/04(日) 22:03:05.76 ID:h21K5j1eO
 梓はヒビキと名乗った男に連れられ、小さな店に着く。
梓「『猛士』……何の店ですか?」
ヒビキ「表向きは料亭だよ。裏では武器を売ってる。まあ、普段は同じ裏の連中にしか売らないけどね」
梓「あの!……武器なら要りません。私には、この子がいますから」
 梓はギターを掲げて言う。ヒビキはそれを見て笑いながら言う。
ヒビキ「ハハハ、別に買えって言ってる訳じゃないよ。うち実はさ、人捜しとかもやってるんだよね」
梓「どうして分かったんですか?私が人捜ししてるって」
ヒビキ「うちの店の客が、『ギータは人を捜してる』って噂しててね。君は『ギータ』の関係者っぽかったから、もしかしたらと思ったんだ」
 『ギータ』、つまりは唯と関係者である事まで見抜いたこの男、ただ者ではない。梓はそう思った。
ヒビキ「よう、イブキにトドロキ。2人とも元気にしてたか?」
イブキ「ヒビキさん!お久しぶりです!」キラキラ
トドロキ「ウッス!ヒビキさんもお変わりないッスね!」


107 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/10/04(日) 22:44:09.93 ID:h21K5j1eO
 イブキと呼ばれたキラキラした少女と、トドロキと呼ばれた暑苦しい少女がヒビキに駆け寄る。
イブキ「……誰ですか?その女」
 梓を睨みつけるイブキ。梓には何故か彼女が嫉妬の炎を纏っているように見えた。
ヒビキ「こらこら。お客さんに向かってそんな態度じゃ駄目だろ?」
イブキ「ハッ!し、失礼しました!」
トドロキ「お客さんって事は、人捜しッスね!あたしが行くッス!」
 トドロキは話も聞かずに店を飛び出そうとする。すると、奥にいる男がそれを制す。
男「何処の誰を捜すのかも判らん内から出ようとするな、莫迦者が」
トドロキ「す、すみませんッス、ザンキさん」
男-ザンキ-は、謝るなら客に謝れと言わんばかりの表情でトドロキを見る。
トドロキ「あ、えっと、先走ってすみませんッス」
 梓は気にしていない事をトドロキに伝えると、自分が捜している人物-唯と憂-について話す。
ザンキ「……成程。その唯という娘が『ギータ』なのだな?」
ヒビキ「で、その子は妹である憂ちゃんを捜してるって訳か」
梓「はい」


110 :謎の小袋 ◆PzD3ftv2xo :2009/10/04(日) 23:05:46.88 ID:h21K5j1eO
ヒビキ「で、だ。やっぱり、女の子の1人旅は危険だと思うんだ。そこで……」
 ヒビキがそこまで言った時、イブキとトドロキが進言する。
イブキ「あの!私に行かせて下さい!」
トドロキ「あたしも行きます!」
ヒビキ「ちょうど2人に頼もうと思ってたんだ。よろしくな」
 こうして梓は、イブキ・トドロキの3人で唯と憂を捜す旅に出る事になった。

 その頃、地球では、3人の女性が新たに開発された楽器を持ち、宇宙船に乗り込んでいた。
紬「2人とも、使い勝手はどうかしら?」
澪「うん。体の一部みたいに使いやすいよ。それに、なんだか力がみなぎってくる感じがするよ」
律「ドラムセットがここまで軽いのにはビックリだけどな。でもまあ、これでようやくあたし達も唯達を追っかけられる訳だ!」
澪「だな」
紬「じゃあ、そろそろ出発しましょう」
 宇宙船は、彼方の惑星を目指して地球を飛び立つ。



続く、多分続く