※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このSSは『【けいおん!】唯×梓スレ 3』というスレに投下されたものです
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1253346269/l50

323 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/10/03(土) 02:55:08 ID:PV6SDkug
律「よーし、今日はこれくらいにしとくかー」

いつものように律先輩の言葉を合図にして、皆が帰り支度を始める。
そんな中、私はチラリと唯先輩を見た。
ギターを大事そうにしまいながら、ムギ先輩とおしゃべりをしている。

別に気になるとか、そういうわけじゃない。決してない。
ただ、なんとなく今日は話し足りなかったからというか…
あまり唯先輩の顔を見られなかったからというか…

律「ゆーい、一緒に帰ろうぜ!」

唯「やーん、離してよりっちゃーん♪」

律先輩が唯先輩に抱きついてじゃれあっている。とても楽しそうだ。
なんだろこの気持ち。無性にムカムカする…

唯「ねー、あずにゃんも一緒に帰ろう?」

梓「…いいです。私お先に失礼します!」

唯「あ…」

唯先輩にせっかく声をかけてもらったのに、目も合わせずに部室を飛び出してしまった。
なにやってんだろ私…どうして素直になれないんだろう。


沈んだ気持ちのまま校舎を出ると、風がとても冷たく感じられた。
まだ10月なのにこんなに寒いなんて…それとも一人でいるせいだろうか。
やっぱり、唯先輩と一緒に帰りたかったな。なんて、今さら…
324 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/10/03(土) 02:58:17 ID:PV6SDkug
唯「つーかまーえた♪」

梓「ひゃっ…」

突然、唯先輩が私を後ろから抱きしめる。不意の事態に、私の体は強ばってしまう。

梓「あ、あの…ゆ、唯先輩?」

唯「あずにゃん早足なんだもん、追いつくの大変だったよー」

梓「どうして…他の先輩たちは?」

唯「一緒に帰るの断ったの。どうしてもあずにゃんと一緒に帰りたかったから」

梓「どうしてそんな…わ、私なんかほっといて皆と楽しく帰ればよかったじゃないですか」

唯「え…?」

また私は…どうしてこういう言い方しかできないんだろう。素直になれない自分が嫌になる。

梓「私といたって楽しくもなんともないですよ。だから早く…」

唯「そんなことないよあずにゃん」

唯先輩は優しく私の頭を撫でて言った。

唯「私あずにゃんと一緒にいるのすっごく楽しいよ?」

梓「うそですよ…そんなの」

唯「ホントだよ?あずにゃんかわいいし、優しいし、ギターのことにも詳しいし」

梓「……」

私は嬉しくて何も言えなかった。唯先輩は私のこと、そんな風に感じてくれてたんだ。

唯「私、あずにゃんのこと大好きだよ?好きな子と一緒にいられて楽しくないわけないでしょ?」
325 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/10/03(土) 03:08:50 ID:PV6SDkug
梓「先輩…」

唯先輩の言葉を聞いて、心が満たされていくのを感じた。
大好き。こんなに短い言葉が、こんなにも幸せな気持ちにさせてくれるなんて…

唯「だから、一緒に帰ろ?ね?」

梓「は、はい…あの、先輩?」

唯「なあに?」

私は逃げてたんだ。自分の気持ちを認めるのが怖くて…
でも今は違う。唯先輩も私を想ってくれているってわかったから。
だから、ちゃんと自分の気持ちを伝えよう。

梓「私も先輩のこと好きです。ずっと前から大好きでした。
 だから…これからは、私とできるだけ一緒にいてくれませんか?」

言えた。私が安堵していると、唯先輩はうれしそうに答えた。

唯「うん♪もちろんだよ!」

梓「あ、ありがとうございます…じゃあ、帰りましょうか」

唯「そうだね…あ、手つなごうか!」

梓「は、恥ずかしいですよ…」

唯「えー?私のこと好きなんじゃないのー?」

梓「う…わ、わかりました…!」

唯「わーい♪あったかーい♪」

梓「も、もう…」

唯先輩、ありがとう。色々大変そうだけど、これからはずっと、一緒にいましょうね。






すばらしい作品をありがとう