※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

149 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/10/05(月) 05:12:49.21 ID:o0FxsMRo0
唯「んーなんか眠くないなぁ、ギー太は弦切れちゃってるし」

唯「そうだ!たまには詞を書いてみよう!!澪ちゃんみたいな可愛い詞をいっぱい書くぞ~!」

そして

唯「で!これが出来た詞だよ!!」

やわやわなフレッシュチーズタイム(うんたんうんたん)
こんなバリューバリューなるんるんるん♪(うんたんうんたん)
スイーツ(笑)で笑顔がキュルルルーン
あ!電話が鳴ったよプププププr♪

律「…」

梓「…」

紬「♪」

澪「…」


150 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/10/05(月) 05:16:50.35 ID:o0FxsMRo0
律「そのな、なんというか」

澪「うーん、まあ唯の雰囲気は感じるんだけど」

梓「小学生の書いた詩ですか、真面目にやってください」

律澪(そんなバッサリと!!)

紬「★」(さすが梓ちゃんね)

唯「あずにゃんはもっとカッコいい歌詞がよかったかぁ、わかったー」

律(そして唯も打たれ強い…いや単純なだけか)



唯「うーんうーん」

憂「お姉ちゃんまだ起きてるの?もう1時だよ」

唯「あずにゃんに気に入ってもらえる歌詞考えてるんだけどなかなか浮かばないんだぁ」

憂「そうなんだ、そしたら――」


151 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/10/05(月) 05:25:37.82 ID:o0FxsMRo0
よくじつ

梓「今日こそはお願いしますね」

唯「へへへー!これでどうだ!!」

ごめんねわかってるの
これが最初で最後の願い
結ばれない二人
同じだけなのに…
この想い今すぐ逃げ出して
家族も知らない遠い国へ・・・


152 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/10/05(月) 05:32:33.17 ID:o0FxsMRo0
梓「確かにこれなら悪くはないですけど」

唯「でしょでしょー!」

澪「でもこのタイトル『オランダ』ってどういう意味だ?」

唯「へ?!あっあー…うーん」

紬「もしかして唯ちゃんが書いた詞じゃないの?」

唯「うぐ!?」

梓「まさか」

唯「ごめんなさい、憂が書いてくれました」

紬「うふふ」

律「それにしてもよくわかったな」

紬「うふふ☆」(オランダと言えば…憂×唯は禁断の味よね…)

梓(オランダ…憂、姉妹じゃ…だから唯先輩は私がもry)


153 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/10/05(月) 05:35:59.04 ID:o0FxsMRo0
律「唯、もう詞は諦めろよ」

唯「えーそんな殺生なー私にもう一度チャンスを~」

律「そこまで言うならいいけどよー、そんなに書きたいのか?」

唯「うん!だって私たちが将来売れたらお金いっぱいもらえるから!」

律「確かに作詞作曲者には印税が入るけどよ」

紬「それなら『放課後ティータイム』名義にしてみんなで割りましょう?」

梓「お金が絡むと人間関係も揺るぎますからね」

澪「唯も意外とシビアなんだな」

唯「あれ?あれれ?冗談だったんだけど」

律「そうなの?どっちでもいいけど詞書いてくんの?」

唯「あ!それはホント!!」

梓「じゃあ期待してますからね!」(是非私と唯先輩の関係を甘く切ない詞ry)


154 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/10/05(月) 05:39:53.73 ID:o0FxsMRo0

唯「うーんうーん今度こそー」

唯「思い浮かばない・・・・・!」

唯「うんたん!ヒラメイタ!!」


またよくじつ

唯「できたよ!今度こそ絶対大丈夫!!」

梓「随分な自信ですね」(やっぱり身近な私たちのラヴストーリーですからね…自信もありまry)

さわ子「ふーん、久しぶりに顔出したら唯ちゃんが作詞家になってるとは」

律「まだ仮ですらないけどな」

唯「ふふふ…りっちゃん、そう言ってられるのも今のうちだよ!」

澪「相当イイ詞が書けたんだな!やっぱりイイ詞が書けた時ってそうだよな!」

紬「それじゃあみんなで見てみましょ♪」


155 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/10/05(月) 05:45:38.49 ID:o0FxsMRo0
セピアの街路樹響く足音
もどかしい二人の背中に追い風
空見上げた横顔が愛しい
これから限りある季節の中で
終わらない恋をしよう
飛び出した広い世界を本当の愛で
I wish生きていくから…どこまでも

律「すげー!いいじゃん!なんかプロっぽい!!」

梓「唯先輩がここまでとは」(終わらない恋…唯先輩私嬉しry)

紬「アップテンポな曲が合いそうねぇ」

澪「わ…私も負けてられないな」


157 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/10/05(月) 05:49:56.81 ID:o0FxsMRo0
さわ子「…あ」

律「どうしたさわちゃん、唯の詞で昔のカレシでも思い出s

ぐぎ

さわ子「黙りなさい」

梓「律先輩が一ひねりで…」

さわ子「唯ちゃん、盗作…と言うか丸パクリしちゃ駄目じゃない」

唯「ドキィ!!なななななんのことヤラー」

さわ子「これ、98年かそこらに発売したバンドの歌でしょ?」

唯「ドドドドキイイイ!!!」


158 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/10/05(月) 05:52:31.34 ID:o0FxsMRo0
さわ子「パクるならパクるでもっとバレないようにしなきゃ」

澪「あ、パクるのはいいんだ…」

さわ子「えらい漫画家も『死んだ人のネタは使っても盗作にならないと考えてる』とか言ってたわよ」

律「いやでもバンドが実在するなら」

さわ子「解散して今は時給800円コンビニでバイトでもしてるわよきっと」

梓「確かにCD発売できても売れずに消える人たちがたくさんいますけど」

澪「夢のない話だな…」


159 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/10/05(月) 05:58:20.14 ID:o0FxsMRo0
さわ子「それにしても唯ちゃん、どこでこんなマイナーバンドの曲を知ったのよ」

唯「ええ?あはは~実はねー」


昨夜
唯「誰かの詞を借りちゃえばいいんだ!でも有名な人だとわかっちゃうから…」

憂「知られてない歌?インターネットで調べればすぐわかるよ!」
カタカタ…
憂「はい!」

唯「おお!ありがとう憂~」


律「結局憂ちゃん使ってるのかい」

紬「先生はこのバンドのファンだったんですか?」

さわ子「ん?別にそうじゃないんだけど…ちょっとテレビ番組に使われていた歌で」

澪「ドラマか何かですか?」

さわ子「そ…そんなところね」

梓「そうなんですかー」

さわ子「さーさーお茶にしましょ!」

紬「あ!はーい!」


160 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/10/05(月) 06:02:40.33 ID:o0FxsMRo0
その夜

さわ子「ふう…まさか言えないわよね、アニメのエンディングで…」

さわ子「いやまあアニメなのはともかくとして…そのアニメが・・・」

さわ子「『どっきりドクター』だもんねぇ…久しぶりにビデオで観ようかしら」

さわ子「そうそう!この馬鹿馬鹿しさ加減が好きなのよね~妙にエロいシーン多いのもいいわね!」

さわ子「…2×歳独身女が夜な夜なエロ目なアニメを一人鑑賞…ううん!寂しくなんかない!!寂しくなんry

終わり

どっきりドクター…昔やってましたが知ってる人いますかね><
歌詞はelectric combatというバンド?のI wishより


161 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/10/05(月) 06:03:31.61 ID:C/BmytFzO
唯「パクリ?人聞きが悪いなぁ、インスパイアって言ってよ」

将来的にこうなるわけですね、わかります


162 :なめたん ◆k05EaQk1Yg :2009/10/05(月) 06:08:00.01 ID:o0FxsMRo0
 >>161
リアルにそんなバンドがちらほらいるのが嫌ですけどね><

おまけ
唯「憂はどこからあの歌を見つけたんだろう?」


憂「今日もニコニコーああ!!どっきりドクターの本編が権利者削除に!」

ちゃんちゃん