※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/10/07(水) 17:07:04.80 ID:ajjypj+a0
あとおい!


男「おい澪、いつまで寝てるんだよ」

俺は寝ている澪に向かって呟く。
澪が眠りはじめてもう3日以上たっていた。
しかし起きる気配はなく、
澪は幸せそうに眠っている。

男「そろそろ起きてもいいんじゃないのか?」

頭を、さらさらな髪を撫でながら言う。
返事はない。


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/10/07(水) 17:08:06.58 ID:ajjypj+a0
男「ほら、今日クリスマスだろ?」

男「だから俺さ、お前にプレゼント持ってきたんだ」

俺は紙袋の中から小さい箱を取り出し、開けた。
箱なの中には小さいペアリングが2つ。
蛍光灯の光が反射し、銀色に美しく輝いた。

男「結構高かったんだぜ? バイト代が飛んだわ」

1つ掴んで、澪の左の薬指に嵌める。
近くで「金属は入れないで下さい」
という声が聞こえたが、気に留めなかった。


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/10/07(水) 17:09:43.46 ID:ajjypj+a0
男「前にあのバンドのライブ行きたいって言ってたよな?」

男「チケット貰ったからさ、また行こうぜ」

鞄から封筒に入ってる紙切れを2枚取り出した。
俺も澪もこのバンドが好きで、これがきっかけで仲良くなった。
懐かしい。

しかし澪からは相変わらず返事はない。

律「おい男、もうやめろよ……」


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/10/07(水) 17:10:46.86 ID:ajjypj+a0
律が俺の肩を叩きそういった。
振り向くと目は真っ赤に腫れ、充血している。

律「分かってるだろ? 澪はもう……」

男「何言ってんだよ律? 澪はもうすぐ起きるよ」

きっと疲れてるんだ。
そういって俺はまた澪に視線を戻した。
相変わらず澪は目を閉じたまま。
顔はいつもより白く、触れると雪のように冷たかった。


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/10/07(水) 17:11:33.15 ID:ajjypj+a0
律「澪はもう死んでるのに、いつまで話しかけてるんだよ?!」

律の目からは涙が溢れている。
その真剣な眼差しに、俺は疑問を持った。

何故律は泣いてる? 
澪は生きてるのに?

何故澪は起きない?
もう3日立つのに?

何故息をしてない?
生きてるはずだろ?


104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/10/07(水) 17:13:13.18 ID:ajjypj+a0
ああ……今、やっと分かった。
澪は、死んだのか。

律が泣いてるのは澪が死んだから。
澪が起きないのは澪が死んだから。
息をしてないのは澪が死んだから。

男「そっか……澪はもう居ないのか」

俺は出口に向かって歩き出した。
後ろから呼び止める声が聞こえた気がした。


105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/10/07(水) 17:14:47.04 ID:ajjypj+a0
気がつくと学校の屋上にいた。
桜ヶ丘高校の屋上。

ここでたくさんの事を話した。
笑いあったりもしたし、時には喧嘩をした。
昼休みはいつも2人で弁当を食べた。

でもその澪はもうこの世にいない。
俺に生きる意味はない。
澪に出会った日から澪は俺の世界であり命だった。


106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/10/07(水) 17:16:11.10 ID:ajjypj+a0
澪がいなきゃ何も出来ない。
弱い奴だったんだな、俺は。

人が落ちない用にしてある柵を乗り越えて手を広げる。
少し寒いが、風が心地よい。
空は晴れていて、星がいくつも輝き、綺麗だった。

男「……澪、今から会いに行くからな」

数秒後、俺の意識は途絶えた。