※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/10/08(木) 03:08:11.98 ID:DE0r+FcqO
ドルンドルンドッドッドッドッド…

唯「わ~りっちゃんカッコいい!バイク買ったんだ~」

律「そうなんだよー!免許取ったら乗りたくなっちゃってさ」

澪「だからって久しぶりの高校にわざわざバイクでくるなよ」

律「澪はバイクのロマンをわかってないね!バイクにまたがれば新世界が見えるぜ!」

澪「なんだよその新興宗教のパンフレットにありがちなフレーズは」

律「まー澪は彼氏にでもまたがってりゃいいんじゃーん?」

澪「はっはぁ!?///」

梓「律先輩!なんてこと言ってるんですか!」


209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/10/08(木) 03:19:57.99 ID:DE0r+FcqO
唯「でも免許か~私も大学暇だし取ろうかなー」

律「ツーリング行こうぜツーリング!」

澪「いや待て、唯がバイクになんて乗ったら…」


唯「重いよぉ」

ぐらぐら

どて


澪「と転けること請け合いだぞ?」


210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/10/08(木) 03:36:41.27 ID:DE0r+FcqO
梓「澪先輩!逆に考えるんです!運動神経良い律先輩のバイクテクニック…知ってますよね?」


澪「りりり律…スクーターならともかく、このバイクどう見ても1人用じゃ」

律「大丈夫大丈夫!車検には二人乗りって書いてあるし!んじゃ~りっつごー」
バビューン!

澪「ひやあぁぁぁぁ!?どっどうして最初から100キロ以上出っで」

律「いやっほー!やーっぱSV1000の加速力は半端ねーなー!」


澪「たっ確かにあれは…」


212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/10/08(木) 03:46:03.61 ID:DE0r+FcqO
梓「つまり運動神経が良い律先輩があんながさつ運転なんです!運動神経ゼロの唯先輩なら!」

澪「普段とろくてやることなすことワンテンポズレた唯なら!」

梓澪「逆に慎重な安全運転になるかも!」

唯「あの…」

律「私も別にほめられてるわけじゃないしな…」

唯「あ、でもでも取るなら車だよ!」

梓「なんだそうなんですか」

律「車と言えばムギはまだか?車で送ってもらうとか言っ

キキーッ!ドカン!ぷしゅー…

ガチャ

紬「遅れてごめんね」


213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/10/08(木) 03:53:52.20 ID:DE0r+FcqO
澪「明らかにあり得ない動きで車がやってきた…」

律「どう聞いても車が破壊された音にしか聞こえなかったのに車は無傷…」

紬「斎藤のドライビングテクニックは我流なので」

梓(いや我流とかの問題じゃ)

澪「そーいや車の話してたんだよな」

紬「そうなの?…あらあら、唯ちゃんが免許を?それなら良いものがあるわよ!斎藤!」

斎藤「ただ今」

唯「問題集?」

律「あーそっか、学科試験もあるからな」

梓「○×なんですね」

澪「一般的な常識問題ばかりだな」

唯「試しにやってみよーよ!簡単なのを!」

紬「そうね!面白そう!」


214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/10/08(木) 04:06:14.26 ID:DE0r+FcqO
澪「じゃあ問題」

澪「えーっと見通しの良い直線道路だったので時速200キロで走った」

唯「うーん…どっちかなぁ斎藤さん?」

斎藤「視界良好なら危険もないので○では?」

律「…」

澪「つっ次は~飛び出してきた歩行者を轢いてしまったが悪いのは向こうなので救急車だけ呼んで立ち去った」

斎藤「ルールを守らなかった天罰ですな」


215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/10/08(木) 04:09:02.08 ID:DE0r+FcqO
澪「…前の車が遅かったのでクラクションを鳴らし煽った」

唯「遅い人が悪いから○!」

律(どうして二択で正解率がこんなに悪いんだ)

澪(斎藤さんが正解できないのも問題が)

律「唯あれだ、憂ちゃんに教えてもらえ。教習所で学科の授業あるけどそれだけじゃ足りないかもしれないぜ!」

唯「え?でも憂は免許持ってないよ?」

梓「憂なら免許なくても教えられますよきっと」

唯「そっかあ~でも難しいんだね~免許取るのって」

澪「そ…そうだな…」

唯は果たして無事に免許が取れるのだろうか…それは皆さんのご想像にお任せします

終わり