※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/13(火) 20:50:59.18 ID:0v25MyWy0
「あずにゃん、今日遊びに行っていい?」

突然の先輩の言葉にドキッとする。
いつもだったら他愛の会話なのだが今日はちょっと事情が違った。

「え?どうしたんですか先輩?」

動揺しているのを悟られないように返す。

「んー、だってたまにはあずにゃんちに行きたいよー
 またネコ見せてよネコー」

「ネコは友達から預かっただけです」

「んーまぁネコはいいから、あずにゃんの家に行きたい」

ニマっと笑う先輩の顔は抱きしめたくなるほど可愛かった。
昨日のことを考えると、また心が切なくなる。
この人ともっと一緒にいれたら…
もっと触れられたら…
もっと…

「べ、別にいいですけど…そ、その…もう変なことはしないでくださいよ!」

私は心にもないことを言ってごまかした。


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/13(火) 20:52:29.12 ID:0v25MyWy0
「うひゃー、相変わらずきれいだねーあずにゃんちは~
 私なんて憂がいないと散らかっちゃって~」

元気にはしゃぐ先輩。
今からするであろうことを考えると緊張でそれどころではない。

「ん?どうしたのあずにゃん?」

顔を近づける先輩。
私の鼓動は一気に高まる。

「!?せ、せんぱい!びっくりさせないでください!」

「?びっくりなんてさせてないよー?」

息が荒くなる…
先輩は普通でいられるの?
私…だけなのかな…意識してるの…

「あーずにゃん」

「は、はい!」

ドキドキしっぱなしで、何も考えられない。

「ちゅーしよっかー」

あぁ、この人の笑顔には敵わない。

私が目をつむると、先輩は唇を重ねてくる。


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/13(火) 21:00:09.81 ID:0v25MyWy0
先輩の手が私の背中にまわる。

先輩の唇は上下に開かれ、舌が伸びる。

「ん」

びっくりした私は口をつむってしまったが、
先輩の下はそれをかき分けるように、押し進んでくる。

「ん…せ、せんぱひ…」

私が口を開いた隙を見て、先輩の下が私の口に侵入する。

「ん…」

舌が絡まる。
先輩の味がする。

すごく幸せを感じた。


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/13(火) 21:22:09.82 ID:0v25MyWy0
絡み合う舌

先輩の手が私の頬を触る

「はぁ…はぁ…」

その手はやがて私の胸へと向かい。
そっと撫でられる。

そこは丁度硬くなった敏感な部分で、
全身に快感が襲う。

「ひあ!」

思わず声に出る。

とっさに口を離した先輩は

「あれぇ、あずにゃんここ弱いんだー」

っと、にやっと笑った。