※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/10/18(日) 18:49:53.33 ID:4XUxVnbQ0
律「私たちに足りないものが分かったぞ!」

澪「どうしたんだ、いきなり大声なんて出して」

律「足りないものだよ。今の私達に圧倒的に不足しているもの」

唯「なになに? りっちゃん教えて」

律「ズバリ協調性だ。バンドっていうのは全員で一つの音楽を奏でるものだろ」

澪「よく一人で走りすぎる奴が言う台詞じゃないぞ」

紬「でもりっちゃんの言うことは最もよ」

唯「きょうちょう、きょうちょう。そうだ、今日だけみんなの楽器をシャッフルすればいいんだよ」

梓「シャッフルって、交換するってことですか?」

律「なるほど、その手があったか。他のパートを実際にやってみればその気持ちが分かるんだよ。それじゃあ早速」

唯「ちえんじ!」


107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/10/18(日) 18:56:08.20 ID:4XUxVnbQ0
 >>105
唯「ムギちゃん。何で白い板と黒い板があるの?」

紬「黒い鍵盤は半音だからよ」

唯「半音ってなに?」

紬「両端の白い板の間の音ってこと」

唯「どうして間の音が必要なの。それなら全部の白い板の間に黒い板がないとおかしくない?」

紬「それは、後で自分で調べよっか」

梓「うわぁ大変そう。ギターやっててよかった」

澪「安心するところが違うだろ。それよりドラムって結構疲れるんだな」

律「おー? 澪はやっとドラムの大変さに気づいたのか」

澪「うん。ただ座ってるだけじゃリズムとれないし、手がこんがらがりそうだ」

律「だろだろー、やっぱりドラマーは凄いんだよ。ベースよりもな」

澪「なんだと。試しに一曲分のスコア貸しなさい」

律「はいよ。まあ澪に出来るとは到底思えませんけどー」

澪「くう……。いくぞ、えい!ふん!やあ!」

紬「まぁ、みおちゃんったら大胆」


109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/10/18(日) 19:02:17.60 ID:4XUxVnbQ0
 >>107
律「おい澪ちょっといいか」

澪「なんだよ、まだ途中だろ」

律「座りながらそんなに揺らしやがって自慢か! そうでもない私への当て付けか!」

澪「そんなとこばかり見るな!」

梓「ベースの時もストラップで強調して自慢かって言っていたような」

紬「細かいことは気にしちゃ駄目。楽しまなきゃ」

梓「どう楽しめばいいのでしょうか。あ、でもベースはちょっと楽しいです」

唯「ギターそっくりだもんねー」

梓「どの程度までそっくりと認識してるかは気になるところですが、まぁ大体そうですね」

紬「ドレミーレド、ドレミレドレー」

唯「あー、やっぱり最初にチャルメラやるよね」

紬「これ以上は指を痛めそうで怖いけど」

梓「固くなるまでが辛いんですよね」

唯「うんうん。それで絆創膏張るんだけど痛くない代わりに凄い滑るんだよ」


111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/10/18(日) 19:06:24.81 ID:4XUxVnbQ0
律「あい、ったーい!」

梓「言ってる側から痛がってますね」

律「なんじゃこりゃあ、手のひらをまな板にして果物切ってるみたいだ」

唯「ギータに優しくしないから痛い目をみるのだよ」

梓「さっきのは指の皮についてじゃなかったんですか?」

澪「うわあ、バチがすっぽ抜ける」

律「あいたっ! こら澪、気をつけろーい」

紬「あらあらうふふ」



一方廊下では

憂「ね。軽音部すっごい楽しそうでしょ」

純「うん、まあ。楽しそうではあるけど全く練習にはなってないと思う」


おわり