※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

159 :マキシマムザタンポン :2009/10/19(月) 00:27:27.03 ID:vpWpfeRAO
澪「何か面白そうなライブないかなぁ~」ポチポチ

澪「ん…。 あっ…これは!」

『地獄絵図2009 ホルモンVS JK 女子高生とモッシュモシュしてやんよ*』

澪「 やったぁっ! 来月地元にマキシ○ムザホルモンが来るみたいだ!絶対見にいくぞ!」

『参加資格 現役女子高生』

澪「へぇ~今回のライブには女子高生しか参加出来ないのか。よーし、みんなも誘おう!」

澪「えーとチケットはいくら…えっ!?」

『参加費 使用済みタンポン』

澪「!!!!?????」


162 :マキシマムザタンポン :2009/10/19(月) 00:52:41.87 ID:vpWpfeRAO
部室

澪「…なあみんな、マキシ○ムザホルモンのライブ行ってみたくないか? 来月地元であるんだけど…」

律「ホルモン!?マジで!?行く行く!! ナヲ姉は私の心の師匠だからな!!」

紬「私も行きます! ああいう激しいライブ一度行ってみたかったんですよ~うふふ」

唯「ホルモンってなぁーにぃ~? 焼き肉~?」

梓「バ、バンドですよ…」


168 :マキシマムザタンポン :2009/10/19(月) 01:21:22.43 ID:vpWpfeRAO
律「ところでチケットは取れそうなのか? Mステで今日本一チケットが取れないバンドって言われてたじゃん」

澪「お、おう。チケット…が何て言うか…その、普通のチケットじゃなくて」

梓「あっ何か聞いたことあります。企画ライブといって毎回参加費がお米や図書券なんですよね!」

澪「ま、まあそうなんだけど…」

紬「わぁ面白い!でしたら私にお任せ下さい!皆さんの分まで金券を用意しますから」

唯「はふ~ん、むぎちゃんおかねもちぃ~♪」


170 :マキシマムザタンポン :2009/10/19(月) 01:36:57.20 ID:vpWpfeRAO
澪「い、いや…今回の参加費は金券じゃないんだ…」

律「じゃあ新鮮な野菜とかか?」

梓「何かお供え物みたいですね」

澪「…………タンポンなんだ」

律「えっ?何だって?澪もう一回」

澪「タンポンなんだ!! その…生理用品の、タンポン! しかも使用済みの!」

律紬梓「エェーーー!!!!????」

唯「きりたんぽたべたいなぁ~」


289 :マキシマムザタンポン :2009/10/19(月) 23:20:06.96 ID:vpWpfeRAO
律「そんな…いくらなんでも使用済みなんて冗談だろー?」

梓「で、でも私テレビでそのライブ映像見たことがあります!本当に会場前で牛乳を一気飲みさせたり、ニンニクをかじらせたりしてました」

澪「うん…今回もタンポンを入れていって、会場前で係の人に引き抜いてもらって入場するらしい…」

紬「そ、それはさすがに私の財力でもカバーできませんね…」

澪「フッ…ありえないよな…だけど…」

澪「…私はこのライブ絶対行きたいんだ…!!軽音部のみんなで!!」

律「み、澪…」

梓「澪先輩…」


303 :マキシマムザタンポン :2009/10/20(火) 00:56:23.77 ID:BVBLVN6bO
律「はは!何しけた顔してんだよ澪!そんな心配しなくても行くに決まってんだろ! なあ、みんな!」

紬「そうよ!私たち今までいくつもの困難を乗り越えてきたんだから、タンポンくらいどうってことないわ!」

梓「使用済み、みんなで差し出せば怖くない!ですねっ!」

唯「こわくない~ぃ」

澪「みんな…ありがとう!大好きだ!」

澪「 …ところでちょっと問題があるんだが…」

律「何だ?」

澪「私…タンポン使ったことないんだ」


305 :マキシマムザタンポン :2009/10/20(火) 01:28:37.40 ID:BVBLVN6bO
律「ええっ!! …いや、実は私も使ったことなかったりするんだけどさ…」

梓「わ、私もです…」

紬「私も…。あらあら」

唯「ロリエ座るときガード!」

澪「ぜ、全員タンポン未経験か…困ったな」

律「アソコに物入れるなんて勇気いるもんな…。私まだその…男と付き合ったことないしさ」

梓「で、ですよね。何か痛そうで怖いです…」

澪「パッケージには初めてでも安心、痛くないって書いてるんだが…本当なのかな」

紬「実際に使ってる人に聞いてみたいわね…。…あっ、さわ子先生とかどうかしら?」