※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/10/19(月) 18:53:52.92 ID:FEfNszdH0
澪「なあ……本当に、行くのか?」

駅のホームで電車が来るのを待つ私と男。
私は手を口に覆うようにしてはあ、と息をついた。
冬の空気に包まれて冷たくなった手を暖める為に。

男「ごめんな、澪。もう会えないかもしれないな……」

彼は、深刻そうな面持ちで言う。

私と男、そして律は幼稚園の頃から一緒だった。
もしかしたらその前から一緒だったかもしれない。
私たちは遊ぶ時も怒られる時も、何をする時も一緒だった。

澪「そ、そんなこというな、よ」

その人が今日限りでいなくなってしまう。
私は涙をこらえてそういうのが精一杯だった。


244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/10/19(月) 18:56:53.07 ID:FEfNszdH0
唇をかみ締めて涙をこぼさないように俯いてると
隣で噴き出す様な笑い声が聞こえた。

男「ばーか、嘘に決まってんだろー! ちゃんと帰って来るよ」

澪「な、なな……! お、お前ぇ!」

そういって笑う男をぽかぽかと何度も叩く。
私よりもずいぶん大きい背中。
中学生に入るまでは私のほうが身長、高かったのになあ……

そしてすぐに電車は来た。
その電車は私の目の前で静止し、数秒が立ってドアが開いた。
男はこの電車で遠い、遠い所へ行ってしまう。
もう好きな時に会う事もできないと思うと涙は自然と溢れ、
乾いていたコンクリートの上に落ち、小さなシミとなった。


245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/10/19(月) 18:58:22.15 ID:FEfNszdH0
男「……じゃあ、もう行くな」

そう言って足元に置いていた荷物を持ち、
愛用のギターを肩にかけて電車に乗り込んで行く。

澪「あ……」

言葉を発そうとした途端、ドアが閉まる。
ガラス1枚に私の声は遮られ、男には届かない。
私の気持ちも知らずに電車は動き出していく。
やがて電車は豆粒の様に小さくなり、視界から消えた。


246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/10/19(月) 18:59:55.08 ID:FEfNszdH0
あれから2年。
私は去年桜ヶ丘高校に進学し、軽音楽部に入った。
男と「バンド組もう」という約束があったので文芸部に入る予定だったけど、
後に「高校卒業まで帰れそうにない」という連絡が来たので、
律の誘いにのって軽音楽部に入る事になった。

律「澪起きてるかー!!」

ガラッと勢いよくドアを開けて私にダイブしてくる律。
それを軽やかにかわし、私はパジャマを着替え始める。

律「……痛い」

澪「知らんがな……ほら、さっさと練習するぞ」


247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/10/19(月) 19:02:39.00 ID:FEfNszdH0
顔も洗って、準備も終わり私はベースをケースから取り出す。
私たちは今むぎの別荘で合宿中だ。
昨日は1日中遊んでしまって、練習ができなかった。

律「ええー? 今日は遊ぼうと思ったのにー」

唯「思ったのにー」

澪「唯、いつの間にいたんだ……」

はあ……『夢は武道館!』じゃなかったのか?
いつもこんな調子で流石の私も気が滅入る。
……あいつとの約束の為にも、練習しないと。

澪「今日は練習するぞ! 練習!」