※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このSSは『【けいおん!】唯×梓スレ 3』というスレに投下されたものです
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1253346269/l50

825 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/10/26(月) 03:01:40 ID:vb2DVGtN
キ~ンコ~ン…

待ちかねていた放課のチャイムが鳴ると同時に、私は荷物をまとめて教室を飛び出す。走って向かう先は、もちろん部室だ。

部室に着くと、ドアの前に立ってその人がやってくるのを待つ。他の先輩たちは今週掃除当番らしいから、一人でくるはずだ。

唯「あるふぁるふぁ~♪」

ほどなくして、階段を上がる唯先輩の鼻歌が聞こえてきた。私は高鳴る鼓動を抑えながら、今か今かとそのタイミングを伺う。…よし、今だ!

ガチャ

唯「こん…」
梓「唯先輩!こんにちはっ!」
唯「わぁっ!」

私は部室に入ってきた唯先輩に勢いよく抱きつく。先輩は驚きつつも、しっかりと私を受け止めてくれる。

唯「あずにゃん!?びっくりしたぁー」
梓「ふふ、遅いですよ先輩!待ちくたびれちゃいました」
唯「えー?まだチャイム鳴って5分しか経ってないよ?」
梓「5分も経ったんです!私はチャイム鳴ってから1分で来たんですよ?」
唯「はやっ!すごいねあずにゃん!」
梓「当たり前です!唯先輩に一刻も早く会いたかったんですから♪」

私は唯先輩に力いっぱい抱きついて、その胸に顔を押し付けた。鼻に甘い匂いがいっぱいに広がって、とても幸せな気分になる。
826 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/10/26(月) 03:06:59 ID:vb2DVGtN
唯「ふふ、あずにゃんくすぐったいよ~♪」
梓「そうですか?私は柔らかくていい匂いがして、すごく気持ちいいです」
唯「それはあずにゃんだけでしょー?もー」

唯先輩は私の頭をポンポンと叩くと、椅子の方へ向かった。まだまだ、こんな程度じゃ終わらないんだから…

唯「よっこらしょっ…あずにゃん、皆が来るまでのんびりしてよう?」
梓「そうですね、のんびりしてましょうか…」
唯「あずにゃん?なに…?」
梓「唯先輩、失礼します」
唯「えっ…?あ、ちょ!」

私は椅子に座る唯先輩の膝の上に、静かに腰を掛けた。

梓「ふふふ、こうすると視線が高くなりますね。なんだか新鮮です」
唯「あ、あずにゃん?ちょっと…」
梓「あ!これじゃあ唯先輩が見えませんね。逆に向かなきゃ」
唯「ぎゃ、逆?あずにゃん、それは…」

問答無用で、私は逆側、つまり唯先輩に向き合って、跨がるようにして座る。
その時、私の素肌の太ももと先輩の黒タイツの太ももが擦れて、なんともいえない感覚に襲われる。
私は唯先輩を優しく抱き締めて、その耳元に問いかけた。

梓「唯先輩…今の、気持ちよかった?」
唯「う…うん…」
梓「じゃあ…もっとしてあげよっか。こんな風に」
827 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/10/26(月) 03:13:34 ID:vb2DVGtN
私は、唯先輩の太ももにゆっくりと手を這わす。すると、先輩は小さな喘ぎ声を発した。

唯「あっ…」
梓「唯先輩、ここが弱いんですね。また一つ、新発見です」
唯「も、もう…」

それにしても…唯先輩に股がって抱きついているこの状況、誰かに見つかったらと思うと、相当スリリングだ。

唯「ねえあずにゃん、そろそろやめないと、皆が…」
梓「いいじゃないですか見られたって。それとも、見られたくないようなやましい関係なんですか?私たち」
唯「そうじゃ…ないけど…」
梓「じゃあ、まだまだやめません。それに私、こういう状況の方が燃えるんですよね」
唯「も、燃えるって?」
梓「あ、今エッチなこと想像しましたね?」
唯「し、してないもん!」
梓「顔真っ赤ですよ?そういう反応するってことは、したんですね」
唯「う、うぅ…」
梓「じゃあお望み通り、してあげちゃおうかな?なーんて」
唯「あ、あずにゃんこそエッチじゃん!」
梓「そんなことないもーん♪」
唯「もー、ばか!」


おわり



すばらしい作品をありがとう