※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このSSは『【けいおん!】唯×梓スレ 3』というスレに投下されたものです
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1253346269/l50

882 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/10/31(土) 01:17:02 ID:RyO2xnNS
「トリック、オア、トリート!」
 今日はハロウィン。
 「相手に食べさせたいお菓子をひとつ、持ってきて、二人で食べよう!」とあずにゃんを誘ったのが二日前。
会場となる私の家の扉を開けたあずにゃんに、私はハロウィンらしいあいさつをした。それが、今さっき。
当のあずにゃんは、豆鉄砲でも食らったようにポカンとしている。
「お菓子くれなきゃ、いたずらしちゃうぞー!」
 しょうがないから和訳してみる。
「いや、別に二回も言わなくていいですから」
 大事なことなので。
「大事って……」
「まま、とりあえず入って入って」
「あ、お邪魔します」
 丁寧に自分の靴(ありがたいことに私の脱ぎ散らかしちゃった靴も)を揃えて、あずにゃんが我が家に入る。
両親はハロウィンにかこつけて二人でスイーツ巡り。憂はほかの友達と遊びに。
要するに、今、この家には私とあずにゃんだけってこと。
 ……ふふふー、たーのしいなあー♪
「なんですか、突然ニヤニヤして」
「しーてなーいーよぉー♪」
「……やれやれ」
 ホントはリビングとか、なんか飾ったりしたかったけど、カボチャのくり抜きなんてできないし、仮装もしたいけど服がないので、結局いつも通り。
それでもあずにゃんは、「別に構いませんよ」といつものクールな反応。
「よし、それじゃあお菓子ターイム♪」
 今日はハロウィン。ハロウィンといえばお菓子。お菓子といえば女の子の主食。
「唯先輩は、お菓子食べたいだけでしょう」
「えー、そんなことないよー。私は、あずにゃんともおいしさを分け合いたい!!」
「……。ありがとうございます」
「どーいたしましてー♪ てわけで、私のオススメお菓子はこちら!じゃん!」
 ずらりと出しましたは、いつでもおいしい棒状のアレ!!
 …………。
「……なんで、う○い棒?」
「え?おいしーじゃんう○い棒。しかもコーンポタージュ味!!うわあーいきいろーい!!」
「コーンなんだから、黄色いのは当たり前でしょう」
 今日もあずにゃんのツッコミがきらりと光ります。
「まーまー♪まろやかでおいしいから、食べてみなって。はいっ!」
 10本以上あるうま○棒コーンのうち、1本をあずにゃんにフォーユーする。
なにか納得いかないのか、あずにゃんは渋々と袋を開け、○まい棒をガブリと一噛み。
 ……と、あずにゃんの頭上に猫耳がピコン、と立った。気がした。
「おいしい……」
「でしょ!おいしーよね。さすがう○い棒!!」
「おいしいですけど、でも……」
「でも?」
 何か変なこと言ったかな、そう思いながらも、あずにゃんの伏せてる両目を見つめて、言葉を待つ。
「同じ味ばっか、買ってくるのは……。このお菓子、バリエーションが多いのも売り?なんですから」
「飽きちゃう?」
「……てゆうか、こんなには買い過ぎですよ、先輩」
「あう」
 だって、好きなんだもん……。安いんだもん……。お得なんだもん……。だからあずにゃんにも、それを知ってもらいたくて……。
…………てゆうか、『食べさせたいお菓子を“ひとつ”』だよね。種類は確かにひとつだけど、量的には……。あずにゃん、ごめん。
「あっ、でも、本当においしいですから。新発見でした。こういうの、あんま食べないんで」
「そう?……えへへ。ありがと」
 あずにゃんの言葉は、お世辞も何もない、ホントの気持ち。ホントの心。だから、注意されても、怒られても、あまり苦痛とは思わない。そこには『愛』があるから。
……まぁ、本当に嫌いだったら、怒ったりはしないと思うけどね。
 あずにゃんの優しさにしばらくぽわぽわしてると、ふと、あずにゃんのそばにある、見慣れない小さな紙袋に気付く。
「あずにゃん、それなーに?」
「へ?ああ……。お菓子ですよ。私も、持ってきました。ごめんなさい、今まで忘れちゃって」
「んーん、いいよ。持ってきてくれたんだ。ありがとう!」
「そりゃあ、誘ってもらいましたし、約束ですし。当り前ですよ」
883 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/10/31(土) 01:21:47 ID:RyO2xnNS
「えへへ、そだね」
 私の言葉に微笑んでくれたあずにゃんは、そのまま袋の中からまたまた小さな袋を出す。
頭をオレンジ色の紐で結ばれているその袋は、中を見ると星やら音符やら様々な形のクッキーが、「やぁ」という風に顔を出した。
それは、見てるだけでこちらまで楽しくなってくるようで。
「クッキー、焼いてきました。パンプキンと、ココア味です」
 もうひとつ、今度は茶色の紐で結ばれている袋を出す。
「わー、おいしそう!食べていい?食べていい?」
「ふふ、もちろん。どうぞ」
「わーい!」
 紐を解き、クッキーを掴んで口に運ぶ。その過程がもやもやもどかしい。
  アムッ  もぐもぐ    ……うまーい!!
「ホントですか?よかった」
「すごいあずにゃん!パティシエ!パティシエなれるよ!……いや、女の子だからパティシエール?パティシール?」
「大袈裟ですよ、唯先輩」
 あずにゃんの笑顔が花咲く。
「……でも、持ってきてくれちゃったんだねぇ」
「え、な、何かマズかったですか?」
「ううん、そうじゃなくて」
 つと、あずにゃんのそばに腰かける。
肩と肩が触れ合うと、あずにゃんは少し強張った顔をした。
「お菓子くれなかったら、いたずらしようと思ったのに―」
 小悪魔っぽい笑顔であずにゃんに話しかける。
「……それを言うなら、唯先輩だって。お菓子、忘れると思ったのに」
「ふふん、甘いねあずにゃん!言いだしたのは私なんだから、忘れるわけないよ!それに、ハロウィンは大好きだしね!」
「大好き、ですか」
「うん!だって、お菓子もらえるし~」
「……そんなことだろうと思いましたよ」
 やれやれ。あずにゃんは呆れたように首を振る。いや、実際呆れてるのかも。
「むぅ。……だけど、だからこそ、あずにゃんと一緒に過ごせて、すごく嬉しい。ありがとっ、あずにゃん」
 私はいつものようにあずにゃんに笑いかけた。そうすると、あずにゃんはいつも、照れたのか顔をそらす。う~ん。かわいい。
このままいつものようにぎゅ~ってしちゃおうか……。
「と、ところで唯先輩」
 急にあずにゃんが振り向く。
「うぇい!?」
 抱きつこうと手をわきわきさせてた私は、素早くその手を後ろに隠す。
「……まぁ、いいです。ところで、ここに来るまでにお店とかチラ見してきたんですけど、なんか意外と、ハロウィンフェアとかやってるみたいですよ」
「へぇ!ハロウィンフェアか~。いいね、楽しそう」
「でしょう?お菓子を食べれるかは分かりませんが、一度見に行ってみるのも、おもしろいと思いますよ」
「そだね~」
 おもしろい、とは思うが、それにあずにゃんを付き合わせるのは、どうにも……。楽しいの、私だけかもだし。
でもでも、今年のハロウィンは今年しかない。それはもったいない。うーん。どうしよう。うーん…………。
「……デート、なのに。行かないんですか」
 一瞬耳を疑ったが、確かに、私の絶対音感と名高い耳はそのセリフを聞き逃さなかった。
……ああ、そっか。なるほど。
「あずにゃん、デートしたいんだ?」
「なぁ!?ち、ちちちち違っ……」
「んもう、それならそうと、言ってくれればいいのに~」
「だ、だから……!」
 赤くなりながらも必死に否定するその様は、まさしくトンデレ。……タンデレ?あれ、りっちゃんに教えてもらったのに忘れちゃった。……まぁ、いいや。
「よし!じゃあ早速行こう!デート!!」
「も、だからデートなんて……、って唯先輩!手ぶらで行くんですか!?あと上着!!今日、寒いですよーー!!」
 あずにゃんの声が、リビングに響いた。
―――
「ハロウィンデート、だね」
「……そ、そうですね」
「まぁ、ハロウィンじゃなくても、あずにゃんとのデートならいつでも大歓迎だけどね~」
「……っ。は、はい……」

おわり





すばらしい作品をありがとう