※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

32 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 02:07:39.84 ID:Chx5IQDO
唯「♪~」

ジャンジャンジャン

律「お、なーんかやけに機嫌がいいな」

唯「えへへーー。昨日ギー太の弦張り替えてもらったんだー」

ジャカジャカジャンジャン

律「なるほど。てかいまだに自分で張り替えてないんかい」

唯「だってー面倒だしー、どこに張るかわからないしー」

ベンベベベン

律「これがギターを始めて三年目の言うことか」

33 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 02:13:03.32 ID:Chx5IQDO
唯「弾ければいいんだもーん」

ジャジャジャジャ

梓「こんにちはー」

唯「あずにゃんだー!」

ジャッジャッピーーンッ!

律「うは!?ギターの弦が切れた!!」

唯「ああー!ぎっギー太!!」

梓「あぁ…バッチリ切れちゃってますね…」

唯「うぅ…ごめんねギー太…私が腑甲斐ないばかりに……こんなことになるならもっと弾いてあげれば…」

律「いや別に弦切れただけだから」

34 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 02:19:25.71 ID:Chx5IQDO
梓「先輩弾き方が乱暴だから…」

唯「うっ…否定できない…でっでもでも昨日張り替えたばかりなんだよー」

律「ハズレだったんじゃねーの?弦か張ってくれた人が」

梓「張るのが下手な方もいますからね」

唯「あう~またお店行かなくちゃあ…」

梓「もう…しょうがないですね」

がさごそ

唯「あ!新しい弦!!」

梓「予備でいつも持ち歩いてるんです。使ってください」

唯「わーい!ありがとうあずにゃん!!」

梓「わかったんでくっつかないでください!」

35 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 02:24:39.65 ID:Chx5IQDO
律「よかったな唯!これで練習もできるな」

唯「うん!」

梓「さ、それじゃあ早く張ってください」

唯「……え?」

梓「だから、弦を張り替えてください」

唯「……あずにゃんやって」

梓「……」

律「梓、まあ…唯だからさ…」

梓「はい、わかってます」

唯「なんか二人が冷たい…」

梓「まあいいです!今に始まったことじゃないですし。それじゃあ私が張ってあげますから」

唯「ありがとうあずにゃん~!」

梓「だったからいちいち抱きつかないでください!」

36 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 02:29:07.86 ID:Chx5IQDO
梓「じゃあニッパー貸してください」

唯「…」ニコニコ

梓「なっなんですかその笑顔」

律「唯ー。にぱぁって笑っても全然面白くないギャグだぜー」

唯「うぐう…」

梓「わかりました。持ってないんですね」

唯「はい!ギー太しかありません!」

梓「はぁ…もういいです。自分の使いますから」

唯「あずにゃ

梓「抱きつかないでください」

唯「うぅ…まだ抱きついてないのに…」

37 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 02:40:37.21 ID:Chx5IQDO
梓「まったくもう…」

がさがさ

唯「?ねえねえあずにゃん、これなーに?」

梓「ペグを回すワインダーですけど?」

唯「ペグ?」

律「ギターの弦を止めてるこの部分のことだよ」

唯「そーなんだー」

梓「唯先輩はもう少しギターの仕組みを覚えた方がいいと思います」

唯「えー、弾ければいいよ~」

梓「じゃあわからないことがあったときどうするんですか?」

唯「あずにゃんに聞く!」

梓「……はあ…」

唯「うわ!あずにゃんにすっごいため息されたー!」

律「まあ梓、唯を頼むわ」

梓「いや、頼まれても……」

38 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2010/05/06(木) 02:48:28.39 ID:Chx5IQDO
ジャラーン

梓「出来ました。チューニングもついでにしておきました」

唯「わーあずにゃん早いね~!」

律「良い仕事してますね~」

梓「えへ…小さい頃から自分でやっていたので…」

唯「おお!りっちゃん!弦がピカピカだよ!」

律「だな!じゃあ早速弾いてみろよ!」

唯「うん!」

ぎっべろーん。。。

梓「……あれ?」

唯「……」

べんべんべろーん

唯「……あずにゃん」

梓「なっなんですか……?」

唯「弦が違って上手く弾けない……」

梓「……」

唯「えへ☆彡」

梓「もうしりません!」

唯「うわーん!あずにゃん見捨てないでおくれええ!おうぉぅ」

律「ダメだこりゃ」

終わり