※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



392 :けいおんジャー2 ◆GgMfsYWJs. :2009/06/09(火) 20:17:11.17 ID:NHtWMg1dO



高木「いよいよ春闘の季節ですね・・・・」

御手洗「ふむ・・・・」

高木「っで、いくら出してくれます?」

御手洗「フッ、、、それはアナタ達にですか?それともあなた個人にですか?」

高木「そんなこと、聞くまでもないでしょうにwww」

御手洗「フフフ・・・・」

高木「ハッハッハッ・・・・」

御手洗「ハハハ・・・・おぬしもワルよの~ww」

律「とぉッ!! けいおんジャー参上!!!」
393 :けいおんジャー2 ◆GgMfsYWJs. :2009/06/09(火) 20:18:32.21 ID:NHtWMg1dO

御手洗「な、何だね?! 君たち!?」

唯「軽音戦隊けいおんジャーだよ~!」

高木「けいおんジャー!! まさか・・・・ウワサには聞いていたが・・・・」

御手洗「えッ?! 何なんですか? けいおんジャーって・・・・?」

高木「悪意ある所に現れ、悪人達を懲らしめるという謎の秘密結社らしいです・・・・。○○議員の元にも現れたらしいですが、本当に実在していたとは・・・・」

唯「難しい事はよく分かんないけど、おじさん達、ワル~い話してたでしょ? 懲らしめないとね♪」

高木「こんな小娘たちに、何が出来るんだ?www」

御手洗「ん?!待てよ・・・・。君たちは、一体、どうやって、この部屋まで辿り着いたんだ・・・!!?」

高木「た・・・・確かに! やはり、けいおんジャー・・・・ただ者ではないな・・・・」
395 :けいおんジャー2 ◆GgMfsYWJs. :2009/06/09(火) 20:20:10.83 ID:NHtWMg1dO

紬「フフフ・・・・ここまで来た方法ですか? 私の顔をよくご覧ください。」

御手洗「なに?!その眉毛は・・・・!! なるほど、、、顔パスというわけか・・・・」

高木「だが・・・・大人の話し合いを邪魔してもらっては困るねぇ~」

御手洗「そうですね。消えてもらいましょう・・・・。」

梓「・・・・?! 銃!!!」

律「澪! ペンライトを私のデコに!!」

澪「了解!」

律「食らえ!!おでこフラッシュ!!」

御手洗「ぐうわぁぁぁああああ!!!眩しい!!!」

高木「目がぁ~~!! 目がぁ~~!!」

唯「このスキに、銃を奪ってきたであります。律ちゃん隊長!!」
396 :けいおんジャー2 ◆GgMfsYWJs. :2009/06/09(火) 20:22:50.37 ID:NHtWMg1dO

律「うむ。でかしたであるぞ、 唯隊員!! サングラス姿もよく似合ってるぞ!」

唯「えへへへ・・・・照れるなぁ♪」

澪「さぁ、お前ら!しっかり反省したか?」

御手洗「はい・・・・。」

高木「スイマセンデシタ・・・・。」

唯「じゃあ、明日までに、桜高の山中先生へ反省文を提出すること!」

梓「ちなみに、原稿用紙3枚以下は受け取りません。」

律「わかったら返事!!!」

御手洗・高木「ハイッ!」

こうして、日本の闇の部分にまで、けいおんジャーは鉄槌をくだし始めていた。