ウルトラマン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1966年(昭和41年)放送の特撮ヒーロー番組
ウルトラQに続くウルトラシリーズ第2作で、現在まで続くウルトラマンシリーズの元祖である。

あらすじ
科学特捜隊のハヤタ・シン隊員は、パトロール中に謎の赤い光との衝突によって命を落としてしまう。
しかし、その光の正体はM78星雲「光の国」からやってきた宇宙警備隊の隊員である光の巨人、ウルトラマンであった。

光太郎は本放送をリアルタイムで見ていたらしい。