東京裁判


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

極東国際軍事裁判(東京裁判)



第二次世界大戦後、連合国がA級戦犯と認定した日本の指導者を裁いた軍事法廷。
法的にも同義的にも多くの問題を含んでいた裁判であり、
現在ではこの裁判を全肯定している研究者はほぼいない。
しかし、光太郎は全肯定しているようである。
なお、いわゆる「従軍慰安婦」については、この法廷では一切議論されていない。