※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第128回


みなさん、どーも。
"密かにこのコーナーをライバル視してます、でも頑張って"、略して"勝手にデータ集"。
どっちもどっちだろ・・・という声はスルーしてさっそく行ってみましょう。

今回のテーマ

最強の守護神を探せ~セーブ成功率ランキング~


ゲームの最後を締めくくる抑えの切り札。
しかし守護神と言えど安定感抜群な選手から「I love 劇場~♪」な選手まで実にさまざまです。
そこで今回はそんな守護神たちのセーブ成功率を調べる事にしました。計算式はセーブ数÷試合数。
本来のセーブ成功率の算出方法はセーブ数÷(セーブ数+ブラウンセーブ数:セーブがつく機会に登板したにもかかわらずリードを守りきれなかった数)なのですが、鯖ペナではブラウンセーブを集計していないため計算できませんでした。無念。

名前 球団 セーブ数 セーブ成功率
清老頭 ロッテ 13 1.000
端麗 日本ハム 11 1.000
四方堂ナリカ 広島 8 1.000
阪神 14 .933
レイチェル 西武 13 .929
ジャーポJr 巨人 13 .929
セフィリア ソフトバンク 11 .917
アレック 横浜 9 .900
多部 オリックス 7 .875
菜鍵 中日 8 .800
守護神χ ヤクルト 7 .778
オーエン 楽天 12 .750

まずはトップの清老頭選手。
13試合に登板して救援失敗は0。セーブ数もリーグトップです。
これまでも中々の活躍を見せており、今後に期待できます。

そしてセーブ数最多は阪神の榊選手。
防御率1.06、奪三振数16の数字は圧巻。今期はまだ被打率が高めですが、大きな失点をしていないのが凄いところと言えるでしょう。

いかがでしたでしょうか?
意外とアレな成績の人もいましたが、それはそれで仕方ないんです。引きずらずに切り替えていきましょう。
それではまた次回、第129期初日終了後にお会いしましょう。

来場者数

  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -